インターネット集客に必要な2つのもの

 

今回の記事では「インターネット集客に必要なもの」について解説していきます。これからインターネットを活用していく方にとっては、非常に有益な内容になるはずです。

 

スポンサードサーチ

インターネット集客に必要な2つのもの

 

「インターネット集客」と聞いても、初めて活用する方にとっては「よく分からない」という気持ちになると思います。その気持ちはよく理解できます。

 

世の中にはSNSやブログ、ホームページ、メールマガジン、YouTubeなどの動画配信プラットフォームなど様々な媒体があります。それぞれに特徴があり、人によって活用方法も異なります。そして新しいテクノロジーが次から次へと出てきますよね。

 

新しいテクノロジーを取り入れるのは難しく感じますし、覚えるまで労力もかかります。ですから、毛嫌いしているうちに「何をどのように使えばいいのか分からない」という状態になってしまうわけですね。

 

膨大な選択肢の中から自分に合った使い方に落とし込んでいくのは、非常に骨の折れる作業と言えるでしょう。

 

では、私小川がおすすめしている「汎用性の高い方法」について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

大切なのはマーケティングファネルの考え方

インターネットを活用する際に重要になってくるのは、マーケティングファネルの考え方です。別の記事で詳しく解説しているので、まだ目を通していない場合はこちらからご覧ください。

WEBマーケティングにおいて必須!マーケティングファネルという考え方

2017年5月15日

 

まず全体のイメージをお伝えすると、

・SNSなどで認知活動を行っていく。

・ブログで購買意欲を高める記事を作り、見込み客を誘導していく。

・YouTubeでも情報発信を行い、興味を持ってくれた人をブログへ誘導していく。

・SNS、SEO、Youtubeなどからブログに見込み客集めていき、お問い合わせや商品購入に繋げる。

 

大まかに言うと、このような流れになってきます。細かく言うと、他の要素もあるのですが、それは違う記事で詳しく解説していきます。ひとまずは、この流れを押さえておけば大丈夫です。

 

ではこれらについても深掘りして解説していきますね。

 

SNSで認知活動をしていく

まずビジネスにおいて最初のステップとも言えるのが「認知活動」です。つまり相手にこちらの存在を知ってもらう活動ですね。

 

そもそもビジネスは、相手に知ってもらわなければ始まりません。知られていなければ、相手にとっては存在していないのと同義ですから。仕事の依頼が来ることもありませんし、商品やサービスを購入してもらうチャンスもありません。シンプルな理屈ですよね。

 

ですからビジネスでは、まず「知ってもらう活動」をしていく必要があります。言葉を変えると「目立っていく」ということです。それが最初のステップと言えます。商品やサービスの詳しい説明などは、その後の話になります。

 

知ってもらうためには、SNSを活用するのが効果的と言えます。例えばTwitterですとかFacebookなどですね。近年であればインスタグラムなども利用者の多いSNSです。

 

なぜSNSを活用した方がいいかと言うと、効率の良い認知活動ができるからです。SNSには全国、全世界から人が集まって一つのマーケットを形成しています。そして、その規模がケタ外れに大きい。

 

そのケタ外れに大きなマーケットに対して、認知活動をしていけるのは、非常に効率の良い話ですよね。街角に出て、ビラを配るよりもはるかに効率的だと言えます。

 

ただ、SNSだけでビジネスを成立させるのは非常に難しいと言えるでしょう。ビジネスは何かしらの商品・サービスを購入してもらう。そこでようやく対価として利益を受け取れます。

 

商品やサービスを購入してもらうためには、興味を持ってもらい、購買意欲を高める必要があります。認知活動がメインとなるSNSだけでは、商品・サービスが非常に売りにくいということです。そのためSNS以外にも、違う媒体を組み合わせていく必要があるのです。

 

ブログを集客のハブ役にする

見込み客への「興味づけ&購買意欲を高める」ために必要になってくるのはブログです。インターネット集客においてブログは非常に大きな武器になります

 

大きな企業であればブログよりもホームページが主流ですが、個人で活動しているならブログの方が使い勝手が良いと思います。

 

先ほどSNSの認知活動だけでビジネスを成立させるのは難しいとお伝えしましたが、ブログがあることでその状況は一変します。

 

ブログはSNSやYouTube、メルマガなど他の媒体とも非常に相性の良いものです。ですから、ブログをインターネット集客の「ハブ役(中心役)」として活用するのです。

 

なぜ、ブログをハブ役として活用すべきなのか?

