詐欺的な仮想通貨に騙されないためには?ICOに参加する前に知っておくべきこと

 

最近、スキメシブログでも「仮想通貨(暗号通貨)」について取り上げることが多くなりました。理由は仮想通貨に対しての関心が高まっているということと、「仮想通貨には大きく稼げる可能性がある」という点です。

 

副業として仮想通貨の投資に取り組むのは、選択肢の一つだと思います。少額の資金でも大きなリターンを得られる可能性がありますから。ただ近年、仮想通貨の開発競争は過熱しており、中には詐欺的な仮想通貨も多くあります。

 

何も知識のない状態で投資をしてしまうと、投資した資金が全部無くなることも考えられます。そこで今回の記事では、仮想通貨のICOで騙されないために知っておくべき知識について解説していきます。

 

スポンサードサーチ

仮想通貨のICOが過熱している!?

 

近年「仮想通貨が儲かる」と言われるのは「ICO」の仕組みが関係しています。ICOとは、簡単に説明すると「プレセールで開発中の仮想通貨を安く提供するかわりに、開発元に資金提供してください」というものです。

 

購入者からすると、まだ一般市場に公開する前の仮想通貨を安く購入できますし、開発元からすると仮想通貨の開発費を集めることができるという仕組みです。株式の上場の仮想通貨版みたいなイメージですね。近年は、このICOの仕組みで資金を集める会社が増えています。

 

プレセールという形で、1期、2期、3期と資金を集めていき、資金を集めながら新しい仮想通貨を開発。そして公開という流れです。ただ、最近ではタケノコのようにニョキニョキとたくさんの仮想通貨が出てきていて、もう訳が分からない状態になっていますね。

 

結局、仮想通貨のICOは儲かるのか?

 

多くの方が興味を持っているのは「仮想通貨のICOは儲かるのか?」という点だと思います。結論から申し上げると、ICOに投資することで大きなリターンを得ることは可能です。

 

ICOではありませんが、BitCoinは「1BTC=0.1円」から約30万円を超える値を付けました。つまり約300万倍になっているわけです。1万円投資しているだけでも300億円になる計算です。

 

実際、価格変動の頭から尻尾までを取るというのは現実的ではありませんが、ビットコインに投資して数百億円の資産を築いた人もいるという噂があるくらいです。

 

他にも、ビットコインの後に出てきたイーサリアムやリップルも数百倍の値上がりをしています。過去の事例を見ていると、仮想通貨は数倍どころか、数十倍、数百倍になる見込みがあるわけです。

 

現在ある投資対象の中で最もハイリターンが見込める分野とも言えます。リアルに一攫千金があり得てしまいます。そう考えると、夢のある分野ですよね。

 

仮想通貨は詐欺ではないのか!?

 

いまだに仮想通貨を「あやしい」という人がいますが、そう思っている方はこちらの記事で勉強してください。

 

仮想通貨を「あやしい」なんて言ってたら、時代に置いていかれます。

 

ただ実際に詐欺的な仮想通貨も存在しています。ICOの仕組みを利用して、資金を集めるだけ集めて、計画的に倒産する会社もあるくらいです。完全に仮想通貨をお金儲けだけに利用しているパターンですね。

 

しかし、開発側が意図的に詐欺行為をしようとしていなくても、結果詐欺として見られてしまうパターンはあります。例えば、開発側も全力で良い仮想通貨を作っている、しかし全然普及しなくて結果換金できずに終わってしまうパターンです。

 

換金できない仮想通貨は、電子上の数字と変わりません。実質、投資した資金が無くなるのと同じ状況になります。全力で開発しても、その仮想通貨が広まらないということは全然あり得るわけですね。

 

これは単純に開発側が事業に失敗したということなので、詐欺とは言えません。しかし、投資した人からすると出したお金が全部無くなるわけですから、詐欺的な仮想通貨に手を出したのと結果は同じになります。ですから、「詐欺だ!」という印象が強くなってしまうわけです。

 

そんな悲劇に見舞われないためにも、投資する仮想通貨の特性を理解しておく必要があります。

 

詐欺仮想通貨に騙されないために

 

では、仮想通貨のICOに参加する際、どのようなポイントに気をつけておくべきなのか?

