エックスサーバーのWordPress 自動インストール機能を丁寧に解説

 

今回の記事では、XSERVER(エックスサーバー)を使ったWordPressの設置方法について解説していきます。これまでの記事でWordPressの関係の記事をいくつか書かせて頂きました。

無料ブログNG!?ブログ運営でWordPress(ワードプレス)を使うべき9つの理由

2017年5月30日

WordPressでブログ運営をするために必要なサーバーとドメインについて丁寧に解説します!

2017年5月31日

WordPressをやるならXSERVER(エックスサーバー)がイチオシな9つの理由

2017年6月1日

 

ブログを書くのであれば、WordPressがおすすめです。というより、費用をかけてブログを作るならWordPress一択だと思います。そのWordPressを運営する際に、イチオシのレンタルサーバーが「エックスサーバー」です。

 

エックスサーバーにはWordPressの自動インストール機能があるので、誰でも簡単にWordPressを設置できます。それでは、エックスサーバーでのWordPress自動インストールの手順を詳しく解説していきますね。

 

スポンサードサーチ

エックスサーバーでWordPressを自動インストールする方法

 

エックスサーバーの契約が済んでいない方は、公式ページから契約を済ませてください。

 

※トップページの赤枠のリンクから手続きを進めることができます。

 

契約が済んだら、会員ページにログインできるようになります。すべてはそこからですね。それでは具体的な流れを説明しますね。

 

SETP1:サーバーパネルを開き「自動インストール」を選択する

 

はじめにログインして「サーバーパネル」を開いてください。

 

サーバーパネルの中に「自動インストール」という項目がありますので、クリックしましょう。

 

SETP2:ドメインを選択する

 

次の画面では、ドメインを選択する画面が出てきます。

 

WordPressをインストールしたいドメインの「選択する」をクリックしましょう。

 

補足

ドメインの取得が済んでいなかったり、エックスサーバーにドメイン設定していない場合は、ドメインが出てきません。ドメインの取得とドメイン設定を行ってください。

 

SETP3:プログラムのインストールを選択

 

次の画面では「プログラムのインストール」を選択します。

 

すると「WordPress 日本語版」の「インストール設定」をクリックしてください。

 

SETP4:必要項目を入力

 

次の画面では、設定のために必要な情報を入力していきます。

 

① [http://ドメイン名]にて、WordPressにアクセスを希望する場合は空欄としてください。

② ブログのタイトルを入力してください。

③ WordPress管理画面へのログインユーザ名を入力してください。

 

 

④ WordPress管理画面へのログインパスワードを入力してください。

⑤ メールアドレスを入力してください。

⑥ 「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

⑦ 確認して間違いがなければ「インストール(確認)」をクリックしてください。

 

補足

すでに作成済みのデータベースを利用する場合は「作成済みのデータベースを利用する」を選択してください。

 

 

① データベース名:利用するデータベースを指定してください。

② データベースユーザ名:データベースユーザを指定してください。

③ データベース用パスワード:上記で指定したデータベースユーザ名のパスワードを入力してください。

 

SETP5:完了画面が表示されればインストール完了

 

完了画面が表示されたら、インストール完了です。WordPressの管理画面にアクセスして、ログインすればWordPressの記事を書いたり、カスタマイズしたりすることも可能です。

 

以上がエックスサーバーでWordPressを自動インストールする流れです。どうです?簡単ですよね。

 

まとめ

 

今回の記事で、エックスサーバーにWordPressを設置する簡単さをご理解頂けたと思います。自動インストール機能があると、WordPressの設置で悩むことはほとんどありません。

 

これからWordPressでブログ運営を考えている方は、ぜひチャレンジしてみてください。