ラ・シエスタの代表 野田さんと飲んできたお話!

 

昨日は、友人と久しぶりに
ご飯を食べに行きました。

 

『海鮮ダイニング空』
という
お店なのですが、

店内はとてもオシャレでしたし、
料理も美味しくて満足できました。

 

 

普段、あまりお酒は
飲まないのですが、
昨日は飲み過ぎましたね。

 

友人が日本酒を飲み始めて
僕もつられて飲み始める始末。

 

 

ばっちり二日酔いになりました。
反省です。

 

 

友人は札幌で『スリングヨガ』や
『TRX』ができるフィットネス
スタジオを経営しています。

 

『ラ・シエスタ』というスタジオです。

 

ラ・シエスタのホームページ

 

ラ・シエスタ マネージャーMANAMIのブログ

 

 

5~6年前くらいに縁を頂き、
そこから定期的に会って
情報交換をしています。

 

年齢は僕と同級生なのに
人を雇ってスタジオを
経営しているとか凄いですわ。

 

 

僕は個人で収益の最大化を
目指している人間ですから、

組織化して社会的に意義のある
ビジネスをしている方を見ると
心から尊敬します。

 

 

そして友人(代表の野田さん)には
以前に起業家インタビューに
協力して頂いたことがあります。

【前編】シンデレラなトレーナーはツンデレマッチョ?

 

結構好評な記事でした。

 

 

その野田さんとの話で
印象的だったことがあります。

 

それは『時流』をよく考えて
ビジネス展開しているという点です。

 

 

野田さんが指導している
『スリングヨガ』や『TRX』は
札幌では非常に珍しいものです。

 

 

今でこそ少しずつ
認知度も上がってきましたが

野田さんがスタジオを
オープンさせた当時は、

札幌でスリングヨガやTRXが
体験できるのは野田さんの
スタジオだけでした。

 

 

テレビからも取材を受けて
雑誌などにも掲載されるくらい
注目を集めました。

 

 

このように野田さんは、
最新のトレーニングや
フィットネスを

いち早く札幌に持ってきて
柔軟に取り入れているのです。

 

 

それなのに野田さんは

 

「今のトレーニングが
 いつまでウケるか分からない」

 

ということで、すでに
新しいフィットネスの導入を
検討しているのだとか。

※詳細は秘密と言われたので、僕のブログでは書けなくて残念。

 

 

その時に、素晴らしい
先見性だなと思いました。

 

特にBtoCのビジネスモデルの場合、
お客様が飽きて離れていく
傾向が強いです。

※BtoCとは、企業と一般消費者との間での取引のこと。

 

 

お客様はすぐに他の商品や
サービスに浮気するので、

中長期でリピートして頂くのは
相当な難易度と言えるでしょう。

 

 

しかし野田さんは
そこを見越して
きちんと
次の展開を考えて
いる様子でした。

 

これからますます
ビジネスの流行り廃りの
スピードは上がっていきます。

 

 

そのスピードに柔軟に対応し
先手先手を打っていける
経営者でなければ、

長期的に生き残っていくのは
難しいでしょう。

 

 

むしろ自らがブームを
作っていくくらいの

アイディアとエネルギーが
必要なんだろうなと思います。

 

 

僕も陰ながら『ラ・シエスタ』を
応援したいと思います。

 

あっ、ちなみに代表の
『野田 勝さん』の写真はこちらです。

※一番前の男性が野田さん。

 

 

そして、今『ラ・シエスタ』では
12月17日までクラウドファンディングを
行っています。

 

興味深いリターンもあるので、
ぜひ、内容を見てみてください。

https://camp-fire.jp/projects/view/51902?token=24jcx0st

 

 

野田さん、昨日は
ありがとうございました!

 

また飲みにいきましょう!

 

っていうか、一緒の写真を
撮り忘れました…

 

 

P.S

お店から見える
すすきのの景色は
なかなか綺麗でしたよ。

女性とデートするなら
かなりオススメです。

 

ではでは。