小川晃司が犯したビジネスを遠回りさせる4つの過ち

 

「最速最短で結果を出したい」

これは副業に取り組むすべての人が望んでいることだと思いますせっかくビジネスに取り組むのであれば、遠回りせずに最短で成果を出していきたいですよね。

 

僕もそう思っていましたから、お気持ちは痛いほど理解できます。これから副業でビジネスに取り組むのであれば、お勤めの隙間時間を使って活動するわけですから、早く結果を出したいと考えるのは当然のことだと思います。

 

しかし、実際に副業に取り組んでも素早く成果を出せる人は一握りです。僕も散々遠回りをして、少しずつ成果が出るようになってきました。

 

今振り返ると「なんでだろな?」と。疑問に思ったわけです。そして、振り返って考えてみました。結果、僕が遠回りを繰り返した理由は4つあるなと。

 

今回の記事では、僕が成果を出せずに遠回りを繰り返した4つの理由について解説していこうと思います。

 

小川が犯したビジネスを遠回りさせる4つの過ち

 

では、順番に解説していきますね。重要な話ですから、ぜひ昔の僕の真似はしないで頂きたいと思います。

 

過ち1:最初から我流で取り組む

 

まず僕が犯した最大の過ちの一つは、我流でビジネスに取り組んだことです。これは今考えても、大反省していることです。もしあなたが副業初心者なのであれば、我流でビジネスに取り組んではいけません。高確率で失敗します

 

我流でもうまくいく人はいますが極々少数です。僕を含めて大多数の人は、我流でビジネスに取り組んでも結果は出ません。大きく遠回りをすることになります。

 

それでも「自分なりに」「俺流で」「独自にやりたい」と考える人もいるでしょう。では、一つ例を出しますね。

 

例えばあなたが「早急にテニスを上達しなければいけない状況」に追い込まれたとします。「3ヶ月後に開催されるテニス大会に優勝する」と友人と約束をしてしまったからです。しかし、あなたはテニスの初心者です。優勝できなければ、過酷な罰ゲームが待っています。

 

そんな状況に追い込まれた時、我流でテニスを学びますか?

それとも一流のコーチを探して指導してもらうでしょうか?

もっと言うと、前者と後者のどちらが早く上達するでしょうか?

 

答えは明白ですよね。一流のコーチに指導してもらった方が圧倒的に早く上達します。なぜなら、テニスを早く上達させる方法を知っているからです。

 

だったら、自分が一から我流で学ぶより、先人の知恵を借りた方がいいに決まっています。すでにあるものは、最大限活用しましょう。

 

だって「今からiPhoneを作ってください」と言われても、ほぼ無理ですよね。天才と言われる方達の叡智が結集してテクノロジーはうまれているわけです。ビジネスにも全く同じことが言えます。うまくいっている人の考え方、やり方を真似た方が早いのです。

 

変なプライドを持っていると、僕のように遠回りすることになりますから、すでに実績を出している人、先生と呼べる人のアドバイスは素直に聞いた方がいいのです。

 

過ち2:孤軍奮闘する(相談相手がいない)

 

副業でビジネスに取り組む時に陥りがちなのが、孤軍奮闘するということです。つまり相談相手がいない状態で頑張り続ける状況ですね。この状況でモチベーションを維持して、成果を出すのは想像以上に大変です。

 

人間の意志は弱いものです。自分一人で頑張っていても、分からないことや壁にぶつかると「もういいや」と諦めやすくなります。壁にぶつかった時に相談できる相手がいると、ビジネス展開は全然違ってきます。適切な助言者からアドバイスを得られる環境は、きちんと作った方がいいでしょう

 

ただ、孤軍奮闘しない方がいいと言っても、群れれば良いということでもありません。誰彼構わず会っていると、ビジネスの時間が奪われてしまいます。孤軍奮闘しない=適切助言者や先生との時間に投資する」ということですね。

 

さらに副業スタート時は、生産性のない時間、飲み会、集まり、人脈などは、優先順位を下げなければいけません。

 

「ビジネスの優先順位を上げる=生産性のないことへの優先順位を下げる」

 

これらを日々実践していければ、自ずと成果に近づいていけるでしょう。

 

過ち3:無料の情報だけで成功しようとする

 

これも副業初心者が陥りがちなところですが、無料の情報だけで成功しようとするのもオススメできません。確かに今の時代は、ネット検索やYouTubeなどを見ていても、優良の情報が無料で手に入ります。それだけを見ていても、かなり勉強になります。

 

しかし無料の情報には“欠点”があります。それは体系だったノウハウになっていないことです。断片的には良いことを言っているのですが、それだけで成果を出すのは極めて難しいのです。

 

もちろん、不可能ではありませんよ。時間をかけて学べば無料の情報でも成果を出していけるでしょう。しかし、圧倒的に遠回りになります。最短で成果を出したいなら、身銭を切って結果を出している人から学んだ方が早いのです。

 

やはり「投資感覚」がない人は、成果を出すのは難しいなと。そう思います。

 

よくあるのが「稼いだら●●します」というパターンです。今はお金が無いから「お金を稼いだら教材を買います」、「スクールに入ります」という回答ですね。気持ちは理解できますが、順番が逆なんですよ。

 

この理屈で言うと「車が運転できるようになってから教習所に通います」「英語を話せるようになってから英会話教室に通います」と言っているのと本質的には同じことです。

 

何事もそうですが「投資が先、リターンが後」なんです。逆は絶対にないわけですよ。確実にリターンがないと投資できないというのは、かなりズレた考え方なのです。

 

だって、「プロ野球選手になれるなら野球をやる」と言っているようなものですから。そんなバカな話はありませんよね。

 

確実なリターンがなければ投資をしない。そういうマインドの人は、いつまで経っても現状から抜け出せないわけです。時には、多少無理をしてでも投資をしなければいけない場面があるのです。

 

過ち4:複数の人から同時に学ぶ

 

これもよくやりがちなミスですが、複数の人から同時に学ばない方がいいです。基本的には一人に絞って学んだ方が効率がいいです。結果を出している人も、十人十色です。思考も行動も違いますし、指導スタンスも違います。

 

複数の人から学ぶと「Aさんはこう言っている。でもBさんは違うことを言っている」という風になるので、頭が混乱するんですよね。できる限り先生は絞って学び、シンプルに実践した方がいいです。情報があり過ぎても混乱しますからね。何事もシンプルが一番です

 

まとめ

 

上記に挙げたのは、僕自身が実際に経験したことです。この4つの過ちによって、僕は散々遠回りを繰り返してきました。

 

当ブログを読んでくださっているあなたには、僕と同じミスをしないで頂きたいと強く願っています。参考になれば嬉しい限りです。