 

選択する際の“指標”を持つのは大切なことです。一口に仮想通貨と言っても、大きく分けて3タイプの通貨に分かれてきます。その3タイプの特徴を理解した上で、参入した方が良いと言えるでしょう。

 

1.通貨として価値を持たせることを目的にしている仮想通貨

2.ビジネスへの参加を目的にしている仮想通貨

3.稼げる仕組みに目的を置いている仮想通貨

 

順番に詳しく解説していきますね。

 

1.通貨として価値を持たせることを目的にしている仮想通貨

 

まず一つ目のタイプですが、「通貨として価値を持たせることを目的にしている仮想通貨」です。これは本質的な視点で仮想通貨を開発していると言えますね。

 

「この仮想通貨の機能が受け入れられて世の中に広まっていくのか?」

 

そもそも通貨というものは、大前提としてたくさんの人に利用してもらうことで価値が高まります。通貨が通貨として機能するのは「他の物との交換機能」があるからですよね。

 

使っている人が少ないと、その交換機能を活用できるところが少なくなるので、通貨としての価値が著しく下がってしまいます。

 

「開発した仮想通貨によって今よりも便利になる」⇒「沢山の人に利用してもらう」⇒「市場が拡大する」⇒「通貨としての価値が高まる」⇒「発行者も稼げる」

 

という流れになります。通貨としての本質を考えるのであれば、このパターンが最も王道と言えます。

 

2.ビジネスへの参加を目的にしている通貨

 

最近増えてきているのが「ビジネスへの参加を目的にしてる仮想通貨」です。このタイプは仮想通貨というより、特定のビジネスに参加するための権利をコインとして発行している形になります。

 

ですから通貨としての機能性や利便性に重きを置いているのではなく、発行者がコインの価値を上げていくために、ビジネスへの参加権利と抱き合わせで仮想通貨を発行しています。

 

ビジネスへの参加者が増えれば、仮想通貨の保有者も増えるので価値が上がっていき、リターンが得られるという構図です。

 

「仮想通貨を持っているとビジネスへの参加権利がある」⇒「ビジネスに参加すると稼げる」⇒「多くの人にその仮想通貨を広める」⇒「多くの人に広まっていくと、その仮想通貨を利用したサービス展開も広がる」⇒「コインの価値も上がる」⇒「仮想通貨の発行者やビジネス参加者にリターンがある」

 

という流れになります。

 

このタイプで注目しなければいけないのは、仮想通貨の利便性や機能面より「展開するビジネスにどれだけの将来性があるのか?」という点です。

 

ビジネスが軌道に乗らない場合、ビジネスへの参加権利として保有していた仮想通貨の価値も上がりませんし、仮想通貨を換金できないリスクも高くなります。このタイプの仮想通貨は、換金できたとしても手数料が非常に高いケースが多いですね。

 

さらに、ビジネスへの参加を目的としている仮想通貨は、いわゆる「詐欺コイン」になるケースが多いです。もちろん、このタイプの全てが詐欺コインということではなく、真っ当に行っているところもあります。

 

しかし、変なビジネスを「稼げるから」と言って広めてしまった場合、本人の信用を失ってしまうリスクもありますから、後先考えずに参加していい仕組みではありません。ビジネスモデルを見極めることが非常に重要であると言えます。

 

3.稼げる仕組みに目的を置いている通貨

 

このパターンで一番多いのが、ネットワークビジネス(MLM)の仕組みを使って仮想通貨を広めていることです。最近流行っていたHYIP(ハイプ)と呼ばれる投資案件も、このタイプに属すると言っていいと思います。

 

HYIPという言葉を初めて聞く方もいると思うので簡単に解説すると、少額の資金でも“高利回り高配当”を得られる投資案件のことです。

 

『High Yield Investment Program(ハイ・イールド・インベストメント・プログラム)』の略で、ハイ・イールドとは高利回りという意味です。1日あたり1%~5%など、通常では考えられないほどの高利回りが特徴です。

