【10月11日】バイナリーオプションの裁量トレードの成績

 

小川です。

 

10月11日のトレード成績を公開します。今回は中々悔しい成績となりました。「6ポジ3勝3敗」です。勝率50%なので手数料分の負けですね。

 

【1戦目】通貨ペア:EUR/JPY(2BET)

キレイに勝てていますね。中々良いところで入れました。

 

【エントリー根拠】

・インジの水準に達していた。

・波形がキレイ。直近の反発も見受けられた。ラインに到達するまでに、2回良い感じの反発があり、有効なラインでちゃんと反発してくれると思えた。

・ラインもレジサポ転換のところで意識されているだろうと予想できた。

 

【懸念点】

・時折円売りが強くなり、JPY絡みの通貨ペアは上昇圧力が強くなっていた。突発的に強くなるので、そこは懸念としてあった。

 

今回のエントリーは10点満点中8点といったところ。中々良かったです。

 

【2戦目】通貨ペア:USD/CAD(1BET)

こちらもキレイに勝てましたね。底でエントリー出来ています。うーむ、美しい。

 

【エントリー根拠】

・インジの水準に達していた。

・長期足は上目線。ラインは押し目になりそうなところで引けた。

・レンジ内の動きで大き目の陰線で下落してくれた。

 

【懸念点】

・自分が引いたラインの手前で下げ止まり感が出た。ライン手前だったので1BETで様子見をした。買いの抵抗が弱ければ、もう一段下げると考えた。

 

今回のエントリーは10点満点中9点ですかね。円やドルで強い動きもなかったですし、ライン手前のエントリー以外はほぼ完ぺきだったかなと思いました。

 

【3戦目】通貨ペア:GOLD(1BET)

負けたー!悔しい!

 

【エントリー根拠】

・インジの水準はOK。

 

【懸念点】

・波形は途中まで良い感じだったのだが、直近のラインで波形が崩れている。

・途中からGOLD単体で上昇圧力が強くなっていたこと。これはエントリーするまで気づかなかった。

・ストキャスティクスの波形が上に張り付いていたこと。上昇圧力が想定よりも高かったのだろう。

 

今回のエントリーは、10点中6点。ギリギリ合格点だったのでエントリーしたが、もっと波形とストキャスティクスに注視すべきだったな。ルックすべきであった。

 

【4戦目】通貨ペア:GOLD(2BET)

3戦目に引き続きGOLDにエントリー。3戦目は1BETだったが、今回は2BETでエントリー。

 

自分なりには良いポイントでエントリーしたつもりだが、また途中でGOLDの上昇圧力が増してしまった。結果、想定しているラインよりも上昇してしまい、キレイに刈られてしまった。悔しい…

 

負けを回避できていれば、きちんと利益が残ったのに。トレードで負けを削ることの大切さを痛感しています。特にバイナリーは勝率が極めて重要なトレード手法なので。

 

負けエントリーを公開するのは嫌ですが、隠さずに晒していきます。そうすることで自分にプレッシャーがかかるので、変なエントリーを削っていけるはずだと考えています。

 

しかしまだ変なエントリーが多い。見落としているところが多い。ここからさらに分析力を高めて勝率を上げていきます。勝率を高く維持できていた月もあるわけだから、必ずできるようになるはず。

 

目先の勝ち負けに一喜一憂せずに、分析力を高め、期待値を高めて取引に臨んでいきます。

 

小川より


好きなことでメシを食う(スキメシ)!

好きなことで生きていくためには、9割以上が挫折する『3つの壁』を乗り越える必要があります。

3つの壁とは一体何なのか?そしてその3つの壁を乗り越える方法とは?