結局、小川が強く伝えたいこと

 

東京出張?も
はや三日目です。

 

初日、二日目はセミナー。

 

 

そして本日は予定が
空いたので、東京の友人と
久しぶりに会ってきます。

 

大学を卒業してから
会っていないので、
会うのはおそらく8~9年ぶり。

 

もの凄い久しぶりです。

 

 

Facebookで活躍は
知っているので

会うのが今からとても
楽しみにしています。

 

 

人生の時間とは短いものです。

 

つい最近の出来事のように
感じることでも、
意外と時間が経っていて

「そんなに前のことだっけ?」

と軽いトランス状態に
なることがあります。

 

 

人生の時間が有限で
さらに自分がやりたいと
思うことが明確になると

時間の使い方に気を
使うようになっていきます。

 

 

「何を捨てるべきか」

 

「何の時間を無くすべきか」

 

「誰と会わないべきか」

 

このように自分が目的とする
場所に到達するために不必要な
時間投資は排除するようになります。

 

 

正直、ムダな時間を切れない
というのは、まだまだその
目的に対して本気ではない
ということなのでしょう。

 

 

本気であればあるほど、
当然思考はそちらに
割かれますし、

時間投資もしたいと
思うようになるからです。

 

 

しかしここまで
熱弁しておいてなんですが、
僕が友人と会うのは

「久しぶりに会いたい」

という目的とは全く関係ない
理由なのは言うまでもありません。

 

 

ただ、自己弁明をすると
僕がわざわざ東京に来て
セミナーやコンサルティングを
受けているのは、

自分の目的・目標を
達成するためです。

 

 

それ以外の理由はありません。

 

 

一昨日と昨日に受けた
大規模セミナーは勉強に
なりましたし、

良い意味で刺激を
もらうこともできました。

 

 

これは自分一人で
部屋で悶々としていては
決して得られないものでした。

 

 

改めて時間を
投資するべきところや環境を

慎重に選んでいくべきだと
感じています。

 

 

セミナー講師が放つ
圧倒的なエネルギー。

 

そしてプロとしての
知識、スキル。

 

人を引き付ける
コミュニケーション能力。

 

 

そういうトップレベルの
スキルを持った方達と

いかに一緒に時間を
過ごすことができるのか?

 

 

ブログやメルマガで
何度もお伝えしていますが

人間の可能性を最大限
引き出していくためには
環境の力は必須です。

 

 

歴史を振り返ってみても
生物が進化の進化は
環境に適応するために
行われてきました。

 

人間も例外ではありません。

 

環境次第で未来の結果は
大きく変わるのです。

 

 

『環境』の話をしたので
別の視点からも一つ話を
させて頂けたらと思います。

 

それは会社や団体の中での
環境です。

 

 

引退を表明した元横綱の
暴力問題など、相撲業界の
裏事情が調べられています。

 

おそらくこのような問題も
環境による力が非常に
大きいと思います。

 

「昔からの伝統」

 

「先輩からの言うことは絶対」

 

「生意気なことを言うな」

 

 

僕も高校までは体育会系の
部活でしたから、先輩や監督の
怖さは痛いほど分かります。

 

そして、先輩の機嫌を損ねると
一気に居場所がなくなることも。

 

 

だからこそ後輩は逆らえないし、
そのようにやられてきた人達は

昔自分がやられたことを
そのまま後輩にやります。

 

 

「伝統だから」

 

「そういうものだから」

 

という価値観が
形成されるからです。

 

 

これも環境が生み出した
産物と言っていいでしょう。

 

僕は元体育会系でありながら
こういう価値観や環境が
心底嫌いです。

 

環境や固定概念は時に
人の尊厳を踏みにじります。

 

 

だからこそ僕は

「こういうものだ」

という固定概念を極力持たずに
フラットに考えるように
意識しています。

 

 

それでも厄介なことに
大なり小なり固定概念は
生まれてしまいます。

 

大事なのは自分の固定概念と
違った考え方や価値観が
目の前に突き付けられた時に
どう捉えるかです。

 

人によっては拒絶します。

 

人によっては受け入れます。

 

人によっては吟味した上で
慎重に判断します。

 

 

各々の判断なので何が正しい、
何が間違いではありません。

 

しかし自信を持って
言えることがあります。

 

 

ここまで記事を読んで
くださっている方のほとんどは

環境や固定概念の話で
オチを作るのだと
思っているはずです。

 

 

それも固定概念です。
残念ながら全然違います。

 

 

僕がこの記事で何を
伝えたいかというと、

 

「一昨日と昨日は頑張ったから
 今日はカフェでのんびりして
 夜は酒を飲みます」

 

ということを
申し上げたいからです。

 

 

意外と人間が本当に
伝えたいことというのは
表面だけでは判断ができません。

 

僕はこれから皆さんが
額に汗を流して働いている時に
フレンチトーストを頬張ってきます。

 

 

そして、これからブログも
割と自由な感じで書かせて
頂こうと思います。

 

それは前もって宣言しておきます。

 

 

興味関心が数ヶ月単位で
変わっていくので、

今言っていることが
来月には変わっている
可能性は大いにあります。

 

 

でもそれは小川晃司という
人間の特性上仕方がないので
受け入れてください。

 

 

ただ、その時その時を
全力で突っ走っているので

今よりも面白い情報発信に
なっていくはずです。

 

 

こんな感じでそれっぽいことを
言ってると皆さん納得してくれると
思うので、そろそろしめます。

 

 

それにしても、
意外と東京さむっ…


好きなことでメシを食うには?


「好きなことが分からない」「好きなことでビジネスモデルを組み立てられない」「実際に稼ぐことができない」

9割以上が挫折する3つの壁を乗り越える方法を徹底解説!

そして、急速に進化している『人工知能』に奪われない仕事とは!?