情報発信では世界観を創ることが重要!特徴のないブログやYouTubeは誰も見てくれない現実を理解する

 

今回の記事では、ブログやYouTubeなどの情報発信では世界観を創ることが大切というお話をしていきます。

 

「世界観」と聞いてもイメージが付きにくい部分もあると思いますが、非常に重要な内容です。ぜひ、今回の考え方を情報発信に活かして頂けたらと思います。

 

一生懸命ブログを書いているのになぜ振り向いてもらえないのか?

ブログやYouTubeで情報発信をしている方達の多くは「なかなか読んでもらえない」「アクセス数が伸びない」「視聴者数が伸びない」「チャンネル登録者数が伸びない」などの悩みを抱えていると思います。

 

その気持ちは痛いほど理解できます。こうしてブログを書いている私自身も、いまだに試行錯誤をしていますから。

 

実際に情報発信をしている方ならご理解頂けると思いますが、目に見える成果が出ない時ってツラいですよね。全然手応えを感じられない状況が続くと、やる気がへし折れてしまいます。

 

ボクシングでも空振りが一番疲れると言われているように、手応えが感じられないと、一気に疲労感が増すわけですね。

 

最初はやる気満々で取り組んでも、数ヶ月も全然変化がなければ「いくらやっても成果が出ない」「もう無理」「私には向いてなかった」という気持ちがムクムクと出てきます。

 

つまり辞める言い訳が次から次へと出てくるわけですね。この辺りで多くの方達が挫折していきます。成果が出ないことを長期間続けられるほど、人間は強くありません。

 

しかし、だからこそ逆にチャンスだと言えます。なぜかと言うと、正しいやり方で長期的に継続できれば、高確率で成果を出すことが出来るからです。乱暴に言うと、ブログは継続した人が勝ちます。なぜなら、ライバルは勝手にやめていくからです。

 

もちろん闇雲に続けてもダメですが、継続しつつ日々試行錯誤をしていけば、少しずつではありますが成果が出始めていきます。

 

私も昔と比べて、少しは読んで頂けるブログのコツを掴んでいます。以前書いたブログも10万PVを超えるブログにはなりましたので、多少はお伝えできることがあると思っています。

※以前書いていたブログ「オガビジョン」のGoogleアナリティクスのスクリーンショット

 

今回の記事が参考になると嬉しいです。

 

「その他大勢」と思われた時点で負け

情報発信で大切になってくるのは「その他大勢」と思われないようにすることです。その他大勢と同じように思われた時点で、対象にとって価値のある存在ではなくなります。なぜなら、他と同じなわけですから、代わりはいくらでもいるのです。

 

ですから「他にはいない存在」として認識してもらうための工夫が必要なわけですね。

 

簡単な話ではありませんが、ここを徹底していかないと、お客様目線では価値が低いように感じられてしまうわけです。価値が低いと感じられてしまうと、高単価の商品・サービスを販売するのが極めて難しくなります。

 

低単価の物でしたら、他の物と同じでも購入してくれると思います。100均やコンビニで買えるようなものは、正直こだわりなく購入できると思います。

 

しかし、価格が高くなっていくとそうはいきません。車や家など単価の高い物は、必ずと言っていいほどこだわりが生まれます。自分が納得した物を買いたいと思うはずです。

 

そして、フリーランスであれば高単価高利益率の商品・サービスを購入して頂かなければいけません。低単価低利益率の商品を購入して頂いても、手元に利益を残すのが難しいからです。

 

では、一体どうすれば高単価高利益率の商品を購入して頂けるのか?

 

そのヒントになるのが「世界観」なのです。

 

独自の世界観を創る

その他大勢から抜け出し、高単価の商品を販売するためには「独自の世界観」を作る必要があります。

 

世界観とは?

