フリーランス・個人事業主とは?

 

こちらの記事では、ビジネス初心者向けに「フリーランス・個人事業主」について解説していきますね。

 

まず一般的な概念から解説します。

 

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。日本では『自由業』『自由職業』『フリーランス』と呼ばれる。

※Wikipediaより抜粋

 

ウィキペディアにもあるように、特定の企業や団体、組織に専従せず個人で稼いでいる人達のことをフリーランスと呼びます。

 

日本語では個人事業主が馴染の深い言葉でしょう。

 

スポンサードサーチ

フリーランスで生きていくためには?

 

フリーランス・個人事業主として生きていくためには、あたり前ですが「自ら稼ぐこと」が求められます。そうしなければ、生活することができないからです。

 

毎月決まった日に給料が口座に振り込まれる会社員・公務員よりも、そういった面はシビアだと言えるでしょう。

 

フリーランス・個人事業主のメリット

 

フリーランスのメリットと言えば…

・稼いだら稼いだ分収入に反映される

・自分の好きな事業に参入できる

・自分の好きな時間に仕事ができる

・自分の好きな場所で仕事ができる

仕事する相手を選べる

 

これらがメリットだと考えています。

 

フリーランスの・個人事業主のデメリット

 

しかし、当然メリットだけではなく、デメリットがあることも忘れてはいけません。

 

・福利厚生や保障がない

・収入が不安定になりがち

・稼げば稼ぐほど忙しくなりがち

・自分が働けなくなった時点で収入が途絶える

 

これらのデメリット面があります。ただ、収入の波は正しいやり方でビジネスをしていくことで、ある程度抑えていくことができるようになります。

 

これはフリーランスだけではなく、会社員にも当てはまることではありますが、フリーランスは「自分が働けなくなったら収入が途絶える」という場合がほとんどです。

 

保障もなく、自分が全ての責任を負うという点において、どこかの組織に属して働くよりもシビアかもしれませんね。

 

稼ぐためには売る側に回ること

 

フリーランスで稼ぐ方法は、実は非常にシンプルです。それは「売る側に回る」ということ。

 

あたり前過ぎて「なんだよ、それ」と思われそうですが、ビジネスの本質は「安く仕入れて高く売る」です。何かしらの商品サービスを売るからこそ、お金という対価を受け取れるわけですね。

 

多くの方がフリーランス・個人事業主を難しく考えていますが、実はやることはシンプルなのです。この点については動画でも解説していますが、あまり難しく考え過ぎないようにしてくださいね。

 

こちらの動画も参考にしてください

これから起業を考えている方へ!独立する前に絶対に知っておくべきポイントとは

※途中小川の編集ミスにより、余計な吹き出しのセリフが入っております。大変失礼致しました。混乱をさせてしまうような表現になってしまい、お詫び申し上げます。

・・・・・・・・・

 

今回の記事と動画が参考になれば、大変うれしく思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事

サラリーマン意識で独立するのは死亡フラグ!個人事業主は甘くないし黙っててもお客様は来ないぞ!

2019年6月24日