今からYouTuberにはなるな!YouTuberは見えないところで激務をこなしている!甘く見ると爆死間違いなし!

 

今回の記事では「今からYouTuberを目指さない方がいい」というお話をしていきます。結論を言ってしまうと、それだけなのですが「なぜYouTuberを目指さない方がいいのか?」という点について、深掘りして解説していきます。

 

近年、YouTubeに取り組み始めている人が急速に増えています。ぜひ、今回の記事を参考にして頂きたいと思います。

 

今からYouTuberにはなるな!

 

先ほどもお伝えした通り、今からYouTuberを目指すのはおすすめしません。最大の理由として挙げられるのは「難易度が高いから」です。

 

9割以上の方が、チャンネル登録者を1000人も集められずに挫折していくと言われています。

 

ではなぜ、YouTuberとして稼ぐのは難易度が高いのか?その理由についても具体的に解説していきます。

 

難易度が高い理由:ライバルが多い

まず1つ目の理由は「ライバルが多い」という点です。近年、YouTubeに参入している人が増えています。

 

YouTubeが日本に来て間もない頃でしたら、ライバルも少ない状態ですし、先行者優位も得られたでしょう。しかし近年の状況を考えると、これからスタートする人達は後発組と言わざるを得ません。

 

ライバルが多いと視聴者も他の動画に流れてしまうため、視聴数を伸ばすのが難しくなります。

 

難易度が高い理由2:広告単価が低い

2つ目の理由は「広告単価が低い」という点です。単価が低いということは、集客数を増やさなければ稼げないということになります。

 

0.1~0.2円くらいだと言われています。広告単価は人によって相当幅があるようなので一概には言えませんが、大体の目安として0.1円くらいだと言われています。

 

仮に広告単価が0.1円だとしたら、10万回視聴されて1万円の報酬が受け取れるということです。

 

実際にやってみると分かりますが、10万回再生される動画を作るのは、簡単な話ではありません。影響力のある方や著名人であれば、視聴数を増やすことは難しくないかもしれませんが、ゼロからYouTubeをスタートした方にとっては、かなりのハードルだと思います。

 

先ほどお伝えした「ライバルが多い」という理由とも相まって、視聴数だけに依存した収益構造にしてしまうと、難易度が跳ね上がってしまうわけですね。

 

難易度が高い理由3:YouTubeの規約が厳しくなってきている

3つ目の理由は「YouTubeの規約が厳しくなってきている」という点です。ひと昔前に比べて、YouTubeの規約は確実に厳しくなっていますね。

 

著作権に関してもシビアになってきていますし、過激な動画に関しても厳しくなってきています。ひと昔前は、過激な動画を撮ってチャンネル登録者を増やすYouTuberも多かった印象ですが、今ではあまり見かけなくなりました。

 

過激な動画を公開していると、運営からアカウントを削除されてしまうことがあります。そうなると、せっかくチャンネル登録者を集めても水の泡です。一からチャンネル登録者を集めていかなければいけません。

 

アカウントが消されてしまうリスクがあるため、思い切った動画を撮りにくくなっています。そういった理由もあって、YouTube一本でビジネスモデルを作るのは、危険だと考えています。

 

YouTuberは夢のある仕事!?

現役のトップYouTuberを見ていると、実に楽しそうに動画で情報発信をしています。

 

トップYouTuberの「はじめしゃちょー」であれば、巨大なスライムを作ったり、メントスを体に巻き付けてコーラの風呂に飛び込んだり、面白い企画を次から次へと考えて動画にしています。

 

動画で見ている限りでは、YouTuberとして活躍している方達は本当に楽しそうですし、憧れの気持ちを持つのは理解できます。

 

実際、トップYouTuberの動画を見て「将来YouTuberになりたい」と考える子供も多いと聞きます。2017年の調査では「将来なりたい職業」の第3位にYouTuberが躍り出たことがあります。

 

2016年まではランクインすらしていなかったのですが、急速にYouTuberの知名度が上がり、子供に憧れを持たれる職業になったのです。これはYouTuberが社会に大きな影響を与えた証明だと思います。

 

しかし「今からトップYouTuberと同じように活躍できるか?」と問われると話は変わってきます。

 

今のトップYouTuberの方達が、完全なゼロの状態に戻り、今からYouTubeをスタートしたと仮定します。その場合も今と同じような成果を出すことができるか?

