ブログ・Youtubeの毎日更新が続かない3つの原因

 

前回の記事に引き続き『継続』に関しての内容です。今回はより具体的に「継続できない原因」について解説していきます。

 

ブログ・Youtubeの毎日更新が続かない3つの原因

 

それではブログやYouTubeが続かない3つの原因について解説していきます。役立つ内容もあると思いますので、ぜひ参考にして頂きたいです。

 

原因1:優先順位が低い

 

まずブログやYouTubeの更新が続かない原因の1つ目は「優先順位が低いこと」です。ブログやYouTubeを更新する優先順位が低ければ、長期的に継続するのは困難だと思います。優先順位が低ければ、当然ですが更新が後回しになってしまいますから。

 

これは私小川の持論にはなってしまいますが、人生は優先順位で決まると思っています。大げさな表現ではなく、本気でそう思っています。

 

何に時間と労力を割くかで、人生は大きく変わっていきます。

 

例えばですが、生産性の低い飲み会に参加する。この選択に対して優先順位が高ければ、生産性の低い飲み会に時間と労力を投下し続けることになります。

 

逆に、ブログやYouTubeの更新の優先度が高ければ、生産性の低いことを後回しにすることができますよね。しかもブログやYouTubeはビジネスに繋がる生産性のある活動ですから、極めて重要だと言えます。

 

優先順位にとって時間と労力を割く度合いが変わる。時間と労力を割く場所によって結果が変わる。ゆえに人生が変わるというわけです。シンプルな理屈ですよね。しかし世の中は、意外とシンプルな法則によって成り立っていると思います。

 

フリーランス・個人事業主であれば情報発信の優先順位を低くしているのはナンセンスだと私小川は考えています。

 

理由はインターネットによる情報発信は「集客にレバレッジをかける行為」だからです。この『レバレッジ』という考え方は、フリーランスで活動する上で極めて重要です。

 

※レバレッジに関しては違う記事でも説明しています。

 

そして、ビジネス活動において最も重要なものは『集客』です

 

大前提の話として、ビジネスというのは「何かしらの価値を相手に提供し、その対価としてお金をもらう行為」ですよね。

 

つまりお金を受け取るということは、利益を出すためにしている行為だと言えます。そして、その利益を出すためには、ビジネスの公式を理解して取り組んでいく必要があります。

 

その公式とは、

売上 = 集客数 × 成約率 × 顧客単価

利益 = 売上 - 経費

です。これらを理解した上で取り組む必要があります。

 

会社を設立させたとしても、10年生き残る会社は約1割と言われています。つまり大部分の会社は、10年以内に姿を消すということです。

 

そして、企業が潰れる最大の要因になるのが『集客』です。集客ができずにビジネスが立ち行かなくなる会社は後を絶たないのです。

 

逆の視点で考えると、安定した集客さえあればビジネスを軌道に乗せることは難しくありません。いかに集客の母数を増やしていくかが、ビジネス活動において最も重要なポイントになるのです。

 

ここまでお話すると、ご理解頂けたのではないでしょうか?インターネットを活用した情報発信は、集客活動にレバレッジを効かせることができます。そのためビジネス活動の中でも「最重要タスク」と言っても決して大げさではないのです。

 

ぜひ、ブログやYouTubeでの情報発信の優先順位を上げて取り組んで頂きたいです。

 

原因2:やる気が出ない

 

2つ目の原因になるのが「やる気が出ない」という点です。ここに関しては私も偉そうなことは言えません。気分に左右されやすいタイプですし、やる気がない時は全然やろうとしません。

 

プライベートなことであれば、やる気がなくても大した問題にならないかもしれませんが、仕事がやる気に左右されていると大変なことになります。成果も上がりませんし、信用問題にも繋がっていきます。

 

ですから、

「いかにやる気の高い状態をキープできるか?」

もしくは

「やる気に左右されない状態を作り上げるか?」

このいずれかの対応が必要になります。

 

そこで、小川が実践しているやる気の出ない時の対処法をご紹介します。やる事は非常にシンプルで「小さなことから取り組む」です。

 

