VRとは?バーチャルリアリティ(仮想現実)の何がすごいの?

 

今回の記事では「VR」について解説していきます。今さら「VRってなに?」と聞けない方も多いと思います。

 

今回はVRについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサードサーチ

VR(バーチャルリアリティ)とは?

VRとは英語表記で「virtual reality(バーチャルリアリティ)」と書きます。

 

virtualは日本語で「仮想」、realityは日本語で「現実」となります。なので日本語に訳すと「仮想現実」という意味になります。

 

つまりVRとは「現実ではない仮想の現実」ということですね。

 

VRをもう少し詳しく解説すると

 

VRを「仮想現実」と言われても、いまいちピンとこないと思いますので、詳しく解説していきます。

 

VRでは体験者の体に特定の機器を装着させることで、コンピュータによって作られた三次元空間が体験できます。コンピュータが映像や音響の効果により仮想現実の世界が作り出され、非常に臨場感のある世界を体験することができます。

 

装着している機器の性能が高ければ高いほど、強い臨場感を得ることができます。

 

VRは3D映画をイメージして頂けると分かりやすいと思います。3D映画は、立体的な映像を見せることで、より臨場感を高めています。

 

ただ3D映画の場合は、スクリーンを見ている時は立体的な映像を見ることができますが、スクリーン以外を見ると立体的な映像ではなくなってしまいます。

 

しかしVRの場合は360度、どの角度を見ても臨場感のある立体的な映像が体験できます。VRは3D映画をより進化させたものと考えても良いかもしれませんね。

 

バーチャルリアリティ(仮想現実)のここがすごい!

 

VRのここが凄い1:臨場感

 

まずVRの凄いところは「臨場感」です。通常のゲームや映画と比べても、体感できる臨場感が桁外れです。

 

なぜ臨場感が高まるかというと、受け取れる情報量が多いことが関係しています。人は、情報量が多い方が影響を受けやすくなります。情報量が多いことで臨場感が生まれ、その世界に没入しやすくなっていくわけですね。

 

分かりやすく言うと、家の画面で見る映画よりも、映画館の大スクリーンで見た方が臨場感が高まりますよね。映画館は映画以外の情報が遮断され、家よりも圧倒的に大きな巨大スクリーンで視聴することになります。

 

その環境によって受け取れる情報量が跳ね上がりますから、家で視聴するよりも映画館の方が臨場感が高まるわけですね。臨場感が高まると、与えられる影響力も強くなります。

 

VRのここが凄い2:世界を変える可能性

 

他にVRの凄いところを挙げるとしたら「世界を変える可能性がある」という点です。

 

VRの技術は様々な分野で活用できるものです。今はまだ普及している状態ではないですが、近い将来VRの技術は急速に世の中に広まっていくと考えられます。

 

このようにお伝えすると「私には関係ない」とおっしゃる方もいるかもしれませんね。しかし、そうとは限りません。様々な分野で活用される可能性があるということは、この記事を見てくださっているあなたが関わっている分野にも、大きな影響を与える可能性はあるわけです。

 

そして、フリーランス・個人事業主の型でもVRを活用していける場面は出てくると考えられます。テクノロジー系の話は「難しそう」と嫌煙されがちですが、可能性が高い技術なのであれば、今から活用していく準備をした方が建設的な判断だと言えます。

 

これからVR市場がアツイ

 

では、具体的にVRはどのような分野で使われていくと考えられるか?未来を正確に予想することはできませんが、現状高確率で影響を与えていくと思われる分野についてまとめました。

 

活用できるポイントが見つかると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

イノベーションが期待できる分野1:ゲーム業界

VRと聞いて真っ先にイメージされるのは「ゲーム」ではないでしょうか?アニメや映画などでも、仮想現実を舞台にしたものが出てきていますよね。

 

実際にVRを使ったゲームなども出てきています。まだ普及しているとは言えませんが、時間の問題だと思います。

 

VRのゲームでは、サバイバルゲームやアクションゲームなど、実際にその世界に入り込んだかのような臨場感でゲームを楽しむことができます。ゲーム好きにはたまらないですよね。私もVRのゲームは、ぜひ体験してみたいです。

 

イノベーションが期待できる分野2:映画業界

 

2つ目は「映画業界」です。映画などの映像関係もイメージがつきやすいと思いますが、今後映画もVRの技術が導入されていくことが考えられます。

 

そうなると、より迫力のある映像を楽しめるようになるでしょうね。実際に映画の中にいるような臨場感を楽しむことができるはずです。

 