 

少額の資金でも参加できますし、自動的に資金が増えていくので、そこだけ切り取って聞くと“おいしい話”に思えてしまいます。しかし、リスクのない投資というのは存在しませんから、当然このタイプの仮想通貨にもリスクはあります。

 

投資をしてから一定期間は元金の引き出しはできませんし、さらに運営会社が突然サイトを閉鎖することもあります。中には、最初から投資家を騙すために運営している悪質なところもあるくらいです。

 

こういう案件は海外サイトで運営されているため、サイトが閉鎖されて出金できなくなっても、日本人は泣き寝入りしなければいけないケースがほとんどだったりします。

 

ちょっと前にも有名なHYIP案件が、サーバー攻撃を受けたことにより、サイトが壊滅的なダメージを受けました。結果、投資していた人は資金を回収することができず、塩漬け状態になってしまったのです。

 

HYIPは、投資を開始した時期や出金のタイミングによっては、短期的に稼げる場合もありますが、後半に参加した投資家ほど“ババ”を引くケースが多く、資金を失うリスクが高くなります。

 

もちろん、このタイプの全てが詐欺的な仕組みということではありませんが、海外で運営されているという点と情報の真偽が確かめにくいという点から、投資の透明性は極めて低いと言えます。

 

先ほどもお伝えしたように、ネットワークビジネス(MLM)の仕組みと組み合わせていることが多く、MLMの報酬を期待して参加する人も多いのでしょう。

 

ただ高利回り高配当を期待し過ぎて、あまり理解しないまま資金を溶かしてしまった方も多いので注意が必要です。

 

結論!オススメの仮想通貨は?

 

上記の3パターンで最もオススメなのが「通貨としての価値を持たせることを目的にしている仮想通貨」です。長期的な視点で考えると、このタイプの仮想通貨が普及して残っていく可能性が高いと思います。

 

先ほどもお伝えしたように、通貨の本質的な価値というのは「他の物との交換機能」です。

 

例えば日本では「円」という通貨を発行しているわけですが、日本国内であればどこでも円を使って買い物ができます。この交換機能に価値があるわけです。

 

円は、日本国内ではほぼ100%のお店で使えて利便性抜群ですが、海外に行くとどうでしょう?円が使えるところは極端に少なくなりますよね。この交換機能の使えるところが少ないと、利便性も極端に落ちてしまうわけです。

 

つまり、通貨が高い利便性を保持するためには、多くの人に利用してもらわなければいけません。日本国民のほぼ全員が円を使っているため、日本国内での円の利便性は高いわけです。

 

この理屈は、仮想通貨でもそのまま当てはまります。100人しか使っていない仮想通貨と10億人が使っている仮想通貨を比べたら、利便性には雲泥の差が出てきます。当然、利便性の高い通貨の方がいいですよね。価値の交換がしやすいですし、流動性も確保できるわけですから。

 

ですから、ICOの仮想通貨を購入する際も「世界中に普及してたくさんの人が使う通貨になるのか?」という視点は絶対に外してはいけません。そもそもそれが通貨としての価値になるわけですから。では「たくさんの人が使う通貨」というのは、一体どういうものなのか?

 

それは、より利便性が高い通貨です。ビットコインが使われ始めたのは、世界中どこにいても圧倒的に安い手数料で送金できる「送金機能」が人々の心を捉えたからです。ビットコインよりも後に出てきたイーサリアムが使われ始めたのは、ビットコインにはなかった「スマートコントラクト」という契約の自動執行機能が受け入れられたからです。

 

歴史を振り返っても、人間はより便利な方に流れていきます。歩くのが疲れるから自動車や飛行機に乗りますし、公衆電話よりも携帯電話の方が便利だから使うわけです。仮想通貨も同じで、より便利な通貨を使おうと考えるのは当然の人間心理と言えます。

 

現状では、ビットコインやイーサリアム、リップル、XEMなどの仮想通貨が伸びていて、一通り主要な機能は網羅しています。これから登場する仮想通貨は、より高性能で利便性の高いものでなければ、存在価値はないわけです。