例えば「ブログを1記事書く」というタスクがあるとしたら、そのタスクをめちゃめちゃ小さなステップに分解してスタートするのです。

 

「パソコンの電源を入れる」

「その後ブログ記事を1文字書く」

という風にですね。

 

小さな行動に分解して、その小さな行動をしたらとりあえず休憩しても良いと自分にご褒美を与えるのです。

 

「そんなんで大丈夫なの?」と思われる方は、ぜひ試してみてください。実際に試してみると、1文字だけ打って終わるということはほとんどありません。

 

大体の場合は、1行、2行と書けてしまい、そこからどんどん調子が出てきます。結果、1記事書きあがることが多いのです。もちろん、1記事まで書けないこともありますけど、その時は休憩してから再度挑めばいいのです。

 

何事にも当てはまりますが、何かに取り組む時は最初の一歩が一番力を必要とします。物理学でも止まっている物体を動かす時が、最も力を必要としますよね。それと同じようなイメージです。

 

しかし、一度動き出した物体を動かし続けるのは、さほど労力を必要としません。ですから、一度書き始めてしまうと、意外とすんなり筆が進むというのはよくある話なのです。

 

やる気がない時でも、まずは小さな行動を起こす。ここを意識して日々の仕事に取り組んで頂きたいと思います。

 

原因3:すぐに成果が出ない

 

そして3つ目の原因。おそらくこれが最も挫折の原因になっているのではないかと思います。それは「すぐに成果が出ない」という点です。

 

残念ながら、情報発信というのはすぐには結果は出ません。仮に毎日更新を続けたとしても、おそらく最低でも3ヶ月程度は必要になると思います。場合によっては、半年~1年は目に見える成果が出ないこともあります。

 

成果が出ていないことを続けるのは想像以上に難しいです。メンタル的にも非常にシンドイ作業ですから。成果が出ていないと、頭の中に色々な言い訳が浮かんできます。

 

「こんなに頑張っているのに成果が出ない」

「このままやってて本当に成果が出るのか?」

「私には無理なんじゃないか?」

「一体何のためにやっているんだろう」

という風に、やめる言い訳が次から次へと浮かんでくるわけです。

 

これは情報発信で挫折を経験したことのある方でしたら、ご理解頂けると思います。多くの方が、この心の声に屈してしまい、更新を諦めていきます。これは本当にもったいないです。

 

そもそも大前提として、情報発信で成果が出てくるのには、ある程度の期間が必要になります。中には短期間で成果を出す人もいますが、多くの場合は長い年月をかけて積み重ねを行った結果として、大きな成果に繋がっているのです。

 

ですから、情報発信をやると決めたなら「まずは最低3ヶ月はやり切る」と決めた方がいいです。3ヶ月毎日更新をして試行錯誤を繰り返せば、何かしらの成果が出る可能性が高いです。

 

「お問い合わせがきた」「成約に繋がった」「アクセスが急激に増えてきた」という具合にですね。3ヶ月で大きな成果が出るとは言えませんが、何かしらの小さな成果に繋がることはあると思います。

 

兎にも角にも、継続しないことには成果をつかみ取れません。ぜひ、毎日コツコツと情報発信を行って頂きたいです。続けた先にしか大きな成果をつかみ取るチャンスはありません。それを忘れてはいけないのです。

 

動画でも解説しています

ブログ・Youtubeの毎日更新が続かない原因を小川なりに真剣に考えてみた

 

まとめ

・ブログやYouTubeが継続できない原因は3つある。

 

・1つ目の原因は、優先順位が低いこと。

 

・2つ目の原因は、やる気が出ないこと。

 

・3つ目の原因は、すぐには成果が出ないこと。

 

・それぞれの原因を潰して、情報発信に取り組むことが継続の秘訣。

 

継続しなければ、情報発信に限らず何事でも成果は出せません。「継続は力なり」と言われているように、継続は大きな力になります。そして続けた先にしか、大きなチャンスは待っていません。ぜひ、日々の小さなことを積み重ねて頂きたいと思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事

集中力のない方へ!集中力が持続する3つの施策

2019年6月24日