イノベーションが期待できる分野3:動画での情報発信

 

最近YouTubeでも「VR」という項目が追加されていますよね。これから動画での情報発信でもVRを活用する方が増えてくると予想されます。

 

すでに取り組んでいる人もいて、かなりの視聴者数を集めています。ジェットコースターなどを360度カメラで撮影したり、アニメーションをVRで作ったり。先進的な配信者が出てきています。

 

今後、VR動画はもっと伸びていくことが予想されるので、動画を活用している方は今から研究していくと良いかもしれませんね。

 

イノベーションが期待できる分野4:オンライン通信

 

オンライン通信でもVRは活用していけると予想されます。例えば、遠方にいる家族と話をする時も、より臨場感のある映像でコミュニケーションができると考えられます。

 

テクノロジーの進化によって、世界中どこにいてもよりコミュニケーションが取りやすくなっていくのでしょうね。

 

イノベーションが期待できる分野5:医療

 

医療の分野でもVRは普及していくでしょう。患者さんに病状の説明をする際に、VRの映像を使うことも考えられます。

 

手術の練習をする際もVRの技術を活用して行う可能性もあります。より臨場感のある世界であれば、外科の手術でさえ練習が可能になりますから。

 

医療の分野でもVRの技術が活用される可能性は大きいと言えるでしょうね。

 

イノベーションが期待できる分野6:ショッピング

 

VRでショッピングを楽しむということも、近い将来可能になるかもしれません。仮想現実の世界で、商品を購入する。仮想現実でも購入できる商品は実際に手元に届く。

 

このような状況も考えられるわけですね。そうなると世界が広がりますね。仮想現実とリアルが融合していく世界になっていくのでしょうね。

 

イノベーションが期待できる分野7:教育

 

私が最も期待しているのは教育分野でのVRの活用です。例えば、教室の中にいるだけでは体験できないことをVRで体験させる。これは非常に効果的だと思っています。

 

通常では行けない世界を体験させる。

お客様対応などの研修をVRを使ってさせる。

VRを使って授業する。

 

このように様々な分野の教育に活用できますよね。VRが教育分野に広がっていくと、VRの映像を見せながら授業をするということも考えられます。教師が教壇に立たなくなる時代が、すぐそこまで来ているかもしれませんね。

 

専用の機器が必要

VRを体験するためには、専用の機器が必要になります。一般的には「VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)」と呼ばれるゴーグルの形をした機器や、場合によっては特定のVRグローブなども必要になります。

 

そしてVRの映像を撮るためには360度カメラが必要になります。カメラの価格はピンキリで、数万円~数十万円とかなり幅があります。

 

高性能なカメラは高いということなのでしょうが、一般的なカメラと比べてまだまだ価格は高い印象です。しかし、徐々に価格も下がってくると思われます。

 

価格が高くて手が出せないというレベルではなくなっていくと思いますので、今からVR用のカメラをリサーチしていくのも良いかもしれませんね。

 

フリーランスもVRを活用していける

VRの話を聞いて「私には関係ない」とおっしゃる方もいるかもしれません。しかし、フリーランスでもVRを活かしていくことはできると考えています。

 

例えば情報発信であれば、360度カメラなども広まってきています。360度カメラで撮影すれば、一方の映像ではなく、文字通り360度撮影することができます。視聴する方もより映像を楽しむことができます。

 

不動産の物件案内のサイトなどで、実際に使われ始めています。

 

今後は、今ではYouTubeでもVRという項目が出てきているので、VRで情報発信をしていく人が増えてくると予想されます。

 

分野によっては、VRでコンテンツを作ることで新たな道が切り拓かれる可能性は十分にあります。私もいくつかアイディアがありますので、それらを試していこうと考えています。

 

動画でも解説しています

※※※動画は準備中です※※※

 

まとめ

・VRとは仮想現実のこと。専用の機器をつけて、コンピュータが作り出した臨場感あふれる世界を体験できる。

・VRは今後様々な分野で活用されていくと考えられる。

・フリーランスもVRを活かした事業展開ができる可能性は十分にある。

 

新しいテクノロジーは難しく感じてしまうかもしれません。しかし、それは他の方も同じように感じています。そのため、先に始めていると先行者利益を取りやすくなるわけですね。

 

情報をいち早くキャッチして試すクセを付けていると、大多数から抜きん出れる可能性が高くなります。ぜひ日々のアンテナを高くして、情報収集し、新しい技術は積極的に取り入れて頂きたいと思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事