「好きVS稼げる」 フリーランスがどちらを優先して取り組むべきか小川なりの見解を述べます

 

今回のテーマは「好きなこと」と「稼げること」のどちらを優先すべきか?というお話をしていきます。今回のテーマは人によって見解が分かれる部分かもしれません。

 

ただ、小川なりの見解がありますので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

「好きVS稼げる」 フリーランスがどちらを優先して取り組むべきか小川なりの見解を述べます

 

「好き」か「稼げる」か。これは他の方が書いてるブログやYouTubeでも議題として取り上げられることがあると思います。

 

人によっては「好きなことをやった方がいい。お金は後から付いてくる」という表現の方もいれば、「稼げることを優先した方がいい。好きなことでも需要がなければ稼げるとは限らない」という風におっしゃる方もいます。

 

小川なりの見解を先にお伝えすると「人によって異なる」ということです。かなり曖昧な表現になってしまい申し訳ございません。ただ、多くの場合は「稼げることを優先させた方がいい」と考えています。

 

「好きなことでメシを食う」をコンセプトに掲げているにも関わらず、稼げることを優先させるというのは、違和感を感じる方もいるかもしれませんね。

 

詳しく説明させて頂きますね。

 

人によって諸条件が違う

まず前提として、人によって抱えている諸条件が違うというのが挙げられます。知識もスキルも経験も余剰金も。諸条件は人によって全然違います。

 

そんな諸条件が違う状況で、一括りに「こうしてください」というのは逆に乱暴なのかなと思います。ただ、ある条件を満たしている人は好きなことを優先させてもいいと思っています。

 

逆にその条件を満たしていなければ稼げることを優先させた方がいいという考えですね。

 

では具体的にどのような条件なのかを解説します。

 

条件1:余剰金がある

 

まず大前提として「余剰金」がある程度あることが条件の1つ目になります。理由はシンプルで、余剰金があればあるほど、無収入になっても耐えられる期間が長くなるからです。

 

逆に余剰金がなければ、生活するためのお金がひっ迫してくるので、メンタル面の余裕をどんどん奪っていきます。余裕がなくなると、ビジネス活動にも大きく影響してきます。

 

当然ですが、余裕がなくなればなくなるほど、ビジネスもうまくいきにくくなります。ですからまず前提として、当面の間無収入でも耐えられる余剰金があるかどうか。ここがポイントになります。

 

条件2:好きなことかつ需要もある可能性が高い

 

そして2つ目の条件ですが、好きなことかつ需要もある可能性が高いビジネスモデルを構築しているという点です。

 

他の動画でも解説していますが、好きだけではビジネスは成立しません。お客様側に需要がなければ、お金を頂くことはできないのです。需要があるからこそ、その需要を満たすためにお客様はお金を払い、その対価としてお金を頂けるわけですね。

 

シンプルな理屈ですが、意外と見落とされがちな部分です。ですから、好き以外にも「需要があるか」という点は、意識しなければいけないポイントなのです。

 

多くの場合は稼げることを優先させた方がいい

上記の2つの条件を満たしていない場合、稼げることを優先させて、まずは余剰金を作るところからスタートすべきだと思います。余剰金ができれば心に余裕も生まれますし、ビジネスの選択肢も増えてきます。

 

綺麗事抜きに、今の資本主義である日本で生きていくためにはお金が必要です。さらに、お金があればあるほど選択できる行動も多くなります。参入できるビジネスの幅も広がります。

 

言うまでもなくお金があるというのは、今の日本にとって非常に大きなアドバンテージになるということです。

 

好きなことがなければ特に稼げることを優先

 

中には「好きなことがない」「やりたいことがない」という方もいらっしゃると思います。そのような場合でしたら、なおさら稼げることを優先させるべきです。

 

なぜなら、人間というのは成果が出てくることによって段々好きになっていく傾向が強いからです。最初は好きじゃなかったとしても、継続していくことで好きになっていくパターンは非常に多いです。

 

稼ぎやすいビジネスをすることで、余剰金も作りやすいですし、好きにもなりやすい。非常に大きなメリットのある選択だと思います。

 

どうしても好きなことからスタートさせたい

しかし中には「好きなことからスタートさせたい」と考えている方もいるかもしれませんね。それほどの情熱があるということでしたら、好きなことで突き抜けるのも選択肢の一つだと思います。

 

好きなことに取り組んでいる時、人間は高いパフォーマンスが出せますし、集中力も長続きしますから。

 

ただ、需要がない分野を選択してしまうと、ビジネスとして大きな成果を出すのは難しいです。その点は念頭においてください。

 

それでも「お金にならなくても好きなことをやっていたい」という方も一定数いますし、そういう考え方を否定するつもりは毛頭ありません。幸せの形というのは人それぞれですし、持っている価値観も違います。

 

その方が幸せになれるなら、全然良いと思います。

 

おそらくYouTuberの「ヒカキンさん」や「はじめしゃちょー」なども、最初は稼げる稼げないというよりは、YouTubeで情報発信をするのが楽しかったから取り組んでいたのだと思います。好きで好きで仕方がなかったから、あれだけ面白いコンテンツを量産できたのでしょう。

 

好きなことを突き詰めた先には、意外なブレイクスルーがあり、そしてそれは他の方には真似できない独自の強みになります。そう考えると夢のある選択肢とも言えます。

 

最強なのは「好き×得意×需要がある」こと

ここまで話をしてきて思うのは、結局「好き×得意×需要がある」ことが最強だということです。

 

シンプルな理屈ですが、好きなことであればモチベーションも高く、集中力も長続きします。継続力も飛躍的に上がるでしょう。

 

得意なことであれば、お客様に対して高い価値提供をすることができます。ビジネスは何らかの価値を提供してその対価を頂くという行為です。与えられる価値が高ければ高いほど、単価も高くできます。つまり利益を生みやすいということです。

 

そして需要があれば、ビジネスは成立します。逆に需要がなければ需要を作り出さなければいけないので、ビジネスの難易度は飛躍的に高くなります。

 

この3つが掛け合わさっていることに取り組むのが、ビジネスで成果を出す大きなポイントだと考えています。

 

動画でも解説しています

「好きVS稼げる」 フリーランスがどちらを優先して取り組むべきか小川なりの見解を述べます

 

まとめ

・好きなことを優先すべきか?稼げることを優先すべきか?その回答は「人による」。

 

・余剰金があり、好きなことかつ需要のある可能性が高ければ、好きなことに取り組んでも良いと思います。

 

・大部分の人は条件面を考えて稼げることを優先させて、まずは余剰金を作った方がいい。

 

今回のテーマは人によって見解も大きく分かれますし、判断が難しいところだと思います。今回の記事に書いていることも小川なりの見解にはなってしまいます。何かしら参考になる点があれば嬉しい限りです。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事