LINE@ってなに?今さら聞けないLINE@のメリットについて詳しく解説します!

 

ここ1年ほど注目を集めているのが「LINE@」というツールです。今、現在進行形で非常に有効なツールですから、詳しく知ってて損はないでしょう。

 

ネットビジネスに限らずビジネスをするなら「効率良く稼ぎたい」と考える方は多いと思います(というかほぼ100%の方がそう思っているはず)。

 

現在、LINE@をネットビジネスに活用して、想像以上の成果を出している人が増えています。それこそ20代の若者が、LINE@を使ってとんでもない成果を出しています。

 

そこで今回は、LINE@とは一体どのようなツールなのか?詳しく解説していきます。ぜひ参考にして頂けたらと思います。

 

スポンサードサーチ

そもそもLINE@ってなに?

 

LINE@とは「登録者のLINEにメッセージを一括配信できるアプリ」です。LINEとLINE@を混合する方もいますが、別のアプリですね。ただ使い方はとても簡単で、LINEと同じようにアプリをインストールするだけで使うことができます。

 

 

LINE@ではメッセージを一括で配信する他に、ホームに記事を投函して、登録者に見てもらうことができます。他には、登録者と1対1でコミュニケーションも取れますし、クーポンも発行することができます。

 

LINE@の機能を理解することで、効果的にビジネスに活かせるようになります。ぜひ、使い倒して頂きたいアプリです。

 

LINE@は無料で使える

 

LINE@が良心的なのは、無料で活用できる点です。ただ、無料の場合は送れるメッセージに制限があったり、ホームへの投函数にも制限があります。メッセージは月1000通まで。ホームへの投函は4回までです。

 

メッセージに関しては、仮に登録者が100人いるとしたら、1メッセージ送ると100通送ったとカウントされます。つまり1000通送れるといっても、1000回送れるわけではないということですね。登録者が少ないうちは問題ありませんが、登録者が増えてきたらムダなメッセージ配信をしないように注意したいところです。

 

このメッセージ配信の制限が、LINE@の数少ないデメリットの一つと言えるでしょうね。ただ有料プランでも、月額5,400円で5,000人まで、無制限でメッセージを送ることができるようになります。有効活用できる人なら、それほど高い投資額でもないと思います。登録者が増えてきたら有料プランを検討しても良いと思います。

 

料金プランはこちらです。参考までに。

 

いったいLINE@の何がすごいの?

 

では一体、LINE@の何がすごいのか?詳しく解説していきますね。

 

LINE@の凄いところ1:到達率がほぼ100%

まず一つ目のLINE@の凄いところは「到達率がほぼ100%」ということです。基本的にはブロックされない限り100%届きます。メールと違って、迷惑メール扱いされることもありませんから、メッセージが届かないということがほぼ考えられません。

 

メルマガの到達率がどれだけ高いと言っても、LINE@には敵いません。到達率で考えるとメルマガを上回るツールなのです。

 

LINE@の凄いところ2:開封率が圧倒的

LINE@が優れている点は、他にもまだまだあります。2つ目は「開封率」が高いことです。一部のデータでは、メッセージ開封率が60%もあります。

 

メルマガは、一般的なユーザーで15%~25%。優良顧客で20~30%。休眠している薄いユーザーでは5~10%の開封率だと言われていますから、メルマガと比べても、圧倒的に高い数字ですね。

 

元々LINEはコミュニケーションのツールとして使われています。ですから、LINEにメッセージが届くとユーザーもつい開封してしまうということですね。

 

LINE@の凄いところ3:文章内のURLクリック率も高い

LINE@では、メッセージ内のURLをクリックしてくれる確率が25%もあると言われています。開封率が高いですから、きちんと興味づけができれば必然的にメッセージ内のURLをクリックしてくれる確率が高くなるということですね。

 

これはビジネスを展開していく上で大きなアドバンテージになるのは、言うまでもありません。

 

LINE@の凄いところ4:見込み客とコミュニケーションが取りやすい

LINE@では、登録者と1対1でメッセージのやり取りもできるので、見込み客とコミュニケーションも取りやすいと言えます。

 

元々がコミュニケーションのツールですからね。見込み客とコミュニケーションが取れることで、信頼関係の構築にも役立ってくれます。

 

LINE@の凄いところ5:LINEが日本で最も普及しているツールというアドバンテージ

LINE@がビジネスで活用できる最大の要因は、LINEが日本で最も普及しているコミュニケーションツールだからです。誰もがスマホ内にインストールしているため、気軽にLINE@にも登録してくれます。

 

そしてこちらは、LINE@を使って登録者に対して一括メッセージ配信ができるわけです。LINEを使っている方ならご理解頂けると思いますが、LINEにメッセージがきたらほぼ確実に見ますよね。現状においてプッシュ型のツールでLINE@以上に優れた媒体は無いと思います。

 

LINE@のリスクも理解しておこう!

 

ここまでの説明でLINE@は、良いこと尽くめのツールに感じますよね。確かにメリットの方が圧倒的に大きいので活用した方がいいものです。

 

しかし、LINE@にもリスクは存在しています。そのリスクを知らずに使っていると、思わぬところで足元をすくわれてしまうかもしれません。

 

LINE@を活用する上で最も大きなリスク

それは「アカウント停止リスク」です。

 

LINE@には、利用規約が記されていて、それを違反すると突然アカウントが使えなくなることがあります。すると、せっかく今まで集めた登録者も集め直しになりますから、非常に大きなリスクと言えます。LINE@を使う前に「利用規約」にはきちんと目を通しておくようにしましょう。

http://terms2.line.me/lineat_terms?lang=ja

 

LINE@を活用する際は、メルマガも並行して使うようにしましょう。万が一LINE@のアカウントが停止されても、メルマガのリストがあれば、致命的な損害を避けることができます。

 

リスト獲得をLINE@だけにして、アカウントが停止されたら、本当にシャレになりませんから。メルマガはLINE@のように厳しい制約はありませんから、LINE@と組み合わせて使うことでリスクヘッジになります。

 

まとめ

 

近年、メルマガの到達率も下がってきている傾向にあるので、それを考えるとメルマガとLINE@を同時に活用していくのが望ましいと考えています。

 

LINE@のデメリットを挙げるとしたら、無料プランのメッセージ配信数の制限とブロックされやすいことくらいですかね。LINEはコミュニケーションツールですから、メルマガと比べてブロックされやすい傾向にあるようです。

 

最近ではメルマガを使わずLINE@をメイン媒体にして、アフィリエイトやネットビジネスで大きな成果を出す人も現れてきています。約2年ほど前からLINE@をビジネスに活用する人が出てきて、その成果が目に見える形で表れている感じですね。

 

LINE@はネットビジネスに限らず、リアルビジネスにも相性が良いですから、ぜひ活用して頂けたらと思います。