才能は関係ない!?まずはネットビジネスで成果を出している人の行動量を知ってください

 

「私には才能がないから無理です」

 

副業でビジネスに取り組む場合、変なメンタルブロックが働いて、思うような行動が取れていない。そんな方が多い気がします。僕の周りにもそのような方がいますし、全体で考えても多いのではないかと思います。

 

そういう方を見ていると「なんか変な勘違いをしているな」と感じます。もちろん、才能はあった方が結果が出るのも早いでしょうから、才能はあるに越したことはないと思います。

 

でも、才能がないと成果は出ないのか?そんなことはありません。突出した才能がなくてもビジネスで成果を出している人はゴマンといます。「才能がない=成功できない」では決してないのです

 

そもそも、才能とはいったい何なのか?今回は世間で言われる「才能」についてと、成果を出している人の行動基準について解説していきますね。

 

スポンサードサーチ

才能がないと成功できない?いやいや、才能がない人なんていません

 

近年の脳科学では「成功するのに才能は関係ない」という見解を示しています。『超一流になるのは才能か努力か?』という本の中でも、超一流になって成功するには才能は関係ないと書かれています。

 

実際に、トップクラスの研究者やチェスの棋士、トップアスリートなど…成果を出している超一流の人たちを対象に調査を行っています。その調査では、成功の決め手になるのは才能ではなく「圧倒的かつ効率的な努力」と結論付けられています

 

「才能がないから…」は言い訳にすぎないと。そういうことですね。ただ、才能は関係ないと言っても「向き不向き(適性)」は大きく関係しているようです。この適性を見極めることが非常に大切になってきます。

 

具体的に適性とは何かと言うと「楽しいと思えるかどうか」です。人によって何に喜びを感じて、何を楽しいと思うかは違います。楽しいと感じることには、脳からドーパミンと呼ばれる脳内ホルモンが分泌されて、集中力や学習効率が飛躍的に向上します。

 

逆に嫌なことや楽しくないことを続けていると、脳からコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが分泌されます。すると記憶力が著しく低下して、学習効率が下がるという研究結果が出ています。

 

つまり楽しいと感じるビジネスをした方がいいということですね。楽しいと思えるビジネスに没頭している人と、嫌々取り組んでいる人とでは、長い年月を積み重ねていくと雲泥の差がついてしまうのです。

 

世の中の99.999%は凡人だと思います

 

僕を含めて、世の中の99.999%以上の方達は凡人だと思います。僕は33年生きてきましたけど「この人、本当に天才だな」と思った人には2人しか会ったことがありません。

 

僕も結構な数の経営者にお会いしてきましたし、周りには僕よりも優秀な人がたくさんいます。それでも「天才」と思える人は、たった2人しか思いつきません。

 

一人は弁護士、もう一人は先輩経営者です。どちらも頭の回転が速過ぎて、会話についていけません。そして、視野が広すぎて「なんでそんな発想が出てくるんだろう」と終始疑問です。さらに枝葉に捉われず、常に本質的なことを言います。「あー、その通りだ」と思いますし、説得力が半端ありません。

 

しかし、そんな人はほとんどいません。周りにいる優秀な人を見ても天才だとは思いません。すごいなとは思いますけど、凡人だと思います。当然、僕も凡人です。

 

誤解してほしくないのですが、僕は凡人を別に悪い意味で捉えてはいません。確かに才能が突出している人の方が、その分野で大きな結果を出せると思います。でも、才能だけあれば良いという話でもありませんよね。

 

凡人でも努力を重ねて驚くほどの結果を出す人もいます。野球のイチロー選手も「自分は天才ではない」と言っています。まぁ、イチロー選手ほど努力できる人は、ほぼ皆無でしょうけど。

 

結局、楽しいと思えることに圧倒的な時間投資をして、長い年月続けていくことが、つき抜けていくために必要不可欠なことだと言えます。そもそも楽しいと思えることをしていくわけですから苦になりませんし、長く続けていくことができます。

 

楽しいと思えることに没頭するのは、一石二鳥どころか一石五鳥くらいメリットがあると思います。

 

ネットビジネスで成果を出すための行動基準についてデータを使って解説

 

ネットビジネスで代表的なビジネスモデルの一つに「アフィリエイト」があります。アフィリエイトとは仲介(紹介)業のことですね。商品やサービスを口コミで伝達して、商品が売れると報酬が発生する仕組みです。

 

ネットビジネスの中でも非常にメジャーなビジネスなのですが、そのアフィリエイトに関して興味深いデータがあります。特定非営利法人 アフィリエイトマーケティング協会という団体が、毎年アフィリエイトに関する調査を実施しています。

 

簡単に言うと、アフィリエイターに対してアンケートを行っているのですが、有効回答件数が2,394件もあります。かなり信憑性が高いデータですし、興味深いと思ったのでシェアしますね。副業に取り組む時に、参考になると思いますので。

 

アフィリエイターの95%以上は月5,000円も稼げていない!は過去の話らしい

 

アフィリエイトマーケティング協会のデータを信じるのであれば「アフィリエイターの95%以上は月5,000円も稼げていない」というのは、もはや過去の話のようですね。

 

