成約までに立ちはだかる壁!3つのNOTを越えることがコピーライティングの役割

 

コピーライティングは基礎が本当に大切です。基礎を疎かにしてしまうと、どれだけテクニックを学んでも高い成約率が出ないからです。

 

ここで言うコピーライティングの基礎とは「考え方(マインド)」のことです。ただ多くの人が基礎よりもテクニックに走ってしまう傾向にあるので、十分注意が必要です。

 

今回お伝えするのは、コピーライティングにおいて重要な基礎「3つのNOT」について解説していきます。実は、見込み客が商品購入に至るまでに、販売者側が越えなければいけない壁が3つあるのです。

 

この「3つのNOT」を越えていくのがコピーライティングの役割と言ってもいいでしょう。ぜひ、今後のビジネス活動にお役立てください。

 

スポンサードサーチ

見込み客が潜在的に抱えている3つのNOTとは?

 

それでは、見込み客に商品を購入してもらう際に立ちはだかる「3つのNOT」とは一体なんなのでしょうか?

 

それは…

NOT READ(読まない)

NOT BELIEVE(信じない)

NOT ACT(行動しない)

 

この3つのNOTによって見込み客は商品を購入しません。どれか一つの壁でも残っていると、それが原因で成約に至らないのです。つまり、全ての壁を越えることが必要ということですね。

 

コピーライティングによって、この3つのNOTを越えていくことが求められます。では3つのNOTを順番に解説していきますね。

 

そもそも読まない!?興味を持たせてNOT READの壁を越える!

 

一つ目は「NOT READ」についてです。これが最初に立ちはだかる壁ですね。

 

これはマーケティングにおいて大前提になる考え方ですが、多くの人はあなたの存在を知らないし、ましてや商品やサービスについても全然理解していません。つまり存在を知られていない。興味すら持ってもらえていない状態ということです。

 

有名人だったり、ブランディングが確立されていて知名度のある方なら話は別ですが、これからビジネスを始める初心者であれば、知名度はゼロと言っていいでしょう。

 

そのような状況の人が発信する情報を、見込み客が興味を持ってじっくり見てくれると考えてはいけません。ですから、見込み客はこちらが発信する情報に興味を持っていないし、そもそも時間を使って読まないということです。

 

これが「NOT READ」の壁です。

 

しかし「NOT READ」の壁を越えないと、何も始まりません。「NOT READ」を越えなければ、こちらの情報に興味を持ってもらえないばかりか、そもそも存在に気づいてもらえないからです。それでは無いのと同じです。

 

「NOT READ」の壁を越えるために重要になってくるのが、メルマガであれば件名。ブログであればタイトル。ランディングページやセールスレターではヘッドライン(キャッチコピー)これらが「NOT READ」を越えるために重要なポイントになります。

 

「NOT READ」の壁をぶち破るために、興味を引く件名、タイトル、キャッチコピーを見込み客に見せていきましょう。多くの方が考えている以上に、件名、タイトル、キャッチコピーは重要ですから適当に決めてはいけません。

 

見込み客は信用していない!NOT BELIEVEの壁を越えるには?

 

最初の壁「NOT READ」を越えたとしても、次なる壁が待ち受けています。それが「NOT BELIEVE」の壁です。つまり「信じてもらえない」という壁ですね。

 

基本的に人は、信用しなければ商品を購入しないです。あたり前の話ですが。「興味はあるけど信用できない」という状態から脱却できなければ、成約率を上げることはできないのです。

 

ですから、興味づけに成功して「NOT READ」の壁を越えたら、次は「NOT BELIEVE」の壁を越える必要があります。

 

「NOT BELIEVE」の壁を越えるために使われるのは『実績』や『証拠』、『お客様の声』『権威者からの推薦の声』などです。

 

情報発信している相手がきちんと実績を出している人なのか?

そして、その情報によってどれだけの人が結果を出しているのか?

 

結局、見込み客が気にしているのは、このようなところなのです。なぜなら見込み客は「私にもできるの?」というのが一番の関心事だからです。

 

「NOT BELIEVE」の壁を越えるということは、「これなら私にもできそう」「信頼できる」と見込み客に思ってもらえるということですから、成約まで一気に近づくことになります。

 

人の本質は面倒くさがり!NOT ACTの壁を越えて行動してもらうために!

 

最後に待ち構えているのは「NOT ACT」という壁です。つまり「行動しない」という壁ですね。基本的に多くの人は「面倒くさがり」です。興味を持って信頼してくれても、すぐに行動してくれません。ほとんどの人がそうだと思った方がいいでしょう。

 

ですから「NOT ACT」の壁を越えるためには、工夫が必要です。よく用いられているのは『限定性』です。『期間限定』や『数量限定』などですね。

 

つまり今行動しないと、その商品は手に入らないという状況を生み出すことです。すると見込み客も「早くしなきゃ!」という心理状態になるので、行動する確率が飛躍的に高くなります。

 

逆にこの「NOT ACT」を越える意識がないと、最後のプッシュが甘くなってしまうので、行動しない見込み客が増えてしまいます。これはもったいない…

 

最後に見込み客に行動を促すのは、販売者側として必要なことです。「NOT ACT」の壁を越えるように意識して、成約まで結びつけてください。

 

まとめ

 

今回は成約に至るまでに越えなければいけない「3つのNOT」について解説していきました。

 

・NOT READ(読まない)

・NOT BELIEVE(信じない)

・NOT ACT(行動しない)

 

この3つを越える意識でコピーライティングをしていくと、成約率はどんどん向上していきます。非常に重要なポイントですから、ぜひ現場で活用して頂きたいと思います。

 

おすすめ記事

コピーライターが使う文章テクニック「具体性」について解説

2019年6月23日