「やばっ」と思った次の瞬間には死んでた可能性もあったわけです

 

昨日は、セミナーに
参加してくださった方と
個別面談を実施しました。

 

 

 

やはり個別面談をすると
相手のことがよく分かるので

より具体的な問題解決の
方法を提案できますね。

 

 

個別面談は友人の
フジケンさんにも

同席して頂いたのですが、

色々と気づかされる部分が
ありました。

 

フジケンさんのブログ「作文教室ゆう」

 

 

フジケンさんの
動きを見ていると
事前準備をしていますし、

ゴール(契約)に向かって
ブレずに話をしてくれたのが
印象的でした。

 

 

フジケンさんを見ていると

「お客様を救うためには、
 売り切らなければいけない」

と言っていた裕治郎さんの
言葉を思い出します。

 

 

結局、ビジネスの根本は
悩みや問題を解決する
対価としてお金を頂くことです。

 

 

つまりお客様の抱えている
“不”を解消してあげる。

 

 

これがビジネスの根幹であれば
僕がお客様に売ってあげないと

お客様は問題に苦しみ続ける
ことになります。

 

 

売らないことが正義ではなく
売ることが正義。

 

そのマインドがバチッと
入っている人は強い。

 

フジケンさんを見ていて
頭をハンマーで殴られたような
衝撃を受けました。

 

 

マインドがビジネスにおいて
8割を決めると言われていますが
本当にその通りだと思います。

 

 

マインドという単語で
思い出しましたが、

先日、自転車に乗ってて
派手に転んでしまいました。

 

 

それほどスピードを
出してはいなかったので
大事には至りませんでした。

 

しかし、もしスピードを
出していたら、

骨の1本や2本は確実に
折れていたと思います。

 

 

なぜ、33歳の大人が
自転車で転んだのかというと…

 

目の前に虫が飛び出してきて
びっくりして急ブレーキを
かけわけです。

 

 

すると、後輪が浮いて

「やばっ」

と思った瞬間には
そのまま前方に転がるように
転倒してしまいました。

 

 

スピードを出していて
頭から落ちていたら

リアルに死んでいた
可能性もあります。

 

 

実際に自転車の転倒で
亡くなる方もいますから。

 

 

でも虫にビビッて転ぶとか
本当に恥ずかしい。

 

確認のために言いますが
一応、33歳です。

 

 

転んだ時にバッグも
地面に叩き付けられました。

 

 

バッグにパソコンが
入っていたので、

壊れていないか
ヒヤヒヤしましたよ。

 

 

これでパソコンが壊れて
データが飛んでしまったら
本当にシャレになりませんから。

 

起動させて今も使っていますが
一応、何ともないようです。

 

 

何が言いたいかというと、

 

人生、いつどこで
何が起こるか分からない

 

ということです。

 

 

今回のように自転車で
転んでいなかったとしても

いきなりパソコンが
クラッシュすることが
あるかもしれませんし、

ケガや病気で動けなくなる
可能性もあります。

 

 

つまり人生でもビジネスでも
リスク管理」が非常に
大切になってきます。

 

 

何かが起こってからでは遅い。

 

 

「自分には悪いことが
起こるわけがない」

 

と考えて、いざという時に
後悔するのではなく、

リスク管理を行って
何かが起こった時にも
迅速に対応できるようにする。

 

 

この心構えが大切です。

 

 

と言いながら、

最近はデータのバックアップを
全然取っていなかったんですけどね。

 

 

データが飛んでいたら
意気消沈どころでは
済みませんでした。

 

取り急ぎバックアップを取って
リスク回避します。

 

 

あなたもお気をつけくださいね。

 

「いざという時」が
起こってしまってからでは
遅いですからね。

 


好きなことでメシを食うには?


「好きなことが分からない」「好きなことでビジネスモデルを組み立てられない」「実際に稼ぐことができない」

9割以上が挫折する3つの壁を乗り越える方法を徹底解説!

そして、急速に進化している『人工知能』に奪われない仕事とは!?