FXトレーダー波動乗りジョニーさんのTwitter動画についてまとめました

 

今回は、FXトレーダー「波動乗りジョニーさん」がTwitterで公開した動画について解説していきます。波動乗りジョニーさんはトレーダー界隈では非常に有名な方なので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

FXトレードに興味がある方は、ぜひご覧ください。トップトレーダーの考え方、エッセンスが詰まっていますので、とても参考になります。

 

スポンサードサーチ

FXトレーダー波動乗りジョニーさんのプロフィール

 

まず、波動乗りジョニーさんをご存知ない方のために、ジョニーさんのプロフィールを簡単に解説します。

静岡生まれのハーフ。完全実力主義であるゴールドマン・サックス傘下プロップファームの元トップFXトレーダー。

リアルタイムで自分のFX口座を公開しながら3年以上に渡ってトレードして勝ち続けて来た男。2018年のFXトレードの実績は5,000万円からスタートして、約1年間で2億円に増やす。仮想通貨トレードでは1,000万円からわずか2ヶ月で2億円まで膨らませる。さらに元手10万円からトレードをする10万円チャレンジでは、わずか9日間で26倍(260万円)以上にまで、FXトレードのみで増やす。

FXだけに留まらず仮想通貨業界でも活躍し、2018年に米国シリコンバレーにおいてBlock Trainが主催したGlobal Blockchain Technology Expoに参加。ICO部門で最優秀賞を受賞する。

現在は「FXトレーダー」という職業を確立するためにトレーダーを育てるオンラインの投資スクールを設立している。

※オフィシャルブログより引用

 

凄まじい実績ですよね。10万円チャレンジでは、9日間で26倍にしていますからね。その過程もTwitterで全部公開していましたからね。マジもんのトップトレーダーの一人です。

 

興味のある方は、ぜひジョニーさんのTwitterアカウントのフォローをおすすめします。

 

▼ジョニーさんのTwitterのアカウントはこちらです

https://twitter.com/naminori_jhonny

 

利益を出しているトレーダーの見極め方

 

世の中には、勝ち組トレーダーを装って、情報弱者の人達に高額教材や高額塾を販売する人達が後を絶ちません。

 

周りからは勝っていると思われているトレーダーでも、実は全然勝てていないというパターンは想像以上に多いのです。私は情報ビジネスのコピーライターをやってきた経験がありますから、業界の裏事情もある程度は知っています。

 

悪質な勧誘に惑わされないために「その人は本物か?」というのを見極める目も大切です。では、具体的にどのように本物のトレーダーを見極めればいいのか?

 

小川の持論も入ってきますが、勝っているトレーダーを見極めるには、以下の3つが重要だと考えています。

 

勝ち組トレーダーを見極めるポイント

1.取引実績を公開している

2.リアルトレードをして勝っている様子を見せている

3.トレードチームを作り利益を出している

 

トレーダーは個人で稼いでいる方が多いので3の「トレードチームを作っている」というのはマストな要素ではありませんが、より信頼度の上がるポイントになりますよね。トレードチームまで作っていて、その方達が長期的に勝ち続けているとなれば、疑える要素はほぼ無くなります。

 

最低限「取引実績の公開」と「リアルトレード」の部分は満たしている方を選ぶべきです。

 

私が見ている中で、1と2を満たしているトレーダーは5人ほどです。おそらくこの方達は勝ち組トレーダーです(名前は伏せます)

 

さらに自己資金でトレードチームを作っているという要素まで含めると、ジョニーさんを含めて2人しか知りません。つまり信頼度抜群なわけですね。ですから、私はTwitterでジョニーさんを猛プッシュしているわけです。しかも、人柄もめちゃ好きです。

 

FXトレーダー波動乗りジョニーさんのTwitter動画についてまとめました

 

そんなトップトレーダーのジョニーさんが、先日Twitterにこのような動画を公開しました。

本当にめちゃくちゃためになる動画でしたので、正直「えっ?この話無料でいいの?」って感じるレベルでした。

 

