初心者がコピーライティングに組み込むべき超重要ポイント

 

最近、改めてブログの
重要性を感じている。

 

 

つい先日も、以前に書いた
ブログ記事のことで
お問い合わせを頂いた。

 

 

以前書いた記事とは
こちらである。

 

【前編】オウムに洗脳されかけました!

 

僕がアレフの覆面ヨガ教室で
洗脳されかけた時のことを
赤裸々に書いた記事だ。

 

 

これは相当な反響があり、

「オウム ヨガ」

「アレフ ヨガ」

と検索すると、
検索エンジンでは
上位に表示される。

 

 

この記事を見た方から
定期的に感想や相談の
お問い合わせを
頂けるようになった。

 

 

別にこの記事がビジネスに
繋がっているわけではないが、

質の高い記事を書くことで
継続的な集客をもたらすと
確信を得ることができた。

 

 

アレフの信者には申し訳ないが
記事を読んでメッセージを
くださった方には、
次のようにお伝えしている。

 

 

「小川さんの記事に書いてる内容と
 同じヨガ教室に通っているんですが…」

 

距離をおいた方がいいですよ。

 

 

「すでに入信してしまったのですが…」

 

脱会した方がいいですよ。

 

 

「やめてしまったら
 危害を加えられないでしょうか?」

 

断言はできませんが、
多分大丈夫だと思いますよ。

 

次にアレフが
過激なことをやったら

破壊活動防止法によって
公安当局に完全に潰されますから。

 

 

このように、基本的に

「やめた方がいいですよ」

とブレずにお伝えしている。

 

 

だって、本当に
そう思っているから。

 

 

これからも僕はブログで
思ったことを書いていくし、
それをやめるつもりはない。

 

 

そうしないと
読者にも失礼だからね。

 

 

僕にとってブログは
アウトプットの
重要なツールであり、

お客様に価値提供する
ための重要なツールだ。

 

 

だから自分のブログには
嘘を書きたくない。

 

 

もしこれで僕が
アフィリエイト目的で
情報発信していると

自分の書きたい記事を
書くというよりは、

アフィリエイトの商品を
売るための記事になってしまう。

 

 

これが悪いと言うつもりも
ないけど、僕はやりたくない。

 

 

今のブログには
アフィリエイトリンクも
貼っていないし、

誰かと利害関係で
繋がっている記事もない。

 

 

つまり、僕の自由に
記事を書けるということだ。

 

これって本当に
素晴らしいことだと思う。

 

 

もちろん、ブログを
書いている理由の一つに

「自分のビジネスを発展させる」

というものはあるけど、
そこよりもお客様への
価値提供を強く意識している。

 

 

それが回り回って
自分に返ってくると
思っているからだ。

 

 

そういうスタンスを
貫いているからこそ、

ブログを継続的に
読んでくださる方が
いるのだと思う。

 

 

そして最近、文章を書く際に
特に重要視していることがある。

 

 

それは「ストーリー性」だ。

 

 

人間には不思議な
性質が備わっている。

 

 

人間は、ストーリー性の
あるものに興味を抱き、

先が気になって
読み進めてしまう。

 

 

マンガや小説、映画などが
良い例になるだろう。

 

 

マンガが大好きな人は多いし
マンガを読まなくても

小説や映画が好きな人は
世の中に溢れている。

 

 

つまり皆さん、
ストーリー性のあるものが
大好きだということだ。

 

 

それがマンガなのか
小説なのか映画なのか、

人によって好みが
分かれるだけの話。

 

 

これを情報発信に置き換えると
色々なものが見えてくる。

 

 

ランディングページや
ステップメールでも

ストーリー性を盛り込むのは
定番になっている。

 

 

定番になっているということは
反応が取れるということである。

 

 

そして、僕が書いてきた
記事の中で特に反応が
高かった記事が、

 

 

この3つは特に反響があり、
アクセスも一気に伸びた。

 

 

そして、勘の良い方は
お気づきかもしれないが、

この3つの記事に共通しているのが
「ストーリー性」が盛り込まれて
いるということだ。

 

 

僕の実体験をストーリーで表現し
多くの方から反響を頂いた。

 

 

興味深いストーリーを使うことで
一気に読者を引き込むことができる。

 

 

今日、自転車で移動している時、
たまたま知人と道端ですれ違った。

 

 

その時、

 

「小川さんのブログ見てますよ。

 特にあのネットワークビジネスの
 記事がすごく面白くて全部読みました」

 

と言ってくれた。

 

 

そして面白いことに
ストーリー性のある内容は
記憶の定着率が抜群に良い。

 

 

単純なノウハウを伝えるだけだと
忘れられてしまうことも、

ストーリー性で引き込むことで
読者の記憶に留まってくれる。

 

 

さらにストーリーには
読者の感情を動かすための
“ギャップ”を作りやすいので
より感情に訴えた文章が書ける。

 

 

「ストーリーライティング
(ストーリーテリングとも言う)」は
身につけた方がいい。

 

 

過去の経験から
自分自身のストーリーを
ベースに文章を書くと、

読者の心を動かす
情報発信になるのだと
確信している。

 

 

もちろん、ストーリー性を
文章に盛り込むのは
口で言うほど簡単ではない。

 

 

今でも

「どう書けばいいんだ…」

と頭を抱えることもある。

 

 

しかし、毎日継続して
書き続けていくことで
着実に上達していく。

 

 

これは断言してもいい。

 

 

あなたがこれから
SNSやブログなどで
情報発信をしていくつもりなら

「ストーリー性」を意識して
ライティングにチャレンジして
みてはいかがだろうか?

 


好きなことでメシを食うには?


「好きなことが分からない」「好きなことでビジネスモデルを組み立てられない」「実際に稼ぐことができない」

9割以上が挫折する3つの壁を乗り越える方法を徹底解説!

そして、急速に進化している『人工知能』に奪われない仕事とは!?