アンチ対策!理由や根拠を示さないアンチは構うだけ時間の無駄なのでスルーすべき

 

今回の記事では「アンチに絡まれた時の心構え」について解説していきます。

 

これから情報発信をしていく方の中にも「批判されたらどうしよう」「アンチが出てきたらどうしよう」考える方もいると思います。

 

そのような方向けに記事をまとめましたので、参考にして頂きたいです。

 

スポンサードサーチ

理由や根拠を述べないアンチに関わるのは時間の無駄

まず結論からお伝えすると、理由や根拠を言わないアンチと関わるのは時間の無駄なのでスルーした方がいいです。

 

私もYouTubeやTwitterにアンチコメントを頂くことがありますので、アンチに絡まれた時の気持ちは理解しています。決して気分の良いものではないですよね。

 

「傷つく」

「やる気が下がる」

「自信を失う」

「パニックになる」

「恐怖を感じる」

 

アンチ側からすると何気ない一言でも、言われた側は意外と傷ついている場合もあります。

 

ですから、長期的に情報発信をしていこうと考えたら、アンチとどのように付き合っていくかも決めておかないと、メンタル的に消耗してしまうわけですね。

 

感情的なアンチは論理的な意見が通用しない

非常に厄介なのは、アンチの大部分は理屈や根拠を語っても話が通じにくいです。

 

「私の意見は●●です。なぜなら…」という風に話をしても「あなたは間違っています。私が間違っていると思うからです」みたいな返答がきます。

 

他にも「バカだな」「気持ち悪い」「声がムカつく」「顔がムカつく」「話し方がヘタ」など、話の内容と全然関係ないところで批判してきたりします。

 

えっ!?何その理由…

全然話が通じないんだけど…

 

このように感じる場面が非常に多いです。特に私の場合、スキメシTVというYouTubeチャンネルで「仮想通貨マルチ」や「HYIP」などについて取り上げる機会も多いので、信者の方から攻撃を受けることが結構あります。

 

しかし、そういう方は自分の信じているものにケチを付けられていることに怒りを覚えています。ですから、こちらの理屈や根拠はどうだっていいのです。なぜなら、ケチを付けられていることに怒っているわけですから。

 

そういう方を見ていると、とても感情的になりやすいのだと感じますね。

 

時間と労力だけ取られて何も生産されない

結局、感情的になっているアンチに関わっても、何も生産されないので、時間と労力の無駄になることが多いです。

 

アンチとのやり取りに時間を費やしていると「自分は何でこんなやり取りに時間を使っているんだろう」「すごく不毛な気がしてきた」と感じてきます。

 

学びや気づきになる部分もなくはないですが、リターンの大きい行動とは決して言えないですね。費用対効果が悪過ぎます。

 

アンチとのやり取りをしている時は、基本的に何も生産しないわけです。この時間は非常に勿体ないですね。ですから、感情的になっているアンチには、極力時間を割かないのが賢明な判断だと思います。

 

感情的なアンチは構うと増長する

さらに厄介なのは、感情的になっているアンチに構うと余計に増長してしまうことです。言葉は悪いですが、構うと相手は調子に乗ります。「構ってもらえた」と思って、どんどん絡んでくるようになるわけですね。

 

つまりアンチを構うという行為は、こちらからアンチに対して「養分」を与えているようなものなのです。ですから、アンチもすくすく育つわけですね。

 

増長されると面倒ですから、最初からスルーした方が賢明です。そのため私はアンチには構わないですし、基本的にはスルーします。

 

有り難いことに、YouTubeやTwitterにはコメントを非表示にする機能があります。

 

YouTubeであれば対象の「ユーザーをチャンネルに表示しない」という項目があります。Twitterであれば「ブロック」ですね。

 

これらの機能を使えば、相手を無視するのは比較的簡単です。

 

