個人事業主が高収益のビジネスモデルを作るべき理由

 

こちらの記事では、フリーランス・個人事業主の方向けに「高収益のビジネスモデル」を作るために必要な考え方について解説していきます。

 

スポンサードサーチ

個人事業主が高収益のビジネスモデルを作るべき理由

 

まず前提として、個人事業主として活動していくのであれば「高単価高収益」のビジネスモデルを構築する必要があります。

 

理由はシンプルで、その方が稼ぎやすいからです。特にフリーランス・個人事業主であれば、自分一人でやらなければいけないことが多いですよね。

 

そのため、薄利多売で商品やサービスを販売しても、バタバタと忙しくなってしまい、その割に手元に大した利益が残らないという状況に陥ってしまいます。

 

安売りをするフリーランスが多い

 

フリーランス・個人事業主の方は、絶対に安売りはしない方がいいです。しかし、藤本さんと一緒に運営しているグループコンサルティングの生徒さんを見ていても、良かれと思って安売りをしている方が多いような印象を受けます。

 

もちろん、独立初期に実績を作るために安く価格を設定するのは良いと思います。安く仕事を受けながら実績を作り、徐々に単価を上げていく。そのような戦略はむしろ推奨できます。

 

しかし、何年も個人事業主として活動していて、それでも安い単価で仕事を受け続けている場合、価格設定を改める必要があるでしょう。

 

私もWEBコピーライターとして、企業様からライティングのご依頼を受けていました。しかし、ビジネスを始めたばかりの頃は安い単価の依頼ばかりを受けていました。

 

少し経ってから「あれ?おかしいな…」と感じるようになったわけですね。なぜなら、書いても書いても対した利益にならないわけですから。

 

そこから徐々に価格を上げていき、少しずつ余裕の持てる状態になっていきました。

 

しかし、そのまま安い価格でビジネス活動を続けていたら、耗してすり切れていたと思います。早い段階で気づけて良かったと思いました。

 

フリーランス・個人事業主で活動している限りは、薄利多売でビジネス戦略を組むのは決して得策とは言えないのです。

 

しかし「理屈は分かるけど、高単価のモノは売れない」と思う方もいると思います。そういう方向けに「原因」と「解決策」をお伝えしていきますね。

 

高単価の商品・サービスが売れない理由

 

理由1:売る自信がない

個人事業主で高単価のモノを売れない方はかなり多いです。「そもそも売り方が分からない」という場合も多いですが、それ以上に「売る自信がない」という場合が多いように感じます。

 

この場合、スキルどうこうという話ではなく、完全にメンタル的な面が起因していますので、ある意味スキル的な部分よりも改善が難しいと言えます。マインドを修正していくのに長い時間がかかる可能性も考えられるからです。

 

ただ、マインド面は一瞬で切り替わることもあるので、ある日突然人が変わったように売れ出すこともあります。この辺りは完全に人によると思います。

 

理由2:『相場価格』という固定概念を持っている

これもよくあるパターンです。「他の会社は○○円くらいだから、うちもこれくらいの価格にしよう」という風に価格を決めてしまうパターンが非常に多いように感じます。

 

お客様によっては、必ずしも安いモノを求めているわけではない。そこを理解する必要があります。

 

多少高くても安全安心で質の高い商品・サービスを求めている方も多いのです。その方達からすると、価格が安すぎると逆に不安になって、購買意欲が削がれることもあるのです。

 

「こんな価格だったら良いサービスなわけがない」と感じてしまうわけですね。

 

あたり前の理屈になりますが、価格が高い方が原価を高くできます。原価が高い方が、質の良い商品を作れますよね。

 

無形のサービスだとしても価格が高いほどサポート体制やアフタフォローが充実している傾向が強くなります。高い価格だからこそ、販売者側もサポート面に労力やコストを投下できるわけですから。

 

人によっては「安い=買う」という意志決定にならないということは、理解しておく必要があるでしょう。

 

理由3:信用を構築していない

 

これは私の持論にはなりますが、ビジネスにおいて最も重要なものは『信用』だと考えています。なぜなら、信用があれば商品・サービスを売ることは簡単だからです。

 

逆に、信用のない人からは、どんなに良い商品であったとしても買いたくないですよね。「良さそうだけどこの人からは買いたくない」と思われてしまったら、何も言い返すことができません。

 

そもそも高単価の商品を売ろうとしていない

 

今までのお話で気づいた方もいると思いますが、高単価の商品・サービスが売れない原因の大部分を占めているのは、メンタル的な要因です。

 

「売る自信がない」

「相場価格はこのくらい」

 

このように考えている方が多いため、そもそも高単価の商品を売ろうとしていないのです。これは非常にもったいないと言えます。

 

逆にマインド面が切り替わってしまうと、一気に高単価の商品が販売できるようになります。多少スキルが低くても、マインド面が変わるだけで劇的な成果を出す人は実際にいらっしゃいますよね。

 

それだけセールスの際にはマインド面が重要になるということなのです。

 

動画でも解説しています

 

▼儲からない個人事業主に決定的に欠けているもの!まだ安売りで消耗してるの?

 

▼フリーランス・個人事業主が利益を残せない決定的な要因!安売りマインドがビジネスを蝕む

※音声を聞いて頂くだけでも内容を理解して頂けるはずです。忙しい方は移動中に音声だけでも聞いて頂けたらと思います。

 

記事のまとめ

・フリーランス、個人事業主の方は『高単価高収益』のビジネスモデルを構築する必要がある。

・フリーランス、個人事業主は、薄利多売は絶対にやらない方がいい。利益が手元に残らないし消耗戦になる。

・まずは高単価の商品、サービスを売るという意識を持つことが非常に大切

 

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、個人事業主として稼いでいくために非常に大切な要素をお伝えしています。

 

参考になれば大変うれしく思います。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事

儲かるビジネスの鉄板法則!収益を最大化させるフロントエンドとバックエンド戦略

2017年5月16日