 

今、確認されている仮想通貨だけでも600種類以上。これから公開するものも含めると2,000種類以上あると言われています。正直、そんなに沢山の種類の仮想通貨があっても使わないですよね。極論を言えば、完璧な仮想通貨が1種類あればいいと思います。

 

しかし、まだ仮想通貨で覇権を取っているものはないので、今まさに仮想通貨戦国時代と言える状況になっています。

 

これからICOで公開する仮想通貨は、何に価値を持たせているコインなのか?世の中に受け入れられて、本当に普及する仮想通貨になるのか?その見極めが非常に重要だと言えます。

 

小川の個人的な見解

 

正直、僕はネットワークビジネスの仕組みを取り入れた仮想通貨は好きではありません。そもそも2番目と3番目のタイプは、仮想通貨と呼んでいいのかも微妙なラインですし。

 

ICOは、仮想通貨の開発資金を集めるのが目的です。それなのにわざわざMLMの仕組みを使うのはなぜ?と思ってしまいます。MLMの仕組みの特徴は、口コミによる拡大性を利用して情報を伝播させていくことです。それを他馬力の仕組みにすることで、加速度的に情報伝達のスピードが増していきます。

 

MLMの仕組みは物として商品のあるビジネスだと、取り入れる利点が多いので理解できるのですが、この仕組みを仮想通貨に取り入れる理由が全然理解できません。

 

なぜなら、ネットワークビジネスに参加する人達に、かなりの割合で報酬の分配をしていくことになるわけです。中には集まった資金の約60%を代理店に吐き出す仕組みもあります。

 

仮想通貨を広める代理店の人達は稼ぎやすくなるので、その報酬を期待して参加するのはその人の判断です。ただネットワークビジネスの仕組みにすると、技術力の高い仮想通貨を開発して世に普及させるという本質的なところからはズレていくと思います。

 

ネットワークビジネスの仕組みにせずに、普通のICOで開発資金を集めた方が良いのでは?と僕は考えています。

 

単純にお金儲けのための仕組みになってしまうので、その仕組みで資金が集められても、開発された仮想通貨が本当に良いものなのかは疑問が残るところです。僕の好き嫌いは抜きにして、別に違法なことをしているわけではありませんから、それはそれでいいのですが…

 

ただ、僕は仮想通貨とネットワークビジネスの仕組みが合体したものには、手を出さないようにしています。正直、かなり否定的な見方をしています。

 

周りにビジネスとして取り組んでいる人もいますから、あまり過激なことを書くと反感を買いそうで嫌なんですけどね。でも、僕はそのように思っています。ブログには嘘を書きたくないので、正直に書かせて頂きました。

 

まとめ

 

今回は詐欺的な仮想通貨に騙されないために、知っておくべきポイントを解説していきました。これだけ沢山の仮想通貨が出てきていますから、当然変な仮想通貨もあるということですね。

 

詐欺的な仮想通貨に投資をしてしまうと、投資した資金が全部無くなってしまうのでくれぐれも注意してください。

 

ただ…

しばらくの間は、ある程度見込みの高い仮想通貨に関しては、価格は上がっていくのだと思います。それだけマーケットが拡大していますから。

 

先ほどもお伝えしたように、歴史を見ていても人は便利な方に流れます。送金や決済など、今の円よりも便利な点がありますから、仮想通貨を使う人が増えるのは容易に想像がつきます。つまりマーケットが拡大し、仮想通貨の価格も全般的に上がりやすくなっていくということです。

 

【仮想通貨は便利】⇒【使う人が増える】⇒【価値が上がる】

 

このようなシンプルな流れです。もちろん、似たような機能がある仮想通貨は、機能性や利便性が低いものから淘汰されていくと思います。しかし、変な仮想通貨に投資しなければ、リターンを得られる確率は高いと言えるでしょうね。

 

仮想通貨のICOに投資をする際は「最悪、全部無くなってもいい」と思えるくらいの余剰金で参加するべきです。投資は自己責任ですから、投資対象を見極める目を養ってくださいね。