今さら聞けない仮想通貨の基礎について解説!ビットコインって一体なんなの?

 

近年、多くの関心が集まっている「仮想通貨(暗号通貨)」。一昔前は「怪しい」と言われていた仮想通貨ですが、今では知らない人の方が少なくなっていると思います。

 

ただ「仮想通貨って言葉は聞いたことあるけどよく分からない」「ビットコインってなに?」と思っている人も少なくないはず。そこで今回は、今さら聞けない仮想通貨について詳しく解説していきますね。

 

仮想通貨(暗号通貨)とは?

 

日本では仮想通貨という言葉が一般的ですが、英語表記では「Crypto Currency(クリプト カレンシー)」になるので、直訳すると「暗号通貨」となります。より正確な表現の方がいいと言えばいいのですが、仮想通貨の方が検索数が多そうなので、今はそっちの表現で解説したいと思います(姑息ですみません)。

 

仮想通貨を簡単に説明すると「インターネット上に存在する電子的な通貨」です。一般的な紙幣や貨幣のように、物としてお金があるわけではないので「仮想通貨」「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれているわけです。

 

「デジタル通貨」と表現すると、日本で広まっている楽天EdyやSuica、nanaco、au WALLETなどを思い浮かべるかもしれませんね。ただ、電子マネーと仮想通貨を比べると明確に違う特性を持っています。

 

・法定通貨と換金できる

・暗号化と分散技術で通貨の改ざん、不正、消失を防止している

・特定の国家や銀行に依存しない仕組み

 

このような特徴を持っているのが仮想通貨です。電子マネーは、法定通貨から電子マネーに変えることはできますが、電子マネーから円やドルなどの法定通貨に変えることはできませんでした。

 

そして、仮想通貨で特徴的なのは、国や銀行に依存しない(中央集権型ではない)分散型の管理システムブロックチェーンによる暗号化技術です。これらの特徴によって、電子マネーと仮想通貨は線引きをされているわけですね。

 

なぜ仮想通貨が“通貨”として機能するのか?

 

通常、円やドルなどの通貨は、国の中央銀行が発行します。国の中央銀行が発行しているという信用がベースとなり、通貨としての価値が保たれているわけですね円の場合、日本国や日本の銀行が換金できることを保証してくれてるため、通貨として成り立っています。

 

しかしビットコインは、特定の国家や銀行に依存せず通貨としての役割を果たせます。ただ、ここで疑問も出てくると思います。

 

「円のように国が価値を保証してくれているわけではないから、通貨として成り立たないのでは?」こう思ったあなたは、かなりするどい。

 

そもそもお金がお金として機能するのは、「信用」をベースに「お金が他の物と交換できる」という交換機能があるからです。この交換機能に価値があるわけで、信用がベースになければ「交換」という重要なところが機能しません。

 

日本円の場合、日本国内であれば100%に近いお店で、この交換機能が使えます。それは、日本銀行が発行しているという信用があり、日本人はその信用をベースに円で取引しているのです。逆に、日本が破綻するようなことになれば、円の信用は失墜するので、円の取引は正常に行われなくなります。

 

極端に言うと、取引する人同士が納得できる通貨であれば、別に円で無くても取引は成立するわけですね。仮想通貨の場合は、システムを作り上げている技術への信頼で、通貨としての価値が高まります

 

通貨は“信用”をベースに成り立っていますから「この仮想通貨は信用できる」と一定数以上の人が思った段階で、通貨として成立するのです。

 

仮想通貨を知るにはBitCoin(ビットコイン)を理解しよう

 

仮想通貨を語る上で欠かすことのできないのが「BitCoin(ビットコイン)」です。一番最初に誕生した仮想通貨であり、現在の仮想通貨で最も取引量が多く、最も有名なのがこのビットコインです。

 

ビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト(中本 哲史)」という人が書いた1本の論文から誕生していると言われています。

 

暗号通貨の技術的な議論をするメーリングリストがあり、そこに『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)』という論文が投函されました。その論文を投函したのが「サトシ・ナカモト」という人物のようです。

 

その論文を見た研究者やプログラマーが「これは面白い!」と触発されて、有志が集まって作られたのがビットコインなのです。結果、2009年にビットコインが発行されることになりました。ただ、ビットコインは経済活動をするためにではなく、論文に書かれているビットコインが仮想通貨として正常に機能するのか?何か問題点はないのか?