アンチも嫌いなら見なければいいだけ

そもそもアンチ側の目線に立って考えたとしても、こちらが気に入らないのであれば見なければいいだけの話です。嫌いなものに無理して付き合う必要はないですよね。

 

以前、ある漫画家さんがおっしゃっていた言葉が、まさにその通りだなと思いました。

 

時々勘違いしている子がいるから言っとこうかな。

読者にあるのは作品の話を変える権利じゃない。その作品を読むか読まないか選択する権利だ。気に食わなければ読むのをやめたらいい。

 

この言葉は、少年ジャンプに連載されていた「ブリーチ」という漫画を描いていた久保帯人さんがTwitterで発信していた言葉です。本当にその通りだと思います。

 

しかし、多くの方が気に入らないことがあると「自分の思い通りにしよう」と思ってしまうのですね。そのため、何の権利もないのに「こうしろ!」と言ってきます。その考え自体がズレていることにも、アンチは気づいていないわけです。

 

私も人間ですし、気に入らないと感じる発信者はいます。ですから、アンチ側の気持ちも分からなくはないです。

 

しかし、そういう方達に「お前は気に入らない!俺の望むように発信しろ!」と言っても、当然ですが聞き入れてもらえるはずありません。相手も法律に抵触しない範囲で、好きに表現する自由があるわけですから。

 

ですから、わざわざお互いにとって不毛なことをするよりも、気に入らなければ見なければいいのです。それがお互いにとって良いことだと思います。

 

アンチに時間を使うくらいならファンのために使うべき

発信する側も、アンチに時間と労力を割くくらいでしたら、ファンのためにより良いコンテンツ作りに励むべきです。その方が圧倒的に生産的ですし、未来に繋がる行動だと思います。

 

アンチが気になるのは分かります。しかし我々のような情報発信者は、アンチに構っていられるほど暇ではありません。なぜなら、ファンが抱えている悩みや問題を解決してあげなければいけないわけですから。

 

アンチに構う時間をファンに費やし、一人でも多くのファンの問題を解決してあげましょう。

 

建設的な意見であれば受け入れる

アンチコメントの中には、たまに建設的な意見を述べてくれているものもあります。そういった意見でしたら、多少ネガティブでも受け入れて、次の発信に活かすのは手だと思います。

 

「このような考えがあるのか」「この部分は間違っていたかもしれないから修正しよう」という風に、視野を広げたり情報発信の改善に繋がりますので。

 

ネガティブなコメントだからと言って、何でもかんでもスルーするのは勿体ないと思います。

 

それにファンの方が「このようにしてほしい」という思いを込めてコメントしている場合もあるので、その辺りの見極めは重要だと考えています。

 

ファンの方がこちらを思ってネガティブなコメントをしてくれる場合は、ちゃんと理由もありますし、丁寧にコメントしてくださることが多いです。

 

ぜひ、ファンの声に耳を傾けて次に活かして頂きたいですね。

 

動画でも解説しています

※※※動画準備中※※※

 

まとめ

・感情的になっているアンチと関わっても、時間と労力の無駄。基本的にスルーした方がいい。

 

・YouTubeであれば、対象のユーザーを非表示にして、Twitterであればブロックする。それだけで視界に入らないので、簡単にスルーすることができる。

 

・ネガティブな意見であっても、理屈が通っている建設な意見であれば一旦受け入れるのはあり。自身の気づきにも繋がる。

 

人によっては、アンチを無視することは「負けたように感じる」と思う方がいるかもしれません。負けず嫌いな方は、ついアンチと戦ってしまう傾向があるのかなと感じます。

 

しかし、仮にアンチを撃退したところで、得られるものは「自己満足」だけです。たかが知れていますよね。

 

負けず嫌いな方もグッと堪えて、その怒りを違うコンテンツ作りに向けて頂きたいです。より良いコンテンツを作り、あなたが活躍していけば、それはアンチに対して最も効果的な反撃になるのですから。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事

フリーランスの成功と失敗を分けるポイントは〇〇作り

2019年7月11日