なぜ動画で情報発信をした方がいいのか?動画に取り組むべき3つの理由

 

今回の記事では「動画で情報発信をした方がいい理由」について解説していきます。YouTubeなどで動画配信をしていこうと考えていた方にとっては、参考になる情報になると思います。ぜひ、最後までご覧ください。

 

スポンサードサーチ

なぜ動画で情報発信をした方がいいのか?動画に取り組むべき3つの理由

 

私個人の見解では、動画で情報発信をした方がいい理由が大きく3つあると考えています。その3つについて順番に解説していきますね。

 

理由1:動画マーケットが拡大し続けている

まず1つ目は「動画のマーケットが拡大し続けている」という点です。

 

ビジネスは参入するタイミングが極めて重要です。時流に乗ったビジネスに取り組めば、小さな労力で大きな成果を出すことが可能になります。逆に時流に逆らうと、いくら頑張っても中々成果は出せません。

 

川の流れに乗って泳ぐのか。川の流れに逆らって泳ぐのか。どちらが大変なのかは、答えを聞くまでもないと思います。

 

大きな流れには乗る。そして流れが起こる初動を察知して、いち早く行動する。これらの能力がビジネスにおいて非常に重要なのです。

 

たまに「誰もやったことのないビジネスをやる」「自分で時流を作る」「世の中に変革をもたらす」と考えて事業をする方もいます。しかし、世の中に変革を与えるほどのイノベーションを起こすのは困難を極めます。

 

可能なのは、Appleの創業者スティーブ・ジョブズ氏などの天才経営者くらいでしょう。そして脚光を浴びている大経営者であっても、膨大な失敗を経験しています。天才が苦難を乗り越えた末に到達しているのが、イノベーションと言われるものなのです。

 

自ら時流を作るというのは、想像を絶するほどの茨の道であることを理解しなければいけません。

 

言葉は悪いですが、私を含めた大多数の凡人の場合は、天才が作ってくれた流れに乗った方が効率良く成果を出すことができます。コバンザメのようなイメージですね。

 

そして動画のマーケットは明確に流れが来ています。時流と言ってもいいでしょう。流れが来ているということは、流れに乗れれば成果を出しやすいということです。

 

このチャンスを逃すのは勿体ないと考えています。

 

理由2:伝えられる情報量が多い

理由の2つ目は「伝えられる情報量が多い」という点です。動画はテキスト情報に比べると、圧倒的に多くの情報を視聴者に届けることができます。

 

例を出すと、近年料理の作り方を解説する動画も増えてきましたよね。料理を作っている手元を上から撮影し、余分なところをカットして分かりやすく作り方を解説してくれます。

 

料理レシピを動画で教えてくれるアプリも人気がありますよね。このように情報量が多く、分かりやすく伝えられるのが動画の大きな強みです。

 

逆に、料理の作り方を文章のみで伝えようと思うと、イメージが湧きにくいですよね。

 

情報を伝える際には文章のみよりも音声。音声よりも動画の方が伝えられる情報が多いのです。文章のみで全てを分かりやすく伝えるのは、非常に難易度が高いことなのです。

 

ですから、情報発信の初心者ほど動画を活用して情報発信をした方が効率が良いとも言えます。

 

理由3:Youtubeのような動画配信のプラットフォームが整備されている

理由の3つ目は「動画配信のプラットフォームが整備されている」という点です。動画配信のプラットフォームは数多くありますが、その中でもYouTubeが最も大きなシェアを誇っています。

 

使い勝手やマーケット規模などを考慮しても、YouTubeはアツいです。自分で一からプラットフォームを作る必要もありませんし、他の人が用意してくれた流れに簡単に乗ることができます。

 

言葉を換えると、Youtubeのような力のあるプラットフォームがあるおかげで、ビジネスに繋がりやすくなっているということですね。

 

先程もお伝えしたように、マーケットがないところに参入するのは、フリーランスであれば自殺行為です。非常にリスクが高く、成果を出せる可能性が低いからです。

 

しかし、すでにインターネット上にYoutubeという動画配信のプラットフォームがあり、そのプラットフォームを全世界の人達が活用している状況なのです。つまりYoutubeが一つの巨大マーケットになっているということですね。

 

この状況を活用しないのは非常にもったいないです。せっかくGoogleが莫大な費用をかけて、インフラを整えてくれているわけですから。

 

小資本しか持っていないところがインフラを作ろうと思っても、ほぼ間違いなく失敗します。数ある競合を押しのけて、長期的に生き残るインフラを作るのは至難の業なのです。

 

我々小資本の事業家は、大手の流れに乗るコバンザメを意識して効率良く成果を出していきましょう。

 

Youtuberが今まで以上に影響力を持つ

近年、YouTuberの影響力は確実に高まっています。テレビや新聞に莫大な広告費を払っていた企業も、インフルエンサーやYouTuberに広告費を払うようになってきています。

 

なぜかというと、費用対効果が高いからです。インフルエンサーやYouTuberが商品を紹介すると、一般的な広告と比べても成約率が高い傾向にあります。

 

YouTubeのチャンネル登録者も「興味があるから」わざわざチャンネル登録をしているわけですよね。興味を持っている人が勧めているものは、見てくれる確率も高くなりますし、成約に至る可能性も高くなります。

 

そのことを企業側も理解し始めているので、広告費を投じる先が近年大きく変化してきています。

 

個人が企業からの依頼を受けて、莫大な広告費を受け取れる時代になったということです。もちろん、そこに至るのは簡単な道のりではありませんが、夢のある話だと思います。

 

動画をやらないのは機会損失

ここまでの説明で、動画に取り組むメリットはご理解頂けたと思います。ただ、1点注意点があります。それは参入するタイミングが遅くなればなるほど、優位性が薄れていくということです。

 

ビジネスは参入するタイミングが極めて重要です。タイミングが早過ぎてもマーケットがないので成果は出ませんし、遅すぎるとライバルが強くなりすぎていて成果を出しにくくなります。

 

ちょうどいいタイミングで参入することが極めて大切で、今後の展開を大きく左右すると言っても過言ではありません。そういった視点で考えると、動画のマーケットにはいち早く参入した方がいいと言えます。

 

後発組にはなりますが、今でしたらまだ参入する余地はあります。

 

別にYouTuberを目指す必要はありません。動画を本業のビジネスに活用していけばいいのです。「YouTubeで動画配信をする=YouTuber」という考えを持っている人は多いですが、違った方向性もあるということですね。

 

動画でも解説しています

※※※動画準備中※※※

 

まとめ

・フリーランスであれば動画に取り組んだ方がいい。

・動画に取り組むべき理由は3つ。「動画のマーケットが拡大していくから」「伝えられる情報量が多いから」「プラットフォームが整備されているから」。

・これからますます参入するライバルが増えるので、すぐにでも参入した方がいい。

 

急かすような記事を書いていますが、これから動画マーケットはしばらく伸び続けます。そしてマーケットが拡大していくと、ビジネスにも非常に有利に働きます。

 

動画での情報発信は、それほど難しいことでもありませんので、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事

動画で情報発信をする前に考えておくべきこと

2019年6月24日