動画は少し長めなので、まずはテキストで概要を知りたいという方向けに記事にさせて頂きました。参考になればうれしい限りです。

 

投資の本質は永続的な利殖

 

大前提の話になりますが、投資の本質は「永続的な利殖」を追求することです。多くの人達は「楽してお金を稼ぎたい」「資金効率を上げたい」「億万長者になりたい」ということを考えて、トレードに取り組みます。

 

世の中の風潮的にも、短期間で稼いだ人がもてはやされる傾向があります。「1ヶ月で資金を〇倍にした」「3ヶ月で1億円稼いだ」などですね。

 

このような情報に過度に影響された人達が、急いで結果を出そうとするあまりに、資金管理を無視したギャンブル的なトレードを繰り返してしまいます。結果、自己資金を大きく溶かしてしまったり、場合によっては退場を余儀なくされます。

 

このような悲劇を起こさないためにも、大切なのは『メンタル』になります。ジョニーさんいわく「メンタルが一番大切」とのこと。

 

確かにその通りだと思います。なぜならメンタルがしっかりと定まっていなければ、ルールや資金管理を無視したトレードを繰り返してしまい、結果ギャンブルトレードに繋がってしまうからです。

 

メンタルをブラさず、トレードをブラさないことが非常に重要ということです。ブレないことが正義なのです。

 

平均の損切り幅は一定に

 

ジョニーさんは、損切り率をMAX15%に設定しているとのこと。かなりリスクを負っている印象ですね。ただこれは、10万円チャレンジで資金を短期間で大きく増やすために、リスクを大きく設定しているだけのようです。

 

億以上入金されている口座では、損切りは3%に設定しているようです。

 

ジョニーさんは損切りを非常に大切にしていて、適切な損切りができたら「ナイス!」とおっしゃいます。FXにおいて損切りは極めて重要なポイントだということが感じ取れます。

 

損切りとは、ある意味『必要経費』のようなものなのかもしれませんね。

 

チャートは自然の法則に従っている

 

チャートとは、機械的に見えるものかもしれませんが、人の感情を反映したものです。FXのチャートに表れている感情というのは「恐怖」と「」です。

 

「損失を出したらどうしよう」

「もっと稼ぎたい」

 

これらの感情がFXの市場には入り乱れているわけですね。人の恐怖と欲が反映されたのがチャートなわけですね。そして感情は自然のものと考えることができます。

 

感情は、コントロールするのが非常に難しいものですよね。心の弱い人は、その感情に振り回されて、相場に資金を持っていかれることになります。いかに感情的にならずにトレードに取り組むか。そこが極めて重要なポイントだと言えるのです。

 

チャートの「上がる」「下がる」には法則がある

 

そしてチャートは「人の感情」で形成されているからこそ、上がる下がるには法則が生まれていきます

 

もちろん「絶対にこうなる」という法則ではありませんが「高確率でこうなる」というパターンは見出すことができるということですね。

 

利益を増やすためには

 

ジョニーさんいわく、自分の口座をチャート化させた方が良いとのこと。つまり利益が増えたか減ったかをチャート化させるという意味ですね。利益が増えたら上昇。利益が減ったら下降ということになります。

 

そして自分の口座資金を上昇トレンドにするためには、ある鉄則があります。

 

それは上げ幅よりも下げ幅を狭くすることです。つまり利益の幅を広く、そして損失の幅を狭く一定にすることが大切という話ですね。

 

ジョニーさんのトレード手法

 

ジョニーさんのトレード手法は非常にシンプルです。簡単に言うと「安値割れで買って、高値越えで売る」です。

 

大きな節目となるサポレジ(サポートライン・レジスタンスライン)を意識。それは日足、4時間足で確認しているとのこと。

 

この節目となるサポレジを急騰・急落で抜いてきたら、次のサポレジで逆張りでエントリー。急騰・急落は30分足で確認しているとのことです。

 