 

それらを検証するために開発されたようです。ちなみに、サトシ・ナカモトがどこの誰なのか分かっていません。公表されていないので、正確には日本人かどうかすら不明です。

 

では、なぜビットコインがここまで注目を集め、広まっているのか?そのポイントについて解説していきます。

 

P2P(ピアツーピア)による中央集権型ではない通貨

 

先ほど、一般的な通貨は国の中央銀行が発行しているという説明をしました。中央銀行がお金を発行し、国が管理しているというのは、いわば中央集権型の仕組みで通貨が発行されているということです。

 

中央集権型の仕組みの問題点は、極端に言うと、一部の権力者の都合で通貨の発行量などをある程度自由に調整されてしまうということですイメージで言うとこんな感じ。

※注:あくまでイメージですよ。

 

おそらくこの記事を見ている人の中にも、今まで日本円がどれくらい刷られているのか、正確に把握している人はいないと思います。中央集権型の仕組みになると、透明性が無くなっていくのです。

 

しかしビットコインでは「P2P(ピアツーピア)」という方法で取引を行います。簡単に言うと中央のサーバーが無く、端末間を相互に直接接続してデータを送受信する方法です。

このようにP2Pでは、中央のサーバーで取引を管理していません。中央のサーバーを経由すると、そこから情報をダウンロードしたり、なにかと二度手間になりますが、そういう手間が省かれているということです。

 

さらに、ビットコインの取引記録は公開されているので、中央集権型の仕組みと比べて非常に透明性が高いと言えるのです。

 

ブロックチェーン技術で万全のセキュリティ

 

P2Pと並んでビットコインが画期的と言われるポイントが「ブロックチェーン」という技術です。ブロックチェーンとは「ビットコインをどのアドレスからどのアドレスに送ったのか」という取引が記録されているデータベースのことです。

 

この取引のデータベースは、中央集権型のように1つのサーバーに保存されているのではなく、BitCoinネットワークに参加しているコンピュータに分散して保存されていますつまり、全く同じ取引台帳がいくつものコンピュータに保存されているわけですね。

 

銀行やWEBサービスは、サーバー攻撃を防ぐために多額の費用を払い対策を講じています。しかしビットコインの場合、中央のサーバーが無いため攻撃されることがありません。

 

ハッカーの立場からすると、BitCoinネットワークに参加している全端末を一斉に攻撃しなければいけないですから、事実上不可能ということになるわけです。この仕組みが「ビットコインはハッキング不可能」と言われているゆえんなのです(もちろん、個人のウォレットからビットコインを盗まれるリスクはあります。それは別の話になるので割愛します)

 

ブロックチェーンでは、10分間の取引記録(トランザクション)を1つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーンのように繋げて保存していきます。これが「ブロックチェーン」と呼ばれるゆえんですね。実際にブロックがあるわけではないので、イメージとして捉えて頂けると良いと思います。

 

ビットコインの凄いところは、

 

取引記録を分散管理している」+「取引記録がオープンソース(公開されている)」+「チェーン状に取引記録を繋げている

 

これらの仕組み(P2Pとブロックチェーン)を組み合わせることで、透明性が高く、セキュリティの高い仕組みを実現させているのです。先ほどもお伝えしたようにハッキングはもちろんのこと、データの変更や改ざんも実質不可能にしているわけです。

 

イメージで言うと、ボードゲーム版の人生ゲームのようなものです。ボードゲーム版の人生ゲームでは、お金のやり取りをする時は、参加プレーヤーの目の前で行われますよね。あのように極めて透明性の高い取引ができるのが、ビットコインの特徴と言えます。