データを見ていると、明かに稼げる人の割合が増えています。昨年と比べて、月100万円以上のアフィリエイターも約2倍になっています。僕は昔から「アフィリエイターの95%は月5000円も稼げていない」という話を聞いていて、それを鵜呑みにしていましたから。今回のデータで固定概念が崩れましたね。

 

アフィリエイトって稼げるビジネスなんだな」と改めて感じました。アフィリエイトで稼げている人が増えているのは、マーケットの影響が大きいのではないかと思います。

 

つまり市場が大きくなっているので、昔に比べると稼ぎやすくなっていると。昔よりインターネットで買い物をする人が格段に増えていますし、これからも増え続けることは容易に想像がつきます。

 

アフィリエイトに限らず、ネットビジネス全般に当てはまることだと思います。「ネット副業はもう遅い」とか言う人いますけど、何を根拠に言ってるんだろうか…

 

他にも、10年以上アフィリエイトを続けている人が大幅に増加しているというのは興味深いです。単純に考えて、稼げているから10年以上続けている可能性が高いですよね。稼げていないビジネスを10年も続ける酔狂な人は稀だと思いますから。

 

成果を出している人は3年以上継続している

 

こちらのデータでは、昨年と比べてアフィリエイト収入が増えた人が39.2%。逆に減っている人が11.5%ですから、稼げているアフィリエイターが増えていますね。アフィリエイトの市場は、これからしばらくは伸び続ける可能性が高いです。ほんとに。

 

アフィリエイトというビジネスモデルに関して言うと、成果を出している人は継続年数が長いですね。コツコツ長期間続けている人が、成果を出している傾向が強いです。

 

アフィリエイトは、ネットビジネスの中でも結果を出すまでに時間がかかりますからね。半年以上報酬がゼロというのは、割と普通だったりします。

 

だいたいの人は成果が出ない期間で諦めてしまうんですけど、本当にもったいないですね。有名なマンガにも「諦めたら試合終了」という言葉があるように、ネットビジネスで成果を出したければ諦めてはいけません。

 

こちらのデータをご覧頂くと、継続年数が上がるにつれて収入アップしている割合が高くなっていますよね。はじめて1年未満の人で月収100万円を超えているのは、たった0.5%です。

 

しかし3年目以降から、月100万円を超えている割合が急激に伸びています。3年以上継続しているアフィリエイターの5~6人にひとりが月100万円以上稼げています

 

なぜ、このような結果になるかと言うと、多くのアフィリエイターは検索エンジン対策(SEO)で見込み客を集客しています。

 

SEOでサイトやブログを上位表示させるのは、どれだけ頑張ったとしてもある程度の時間が必要になります。つまり、見込み客を集客して成約に結び付けるまでに時間がかかるということです。

 

しかしブログやメルマガなどの自社媒体を育てていくビジネスモデルは、正しいやり方で継続していると大きなメリットがあります。自分の代わりにブログやメルマガが24時間働いてくれますから、資産として積み上がっていくようなものです。

 

アフィリエイトで成果を出している人は一日3時間以上作業している

 

では、具体的にどれだけの時間を費やせば、アフィリエイトで成果を出すことができるのか?こちらのデータをご覧ください。

 

サイト運営にかける時間が一日3時間以上と答えている人が、27.5%もいます。3時間程度と答えた人と併せると、38.3%になります。アフィリエイターの多くは、毎日相当な作業時間を割いているのですね。

 

さらにこちらのデータでは、収入別でどれだけの作業時間を割いているか表しています。月収100万円を超えているアフィリエイターは、毎日3時間以上の作業をしている人が78.3%もいます

 

これが結論ですよね。高収入になればなるほど、ビジネスに時間をかけているんですよ。だから2~3ヶ月やって「結果が出ない」なんて言うのは、根本からズレた考えなのです。

 

今回のデータはアフィリエイターに絞られたアンケート結果ですが、「時間をかけた方が成果が出やすい」というのは、全てのビジネスに共通していると思いますよ

 

ネットビジネスで月100万円以上稼いでいる人は、一日3時間以上の作業を3年以上続けている。これが成果を出すために必要な基準だということです。

 

「えっ、3年も?」と考えているなら、もっと作業時間を増やせば結果を出すまでの期間は短くなります。一日8時間でも12時間でも費やせるなら、没頭すればいいのです。

 

かなり体育会系の考えになっていますが、個人でビジネスをするなら、時間を費やさないで成果を出すのはほぼ不可能です。副業と言っても、基準値を高く持って取り組む必要があるということですね。

 

まとめ

 

アフィリエイトに限らずネットビジネスで成果を出すためには「時間をかけること」です。自分が楽しいと思えることに人一倍時間をかけていれば、ほぼ確実に抜きん出ることができます。1万時間費やせば、その分野で突き抜けることができると言われていますよね。

 

持っている能力は多少関係してきますが、初心者でも十分挽回可能なのです。重要なのは「楽しいと思えることをする」「人一倍時間をかける(没頭する)」「継続する」ということになります。

 

とは言っても、最初から楽しいと思えることは分からないと思いますから、まずはやってみて適性を判断してみるのが良いと思います。