ロットは常に一定に保っているとのことです。300ロット入れることもあるみたいなので、半端ないですね。

 

ジョニーさんの取引回数は、少なくても1日2~3回はするとのこと。ポジションを保有している時間も、長くて5時間程度とのことです。

 

トレードで勝てるようになったきっかけ

 

素晴らしいトレード実績を持っているジョニーさんですが、最初から勝てていたわけではないようです。どんな分野でもそうですが、最初からプロ並みにできる人なんていませよね。真剣に長期間取り組んだからこそ、人並み外れた結果が出せるようになるわけです。

 

ジョニーさんがトレードで勝てるようになったきっかけは「本気でトレードに向き合ったから」とのこと。

 

私も情報発信をしていて感じますが、本気で向き合うというのは、多くの方が想像している以上に難しいことです。慣れないことを毎日継続し、試行錯誤を繰り返しながら習慣化していくわけですから。

 

ジョニーさんの場合、仕事もやめて、友人関係もすべて切ってトレードだけに専念しています。そこまで振り切って行動したおかげで、今のジョニーさんがあると言えます。

 

投資の本質

 

先ほどお伝えしたように、投資は永続的に利殖をしていくことが大切です。しかしTwitterなどを見ていると「1ヶ月で資金が倍」など短期間でお金を稼いだ人がもてはやされる傾向にあります。

 

確かに短期間で資金を増やしたのは凄いことです。しかし、それが長期的に続けられるかは話が別です。無理なレバレッジをかけて短期間で資金を増やした人は、長期的には高確率でその資金を無くしています。

 

ビギナーズラックで、ハイレバレッジで資金を増やしてしまうと、逆に大きな弊害にもなりうるわけですね。

 

トレードをする方のほぼ全てと言っていいと思いますが「お金を稼ぎたい」と思っているはずです。そしてトレードを選択したということは「効率良くお金を稼ぎたい」と考えていますよね。

 

しかし効率良く稼ぐというのは、資金管理を無視して過度なレバレッジを掛けることではありません。それはトレードではなく「ギャンブル」と言っていいでしょう。

 

本気で向き合う必要はありますが、慌ててトレードをする必要はありません。トレードは長い期間をかけて習得していくものですから、一歩ずつ着実に進んでいくのが良いのだと思います。

 

負けトレードが最高の教科書

 

どんなことにも当てはまると思いますが、基本を身につけた後は、自分に合ったスタンス、手法というのを確立させていく必要があります。

 

自分と似たようなタイプの人はいても、全く同じ人間はいません。ですから、他の人がうまくいっている方法だからといっても、自分がそのまま実践できるとは限りませんし、成果が出るとも断言できません。

 

ただ、トレードを上達させるために最も効果的な方法があります。それは「自分の負けを分析すること」です。自分の負けには、上達していくためのヒントが沢山詰まっています。

 

「なにを根拠にエントリーしたのか?」

「どのような感情でエントリーしたのか?」

「なぜ負けたのか?」

「改善できる点はなにか?」

 

という風に、自分の取引を分析することで沢山の気づきがあります。

 

何事も必勝パターンを見い出すのは極めて困難ですが、自分の負けパターンを改善していくことはできます。負けを改善できるということは、必然的に勝てる確率が上がっていくということです。

 

そうやって負けを削っていき、最終的には自分なりの勝ちパターンを構築することが大切ということですね。

 

相場の流れはどっちを向いているか?