 

今までの通貨の概念を覆す画期的な発明と言えますね。

 

BitCoin(ビットコイン)のメリット

 

ではここで、ビットコインのメリットについても簡単に解説していきます。

 

個人間で直接送金ができる

ビットコインが便利なところは、銀行などを仲介することなく、個人間で直接送金のやり取りができることです。スマホにビットコインのウォレット(財布のようなもの)を入れておくと、誰でもビットコインの取引ができます。

 

送金手数料が非常に安い

ビットコインは仲介する組織が存在しないので、手数料が非常に安く済みます。銀行を通して送金する場合、数百円取られることもありますよね。

 

ただビットコインは、数円から数十円の送金手数料で済みます。個人間の取引で、この差は大きいと言えます。海外に送金する時は、通常の送金手数料よりも跳ね上がりますし、手続きも結構面倒です。

 

しかし、ビットコインは海外にいる人にでも、非常に安い手数料ですぐに送金できますから利便性が高いのです。

 

監視や制限がない

ビットコインは、国や銀行が管理しているわけではないので、面倒な手続きや制限が存在しません。国によって通貨の単位が異なるということもありませんから、世界中どこでも同じ概念で取引できるというメリットがあります。

 

さらに中央銀行が関与していないということは、日本が財政的に破綻したとしても、ビットコインの価値は保たれるわけです。つまり、リスク分散することができるということです。

 

中央銀行が発行している通貨は、国の信用が落ちると連動して通貨の価値も下がります。そこを回避するためにビットコインを活用するのは一つの手だと思います。

 

ビットコインで億万長者が続出!

 

このようにビットコインにはいくつもメリットがあり、使う人が徐々に増えていったわけです。ただ、ビットコインが誕生したばかりの時は「あやしい」と言ってほとんどの人が見向きもしてませんでした。

 

そこから悪い人達が取引に使い始めたのがきっかけで、急速に広まっていきました。スタートした時は「1BTC=0.1円」だったのが、今では1BTCで20~30万円の値をつけています。

 

つまりスタート時から比べると300万倍ということですね。信じられないくらい価格が上がっています。日本人でも1BTCが数十円の時に話を聞いている人もいるはずですから、その時に購入していれば1万倍以上も価格が上がったことになります。10万円投資しているだけで10億円になる計算ですから、それだけで億万長者です。

 

これは噂話なので本当かどうか分かりませんが、ビットコインで数百億円の資産を築いた人もいるようです。そのような経緯もあり「仮想通貨は儲かる」という話が急速に広まっていくわけです。

 

BitCoin(ビットコイン)にも欠点が…

 

ここまでの話を聞くと「ビットコインはすごい!」というイメージを持つ方もいると思います。しかし、ビットコインにもいくつか弱点があります。その点も踏まえた上で活用した方がいいでしょう。

 

現状ではまだ利便性が低い

最近では、ビットコインが使えるお店などが増えてきましたが、円などと比べるとまだまだ少ない状況です。使えるところが少ないということは、通貨の本質的価値である「交換機能」が弱いということです。その点については、今後の広まりを期待したいですね。

 

ボラティリティー(価格変動の度合い)が大きい

ボラティリティーというのは、価格変動の度合いを示す言葉です。基本的に、仮想通貨はこのボラティリティーが大きいです。つまり価格変動の幅が大きいということですね。

 

このボラティリティーが大きすぎると、通貨としての使い勝手が悪くなってしまいます。仮に今日100円の価値があった通貨が、明日80円になったとします。保有している人からすると「えっ!?いきなりこんなに価値が下がった!」となりますよね。

 

円やドル、ユーロなどの値動きと比べて、仮想通貨は価格変動の度合いが非常に大きいと言えます。仮に1ドル100円だったと仮定して、1日でいきなり1ドル120円にはなりませんよね。しかし、ビットコインでは20~30%程度の価格変動は、1日で起こる可能性があります。