 

答えはNoだと思います。

 

もちろん、一般的な配信者と比べたら大きな成果を出すことはできると思います。しかし、今と同じ成果が出せるとは思えません。ライバルも増えていますし、YouTubeの規約も変わっているわけですから。

 

このように、参入タイミングというのはビジネスにおいて極めて重要です。YouTubeも例外ではありません。

 

ただ、このように書くと「今のトップYouTuberは運が良かっただけ」と誤解を受けそうなので、そうではないという理由も説明します。

 

今のトップYouTuberは、誰も注目していない時にYouTubeの可能性に気づき、諦めずに動画をあげ続けた人達です。

 

多くの人達が、

「そんなことやめた方がいいよ」

「そんな動画あげて意味あるの?」

「うまくいきっこないよ」

「失敗するに決まっている」

 

このように思っていたはずですし、実際に心無い批判を受けたこともあると思います。そんな中でも自分の考えを信じ、諦めずに取り組み続けたからこそ成功をつかみ取ることができたわけです。

 

先見性があり、企画力があり、行動力があり、継続力がある。そのような方達が今のトップYouTuberです。ですから、本当に凄いと思っています。

 

YouTuberは見えないところで激務をこなしている!甘く見ると爆死間違いなし!

しかし、何事にも当てはまりますが、表面上に見えていることだけが真実だと思ってはいけません。

 

YouTuberの動画を見ていると「楽しそう」と感じてしまいますが、裏では膨大な作業をこなしています。

 

・動画の企画を考える

・シナリオ・台本を作る

・(撮影の許可がいる場所であれば撮影許可を取る)

・動画を撮影する

・撮影した動画をパソコンに取り込む

・動画を編集する

・サムネイルを作る

・動画をYouTubeにアップロードする

・タイトルや概要欄、サムネイルを設定する

 

ザッと挙げただけでも、これだけの工程を毎日こなしているわけですね。彼らは決して、楽して稼いでいるわけではありません。

 

この辺りの理解せずに甘い考えで取り組んでしまうと、極めて高い確率で途中で挫折してしまうことになるでしょう。どんなビジネスにも当てはまりますが、楽して稼げるものなどないのです。

 

YouTubeには取り組んだ方がいい

私はYouTuberを目指すのはおすすめしていませんが、YouTubeは積極的に活用した方がいいと考えています。

 

YouTubeを活用した方がいい理由については、別の記事で解説していますので、そちらを参考にしてください。

YouTubeはもう遅い?動画発信の後発組が行うべき戦略とは?

2019年6月27日

 

YouTubeに取り組んだ方がいい理由をザッと挙げると、

YouTubeに取り組むべき理由

・動画のマーケットが拡大し続けていること

・伝えられる情報量が多いこと

・YouTubeが動画配信のプラットフォームとして優れていること

・親会社のGoogleが絶大な力を持っていること

・スキルアップに繋がること

・YouTuberで稼ぐのは難しくても、本業の集客に活かすことは可能であること

 

以上の理由から、YouTubeに積極的に取り組んだ方がいいと考えています。

 

YouTubeは、活用の仕方次第では大きなリターンが期待できます。YouTuberを目指すのはお勧めしませんが、YouTubeをビジネスに活用するのは大賛成です。

 

動画でも解説しています

YouTuberは見えないところで激務をこなしている!甘く見ると爆死間違いなし

 

まとめ

・今からYouTuberとして稼ぐのは難しい。非常に難易度が高い。

・YouTuberは陰で膨大な作業をこなしている。甘く見てはいけない。

・YouTuberになるのはお勧めしないが、YouTubeを本業の集客に活用するのは大賛成。積極的にYouTubeで情報発信した方がいい。

 

他の記事ではYouTubeの活用方法や動画編集方法なども解説していく予定ですので、楽しみにしていてください。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事