 

ジョニーさんのお話を聞いていると、相場の流れを意識しているのが分かります。ジョニーさんは短期的には逆張りのトレードをされていますが、大きなトレンドに対しては順張りというスタンスです。

 

月足、週足、日足を見て、どっちの方向に行く力が強いのか。そこを前提に踏まえた上で、トレード戦略を考えているようです。

 

日足レベルで何度も意識されているサポレジを反発しやすいゾーンだと捉えて、エントリーしているようです。

 

ジョニーさんのナンピンに対する見解

 

ジョニーさんは「ナンピンは有効な手段」と捉えているようです。ナンピンとは、エントリーの玉を分割し、平均取得単価を有利にしていく手法です。

 

仮に100の資金があったとしたら、10、20、30、50という風に、エントリーする資金を分割し、底にいくにつれて大きな資金を投じていきます。

 

仮に買いのエントリーをするとして、最初には試し玉として10でエントリー。さらに下落してきたら20でエントリー。自分が想定している一番深い位置に近づくにつれて、30、50と金額を増やしていくわけです。

 

そうすることで、平均の取得単価を下げることができます。

 

ジョニーさんもご自身の資金を分割し、損切りまでの値幅によって、3分割、5分割、10分割と分けているとのことです。

 

ジョニーさんはナンピンをすることが多く、ナンピンせずに口座の資金を増やすことができるのか疑問を抱いていました。ジョニーさん的には「ナンピンというより分割エントリー」という表現を使っていましたが。

 

ナンピンと言うと聞こえは悪いですが、厳格な資金管理の一種です。

 

ナンピンが悪になるのは「過剰なレバレッジ」になる時です。つまり、自分の想定している資金管理を超えて、過度なナンピンをしている時が良くないと。なぜなら、負けた時に大きく資金を減らしてしまうからです。

 

きちんと資金管理ができている戦略的なナンピン(分割エントリー)であれば、トレードにおいて優位性はあるとの考えです。なぜなら、平均取得単価を調整できるわけですから。

 

先ほどお伝えしたように、1回の取引の資金上限は3%以内に留めます。そして、ナンピンした際の損切りは一括で行います。

 

含み益が建値に戻ったら?

 

含み益だったエントリーが、逆行して建値に戻ってしまったら?

 

動画では冗談で「口から泡吹いて倒れる」とおっしゃっていました 笑

 

真面目な回答をすると、ジョニーさんはそのまま放置することが多いようです。ただ、場合によってはそこで切ることもあるようです。

 

例えば買いでエントリーしていて、一度建値に戻って再度上昇したとしても、前に付けた高値を更新できなかった場合は切るようです。特にスキャルピングの場合は、損切りのスピードが早い印象です。

 

ピンポイントで勝つことはプロでも難しい

 

チャートには、意識されている節目があるとは言え、ピンポイントで勝つエントリーをするのは極めて難しいです。意識されているところで反発することもあれば、そこを抜けてから反発することもあるからです。

 

ですから、ピンポイントのラインでエントリーするのではなく、ゾーンで捉えてエントリーすることが大切になってきます。例えば「ここからここまでの10pipsの間をエントリーポイントにする」という考えですね。

 

逆張りが最大の順張り

 

ジョニーさんは「逆張りが最大の順張り」というお考えをお持ちです。誰が見ても上がっている相場であれば、そこからエントリーするのは遅いと言えます。なぜなら、優位性のあるポジションを取ることができないからです。

 

大多数が買いたがらない安いタイミングに入る方が優位性が高いのです。合理的に考えたら一番安いところは「直近安値を割ったところ」になります。

 

そのためジョニーさんは、『直近安値』『直近高値』を急騰・急落で抜いたタイミングをエントリーチャンスと捉えて、次の意識されるサポレジでエントリーするとのこと。

 

ジョニーさんからのプレゼント

 

このように沢山の金言を残してくださったジョニーさん。

 

ただ、太っ腹なジョニーさんは金言だけに留まらず、Twitterの動画を見てくれた方に素敵なプレゼントを用意してくれました。

 

トレードで勝ち続けるためには「資金管理」「メンタルマネジメント」「自信の持てる手法」の3つが必須になります。そして、この3つを手に入れるために最も効果的で成長の早い方法というのが「リアルタイムでトレードを見せること」だそうです。

 

確かに、リアルタイムのトレードほど説得力のあるものはありません。リアルタイムで実際のトレードが見れたら、イメージも湧きやすいですよね。

 

