動画撮影する際の5つの注意点!意外と見落とされるポイントとは

 

近年、動画で情報発信をしている方が増えていますよね。動画撮影は、やろうと思えば誰でもできることなのですが、奥の深い分野でもあります。

 

せっかく撮影するのであれば、明らかに素人が撮ったと思われる動画ではなく、プロに近づけた動画を撮影したいですよね。そこで今回は、初心者が見落としがちな動画撮影時の注意点について解説していきます。

 

スポンサードサーチ

動画撮影する際の5つの注意点

 

では、動画撮影する際の注意点を順番に解説していきます。

 

注意点1:カメラ

まず最初に注意すべきポイントは「カメラ」です。動画を撮影するわけですから、カメラが大切なのは、言われるまでもないとは思いますけど。

 

当然ですが、良いカメラであればあるほど品質の高い動画を撮影することができます。画質は視聴者の満足度に直結してくる問題なので、先行投資と思って多少良い機材を揃えた方がいいと言えるでしょう。

 

ただ、近年ではスマートフォンのカメラの機能も劇的に向上しています。スマートフォンで撮影して配信するYouTuberも増えていますよね。スマートフォンで気軽に始めて、動画慣れしていくのはありだと思います。

 

ただスマートフォンの場合、屋外で撮影すると雑音を拾ってしまって、配信者の声が聞き取りにくくなるという傾向があります。その点は気をつけて頂きたいところです。

 

注意点2:照明

2点目の注意点は「照明」です。YouTubeの動画撮影をする場合、屋内で撮影することが多いと思います。その時、照明が暗いと視聴者目線では、かなり見にくい動画になってしまいます。

 

もし屋内で撮影する場合は、照明を明るくして、可能であれば影ができないように複数照明を用意できるとベストです。

 

最初からそこまで機材を用意するのは難しいと思いますが、撮影した際に極端に暗かったり、変に影が出来たりするのは割けるように配慮して頂けたらと思います。

 

注意点3:マイク

意外と見落とされやすいのが「マイク」です。音が聞き取りにくい動画を見かけることが結構あると思います。音が聞き取れないと、視聴者の離脱率が跳ね上がってしまいます。音が聞き取れないと、内容を理解できないわけですから。

 

字幕を入れて対応するという方法もありますが、大前提として配信者の声がきちんと聞き取れることが大切です。

 

屋内で撮影している場合は、あまり問題にはなりませんが、屋外で撮影したり、周りがガヤガヤしている場合は注意が必要です。極端に配信者の声が聞き取りにくくなってしまいます。

 

もし気になる方は、ピンマイクを用意するのがおすすめです。音と映像を合わせる手間はかかりますが、音質は格段に良くなります。音質も動画の満足度に直結しますので、注意して頂きたいポイントです。

 

注意点4:撮影場所

注意点の4つ目は「撮影場所」です。自宅や許可を取っている場所で撮影するのは全く問題ないですが、たまに私有地やお店で、無許可で撮影する方もいらっしゃいます。

 

後々問題になることもありますから、許可が必要な施設で撮影する場合は、必ず撮影許可をもらうようにしましょう。

 

あとは、自宅で撮影する場合も最低限、視聴者目線で「キレイに見えるところ」を映すようにしましょう。たまにぐちゃぐちゃな室内を映しながら撮影している方もいますが、視聴者目線で決して良い気分にはなりません。信用度も落ちることに繋がります。

 

撮影する場所に関しても工夫して頂きたいと思います。

 

注意点5:プライバシーや著作権の侵害に気をつける

注意点の4と近いですが、意外と見落とされるのが「プライバシーや著作権の侵害」です。

 

音楽やイラスト、写真の著作権については最近厳しくなっているので、気をつけている方も多いと思います。YouTubeも著作権違反の動画に関しては、警告を出してくるようになりましたし。

 

しかしプライバシーの部分はまだまだ見落とされていると感じています。街中で撮影した際に、許可なく動画に公開したり。もちろん、訴えられたり問題になることは少ないですが、第三者がカメラに映らないように最大限配慮すべきだと思います。大きな問題になっては困りますから。

 

中には著作権や肖像権などを侵害してコンテンツを作り、視聴者数やチャンネル登録者数を増やそうとする方もいます。短期的には良い結果が出るかもしれませんが、長期的に考えるとアカウントがBANされたり、訴訟問題に発展するリスクもあります。

 

くれぐれもお気をつけ頂きたいと思います。

 

注意点6:個人批判はしない

注意点の6つ目は「個人批判はしない」です。チャンネル登録者数の多いYouTuberでも、個人批判をしている人を結構見かけます。

 

しかし、個人批判は不必要な敵を過度に増やしてしまうので決しておすすめできません。個人批判された人は、決してこちら側に良い印象を持ちません。ほぼ100%の確率でこちら側の敵に回ります。

 

高確率で相手から反撃を受けることになりますし、その火消しのために多くの時間と労力を割かれることになります。個人批判はメリットよりも圧倒的にデメリットの方が大きいと思いますので、決しておすすめしません。

 

しかし人間は感情的になると、思わず個人攻撃をしてしまうことがあります。そこは自制心を持って対応して頂きたいところです。

 

注意点7:会社への身バレに気をつける

注意点の7つ目は「会社への身バレに気をつける」です。YouTubeで情報発信をしている方の中には、副業でYouTubeの情報発信に取り組んでいる方もいると思います。

 

中には、YouTubeで情報発信していることがバレて「YouTubeをやめろ」と言われるパターンもあるようです。会社の就業規則で副業が禁止なのであれば、そう言われるのも仕方がありません。

 

しかし、せっかく何かしらの目的があって取り組んでいることでしたら、目的が達成されるまで会社にバレない方がいいですよね。顔を出さないようにしたり、名前もニックネームにしたり。

 

実名顔出しよりも信用度は落ちますが、今では顔を出さずに活躍しているYouTuberもいますから、不可能な話ではありません。ぜひ、色々と工夫して取り組んで頂きたいと思います。

 

動画でも解説しています

※※※動画準備中※※※

 

まとめ

・動画を撮影する際にはいくつか注意点がある。

 

・注意点1:カメラは品質の良いものを使う

 

・注意点2:照明は暗すぎたり、影が目立たないように配慮する

 

・注意点3:マイクには気を遣う。音質が悪いと視聴時間が劇的に短くなる。

 

・注意点4:撮影場所はキレイに見えるところを選ぶ。撮影許可が必要なところは事前に許可を取ること。

 

・注意点5:プライバシーの侵害、著作権の侵害にはくれぐれも注意する。

 

・注意点6:個人攻撃はしない。メリットほぼない。

 

・注意点7:副業でYouTubeをやるなら、会社にバレないように気をつける。

 

意外と見落とされるポイントもありますので、注意して頂きたいです。注意点を踏まえた上で、素晴らしいYouTubeライフを送って頂きたいと思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事