 

それは、ブログには他の媒体と比べて優れている点が2つあるからです。

 

ブログが優れている点1:記録保持

 

ブログが優れている点の一つ目は「記録保持」です。

 

ブログは長文や画像、動画の埋め込みなど、記録を保持する機能においてSNSよりも圧倒的に優れています。SNSはタイムラインという考え方があり、過去の投函はあっという間に流れてしまいます。

 

そして流れてしまった投函を遡って探すのは、非常に手間がかかりますよね。しかしブログの場合、カテゴリーやキーワードで記事を探すことが容易です。自分なりにカスタマイズして、読者にとって使い勝手の良いブログを構築することもできます。

 

記録の保持に優れているということは、お客様への興味づけやセールス活動がやりやすいということです。SNSでは渾身の投函をしても、タイムラインの遥か彼方に流れてしまいますが、ブログではずっと残り続けてくれるわけです。

 

つまり渾身の記事を作り、そこに見込客を誘導していけば良いわけですね。

 

ブログに訪れてくれた読者の方の目に入りやすいところに、記事のリンクを設置することもできます。そのため、興味づけやお問い合わせを頂くまでの導線を非常に作りやすいと言えるのです。

 

さらにWordPressなどでブログを作ると、第三者から消されるリスクが非常に低くなります。

 

無料で使えるSNSは、運営側の規約に違反してしまうと、ある日突然アカウントを消されてしまうリスクがあります。Twitterなどは、よくアカウント凍結される人を見かけますよね。

 

せっかくコツコツとアカウントを育ててきたのに、消されてしまっては労力がパーです。しかし独自ドメインやレンタルサーバーなどを用意して、WordPressでブログを作ってしまえば、ハッキング被害に遭わなければ基本的にブログが消されてしまうことはありません。

 

さらに付け加えると、WordPressはGoogleなどの検索エンジンでも上位表示されやすいものです。検索エンジンからの集客も見込めるので大きなメリットがあります。

 

今、Googleを使わない人はいないのでは?と思えるほど、誰もが気軽に検索エンジンを利用しますよね。Yahoo!の検索エンジンもGoogleが提供しているものなので、ほぼ同じものと考えていいです。

 

ですから、Googleを攻略してSEOで上位表示されるということは、インターネット集客において大きなアドバンテージがあるのです。

 

ブログの活用方法としては、SNSで認知活動をした方達をブログに誘導し、自分の販売している商品やサービスに興味を持ってもらう。

 

さらにSEOでも上位表示を狙い、検索エンジンからの集客も積極的に狙っていく。検索エンジンからブログにアクセスした方にも興味を持ってもらえるような記事を作り、商品・サービスの購入に繋げていく。

 

これらがブログの活用方法になります。

 

YouTubeを活用して動画で情報発信をする

一昔前まででしたら、SNSとブログをメインにインターネット集客が出来ていましたが、時流が大きく変化してきました。それは動画配信のプラットフォームが急速にマーケットを拡大してきたことです。

 

一番有名なのはYouTubeですよね。YouTubeで情報発信をしている人は近年急増しています。YouTubeの情報発信で生計を立てている人を「YouTuber(ユーチューバー)」と呼び、職業として認知されるまでになりました。

 

これからますます動画の市場は伸びていくことが予想されます。というより、ほぼ間違いなく伸びるでしょうね。理由は通信回線が5Gになることです。

 

昔は速度の遅い3G回線でしたが、今は4G回線になり、動画もそれほどストレスなく視聴できるようになりましたよね。5Gになると、今の4Gと比べて回線速度が100倍になると言われています。

 

そうなると、ますます動画に対するストレスは軽減されますから、マーケットは急速に伸びていくと考えられます。

 

それに、単純な話ではありますが、文章で情報発信するよりも動画で情報発信した方が情報量が多いですからね。相手に伝わる確率は高くなります。

 

ただ、文字は文字の良さもあるので、ブログはあった方がいいです。テキスト情報をサクッと見たいという層は一定数いますし、簡単な調べものをする際もテキストには優位性があります。

 

ブログと動画の両方を上手に組み合わせていくのが、良い選択だと思います。

 

まずはブログとYouTubeから

今回の記事を読む前でしたら「一体何からスタートすればいいんだ?」「そんなにあれもこれも出来ない」と思っていた方もいたかもしれません。

 

「あれもこれも」と手を出して中途半端になってしまってはいけませんから、これから情報発信をスタートする方は、まずは『ブログ』と『YouTube』から始めるのが良いと思います。

 

この2つは、費用対効果が非常に大きいと判断できるものです。ハブ役になるブログの作り込みと、マーケットが急速に伸びていく動画の市場に参入するのは、大きなリターンが期待できます。

 

まずはブログとYoutubeに集中してください。慣れてきたら、他の媒体にも手を広げていきましょう。それこそ、SNSでブログやYoutubeのコンテンツをシェアしていけばいいのです。

 

これらはフリーランス・個人事業主でビジネスをしている方にとって、大きな恩恵をもたらしてくれる活動です。ぜひチャレンジして頂きたいと思います。

 

動画でも解説しています

※※※準備※※※

 

まとめ

・インターネット集客を行う場合は、活用した方がいい媒体が2つある。

・1つ目は『ブログ』。フリーランスであればブログを活用した方がメリットが大きい。非常におすすめ。

・2つ目は『Youtube』。今後動画のマーケットは今以上に伸びていくので、今から参入して影響力を高めた方がいい。

・まずはブログとYoutubeにフォーカスして取り組むのがおすすめ。慣れてきたら他の媒体にも手を広げていく。

 

ブログと動画は組み合わせることで、相乗効果が期待できます。

 

そして、今後は動画のマーケットが伸びていくことはほぼ確実ですので、ぜひ積極的に取り組んで頂きたいと思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめの記事

ブログやYouTubeを使って半自動的な集客の仕組みを構築する

2019年6月24日