 

これはビットコイン決済を導入している店舗にとっても、リスクと言える部分です。なぜなら、ビットコインで10万円分の支払いを受け取ったとしても、翌日8万円のなっているリスクがあるわけですから(もちろん逆にプラスになる可能性もありますが)。

 

通貨として安定的に取引で使うためには、ボラティリティーがもっと落ち着いてくる必要があると思います。

 

送金時間が掛かる

銀行の海外送金などと比べると圧倒的に便利なビットコインですが、実は意外と送金時間が掛かります。これはビットコイン取引の承認作業にかかる時間が関係しています。

 

ビットコインは、1ブロックの容量が1MB程度で、1ブロックの中に約3000件程度の取引データが格納されています。1ブロックを10分で生成することから計算していくと、1秒あたり5件程度の取引しかできないことになります。

 

最近登場している新しい暗号通貨は、1秒間で300件程度の取引ができますから、相当スピードが遅いことになります。ちなみにですが、VISAなどのカード決済の場合、1秒間で65000件の取引ができるようです。

 

カード決済と同じように比べるのは少しズレているかもしれませんが、利便性の部分で考えると、ビットコインの取引スピードは遅いということになりますね。

 

法定通貨に変える時の手数料が高い

ビットコインを法定通貨(円やドル)に換える時、または法定通貨をビットコインに換える時には「取引所」を使って交換します。「ビットフライヤー」や「コインチェック」などが有名ですね。

 

実は、この取引所を使って円やドルをビットコインに換える時には、かなりの手数料が取られてしまいます。この手数料が高い。僕もビットコインでデイトレをやろうと思ったことがありますが、手数料が高いので断念しました。取引所の換金手数料がもう少し下がると、もっと利便性は上がると思いますので、今後に期待したいところです。

 

ビットコインの欠点を補ったアルトコイン

 

このようなビットコインの弱点を補うために、今では色々な仮想通貨が開発されています。ビットコイン以降に出てきた次世代の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれ、ビットコインの機能に付加価値を付けている場合が多いです。

 

ビットコインの次に登場して話題になったのが、イーサリアムという仮想通貨です。イーサリアムは、ビットコインと比べて機能面で優れた点があります。優れた点というのは「スマートコントラクト」という契約の自動執行の仕組みが付けられていることです。

 

元ライブドア社長の堀江貴文氏(ホリエモン)は、イーサリアムが誰も目をつけていなかった時から「イーサリアムやべえ」とTwitterでつぶやいています。このホリエモンのつぶやきがきっかけとなり、イーサリアムが注目を集めるようになりました。というか、ホリエモンの先見性は半端ないですね。本当に頭良すぎです。

 

もちろん、イーサリアム以外にも沢山の仮想通貨があり、今では確認されているもので600種類以上。これから公開する予定のものを含めると2000種類以上と言われています。

 

そんなに仮想通貨があっても、逆に困りますよね…

 

中には、この仮想通貨をお金儲けの手段として開発に取り組んでいる会社も多くなりました。悪いことに、お金だけ集めて計画的に倒産してしまう詐欺仮想通貨まで現れる始末です。

 

儲かると言われるところには、悪知恵が働く人が集まるのですね。仮想通貨は今ある投資対象の中で、最も大きなリターンが見込める分野になっていますが、全ての仮想通貨が良いわけではなく、中には詐欺的な仮想通貨も多く存在しているのです。

 

その辺りの見極めも非常に重要ですから、仮想通貨だからと言っても、むやみやたらに投資をしない方がいいでしょうね。

 

まとめ

 

今回の記事では仮想通貨に関する基礎知識についてまとめていきました。仮想通貨は奥が深いので、今回はまだまだ序の口です。

 

別の記事で、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)に関しても解説していく予定ですので、楽しみにして頂けたらと思います。僕も日々勉強しながら記事を書いていますが、仮想通貨はおもしろーい!