VRのビジネス活用方法とは?店舗ビジネスをしている方がサイトにVRを組み込んだ方がいい理由

 

今回の記事では、今話題の「VR(仮想現実)の活用方法」について解説していきます。これからVRを使ったサービスはますます増えていくと予想されます。

 

今回の記事でVRを取り入れるメリットを理解した上で、効果的に事業に活かして頂きたいと思います。

 

VRに関してイメージが湧いていない方は、以前の記事で詳しく解説させて頂いたので、まずはそちらをご覧ください。

VRとは?バーチャルリアリティ(仮想現実)の何がすごいの?

2019年6月30日

 

スポンサードサーチ

VRの活用方法とは?

 

では、具体的にどのようにVRを活用していけばいいのか?活用方法について解説していきます。

 

1.店舗ビジネスで活用する

 

VRの強みと言えば、360度カメラで撮影できる点です。そのため、店舗ビジネスなどでは店内の様子を隅々まで撮影して、読者に内装や雰囲気を伝えることができます。

 

写真では伝えきれない内装や雰囲気を伝えられるのは、非常にメリットがあります。伝えられる情報量が多い方が、当然ですが有利ですから。

 

さらに、ただ店内の様子を撮影するだけではなく、季節に合わせたメニューを表示させたり、他のサイトに誘導することも可能です。活用次第では、様々な戦略に活かすことができます。

 

活用事例はこちらを参考にしてください。

容室・エステ「パルティール」ダメージヘアのお悩み解決サロン!『髪の病院』

 

 

2.不動産関係のビジネスでの活用

 

VRは不動産関係の事業をされている方は、積極的に導入されている印象があります。賃貸、分譲に関わらず、住む場所の環境は誰しも気になるところですよね。

 

部屋の様子を360度カメラで撮影して、VRで見れるようにしていると、部屋の様子もより具体的に知ることができます。見て頂くと分かりますが、写真で見るよりも圧倒的に分かりやすいです。

 

活用事例はこちらをご覧ください。

シティホーム二四軒ザ・レジデンス

 

 

3.臨場感を伝えることができる

 

近年、YouTubeでもVRという項目が出てきました。つまり、YouTubeでもVRの機能を使った動画を公開できるのです。

 

VRの動画をご視聴頂けるとイメージがつくと思いますが、非常に臨場感が高まります。情報発信する際は、今後より臨場感を高めた発信が求められると考えています。

 

今から、VRを活用していくことで、長期的にアドバンテージのある立場を確立できる可能性は大いにあると思います。

 

 

4.ショッピングカート機能

 

意外に思われるかもしれませんが、VRの技術は通販のショッピングカートを実装することもできます。ですから、自社商品をお持ちの方は、VRの映像を見て頂いた上で販売まで繋げることが可能なのです。

 

以下のサイトでは、VRにショッピングカートを実装しています。自社で作っているオーガニックの食品や調味料を販売しているわけですね。

Une cled’ Oz  ガパオライスと無添加ベーコン ウェニクレード オズ

 

サイトから手軽に商品を購入できるのは、これからの時代必須と言えます。ひと昔前と比べて、インターネットで商品を購入する抵抗感がなくなっています。

 

そのためインターネット上から商品が買えないと、その時点で一定数お客様を逃してしまう可能性が高くなるわけですね。

 

店舗系の事業でしたら、直接お店に足を運んでもらうことが大前提ですが、来店数や売上を伸ばすためにインターネットを最大限活用すべきなのです。

 

 

VRに興味がある方へ

 

もし今回の記事でVRに興味を持って頂けたなら、ぜひ一度ご相談ください。VRを活用した効果的なビジネス戦略をご提案させて頂きます。

お問い合わせフォーム

2017年8月22日

 

特にVRは店舗系の事業と相性がいいです。そして店舗系の事業であれば、VRなどの新しいテクノロジーを積極的に活用することで、大きなメリットを得ることができます。

 

私小川は、コピーライターとして10年近いキャリアがあるので、皆さまに合ったサイト構築を提案させて頂きます。その上でVRを実装できれば、相乗効果が生まれるはずです。

 

 

まとめ

 

今回はVRの具体的な活用方法について解説させて頂きました。VRは今後ますます発展していく技術だと思いますので、ぜひビジネスでも積極的に活用して頂きたいと考えています。

 

私も新しいテクノロジーを有効活用していけるように、日々研究していきます。

 

WEBコピーライター
小川 晃司