そこでジョニーさんは、Twitterのアカウントをフォロー&リツイートをしてくれた方から抽選で「リアルタイムのトレードを見せてくれる」とのこと。めちゃめちゃ価値のあるプレゼントですね。

 

さらに10万円チャレンジで「10万円を500万円にしたエントリーの動画」を全て見せてくれちゃうみたいです。

 

さらにさらに、ウェビナーでその動画について全部解説してくれて、徹底コーチングまで行ってくれるとのこと。

 

これって、一体どれだけの価値があるんだろう…

 

当たる確率は低いかもしれませんが、これは応募してみる価値は十分すぎるほどありますね。当たった人は本当に羨ましい限りです。

 

▼ジョニーさんのTwitterのアカウントはこちらです

https://twitter.com/naminori_jhonny

 

ジョニーさんの価値観

 

私小川は、ジョニーさんのトレードスキルも尊敬していますが、人柄もとても好きです。ジョニーさんの価値観は、人としても共感が持てます。

 

ジョニーさんの動画での発言を抜粋してみました。

・自分がしたくないことはやめた方がいい。

・会社がつまんないならやめたらいい。

・もっと自分を優先した方がいい。

・人間としての優位性が無くなったらおしまい。

・お金の本質は『信頼』。なので人を無限に尊重していれば何をしても自由。

・キツイ大学はやめなさい。ただし自分が好きなことは死んでも貫く。

・資本主義は崩壊すると思っているので、人生で最大の逆張りをしようと思っている。

・どこかで働くのは経験として良いが、誰かの奴隷になってはいけない。

・お金を持った人間が正義という風潮が大嫌い。

・日本人の優位性は「パスポート」。合理的に考えて日本を出た方がいい。

 

フリーランスとして活動している小川にとって、共感できることが多かったです。ジョニーさんからトレードの本質をガンガン吸収していきたいなと強く思いました。

 

小川もFXの勉強中です

 

小川はバイナリーオプションをメインに行っていましたが、今はFXも勉強しています。デモトレードではありますが、日々コツコツと取引しています。

※小川の実際の取引履歴。デモですけどね。

 

5月中旬からの取引ですが、一応9万円くらいはプラスになっています。ちなみに、0.5~1ロットで取引しています。偉そうに言える実績ではありませんが、プラスにはなっています。

 

少しずつですが、感覚が掴めてきた気がします。

 

ほぼ毎日相場分析動画を撮っています

 

ジョニーさんと出会えたことで、習慣も変わってきました。ジョニーさんのプロップファームのYoutubeチャンネルも見させて頂いていますが、その影響で毎日トレードの分析動画を撮るようになりました。

 

毎日は言い過ぎですが、ほぼ毎日撮っていますね。5月初めから取り組んでいます。

 

Camtasiaという動画キャプチャソフトを使って、ドル円、ユロドル、ポン円、ポンオージ、ユロポンの分析を行っています。

 

その証拠と言ってはなんですが、撮影した分析動画はYoutubeアカウントにアップロードしています。

※5月1週~4週まで編集済み。自分しか見れないように限定公開にしています。

 

毎日分析動画を撮っていると、チャートの理解が深まる感じがします。自分の分析をした後に、プロップファームの分析動画を見て答え合わせをしています。とても参考になっています。

 

このように、ジョニーさんは私の人生を変えるきっかけをくれた方なので、心から感謝しています。ありがとうございました。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

私なりの見解も交えながら、ジョニーさんの動画の内容をまとめさせて頂きました。ただ、ジョニーさんが伝えようとしていたエッセンスをできる限り伝えられるように努めました。お役に立てたなら嬉しい限りです。

 

私も今回のプレゼント企画に応募します。確率的に外れるとは思っていますが、自分が外れたとしても、当たった方には心から「おめでとうございます」と言いたいです。

 

トレード人生を変えるターニングポイントになると思いますので、ぜひ本気で取り組んで頂きたいと思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司