世界を全体として意味づける見方・考え方のことである。人生観より広い範囲を包含する。単なる知的な理解にとどまらず、より情意的な評価を含むものである。情意的な面、主体的な契機が重要視される。

※Wikipedia参照

 

意味を調べてみましたが、なんだか分かりにくいですね。インターネットで調べてみると、世界観とは「世界に対しての見方」という意味らしいです。

 

私が伝えたいのは、映画やファンタジー小説などで使われる「あなたは独特な世界観を持っていますね」というニュアンスの方です。

 

つまり発信している情報や提供してる商品から、どのような世界観が伝わってくるのか?ここが非常に重要だと感じています。

 

イメージが付きにくいと思いますので、例を出しますね。

 

世界観を重要視してビジネス展開をしている主な産業と言えば「エンターテイメント」が挙げられます。その中でも「ディズニーランド」がイメージしやすいと思います。

 

ディズニーランドと言えば「夢の国」ですよね。ディズニーランドでは、見事に世界観が確立されています。

 

非現実的な建物。アトラクション。ミッキーなどのキャラクターがディズニーランド内を歩き回る光景やパレード。お店で販売されている物やスタッフの対応など。独自の世界観が確立されています。

 

ディズニーランドが作り出している世界観を味わうために、世界中から多くの観光客が訪れます。しかも、ディズニーランドって決して安い金額ではないですよね。

 

入場料もそれなりの金額ですし、園内で購入する飲食物やお土産、グッズなどもかなりの金額です。相場価格と比べても、割増しと言っていいと思います。

 

しかしそれでも「ディズニーランドに行きたい」という人は後を絶ちません。もっと言うと、ディズニーランドは高いと理解しているけど行きたいと思っています。

 

冷静に考えると、これってすごいことじゃないですか?

 

だって「高くても行きたい」と思ってもらえてるわけですから。つまり他では真似できない価値を提供しているということです。

 

その「他では真似できない価値」を支えているのが世界観だと考えています。ディズニーランドの非日常な世界観を味わうことに、多くの方達が価値を感じているということです。

 

このように世界観が確立されていると注目を集めることができ、さらにファンになってもらえる確率が格段に高くなります(逆に悪い世界観だと質の悪い人達が寄ってきます)

 

ブログやYouTubeなどで人気を集めている人達を思い返してみてください。ほぼ例外なく独自の世界観を創っていますよね。

 

「●●と言えばこの人」という風に、他とは違った世界観を持っています。その世界観に惹かれて人が集まってきますし、発信者は世界観を壊さないようにコンテンツを作り続けています。

 

ディズニーランドのスタッフが、いきなりキレて暴言を吐いたら、世界観が台無しですよね。興ざめもいいところです。

 

ディズニーランドの例から分かるように、世界観が確立されるとその他大勢から抜け出すことができます。情報発信において、独自の世界観を作り出していくことは極めて重要なポイントなのです。

 

世界観を創るためのポイント

ただ「世界観を創る」と言っても、そんなに簡単な話ではありません。それが簡単であれば、もっと簡単に成果を出していけるからです。

 

世界観を創るためには、複合的な要因が必要になります。一朝一夕で創ることもできません。しかし、コツコツと積み上げていった先に、オリジナリティのある世界観が生まれると感じています。

 

では、具体的に世界観を創るためには、どのようにしていけばいいのか?

 

私なりの見解をまとめていきますので、参考にしてください。

 

1.理念を明確にする

 

世界観を創っていく最初のステップは「理念」を明確にすることです。理念とは「根底にある考え方や価値観」のことです。

 

根底にある大切にしている価値観を明確にすることは、世界観を創っていく上でのベースになります。根底にある価値観というくらいですから、最も大切にしている考え方になるわけです。

 

そこからズレた世界観を創ろうと思っても、まず長続きしませんし、うまくいくはずがありません。

 

例えば理念に「挑戦・チャレンジ」を据えていたとして、全く何にもチャレンジしないコンテンツを作り続けたとしたら、見てくださる方に響くものはできるでしょうか?

 

理念に「貢献」や「献身」を据えていたとして、人を馬鹿にするようなコンテンツを作り続けたとしたら、見てくださった方はファンになってくれるでしょうか?

 

おそらく、いずれも答えはNoです。

 

読者・視聴者も言葉にできない何かを感じています。こちらが真剣になっていないもの、情熱を傾けていないものには、感情を揺さぶられにくいのです。

 

「自分は心の底からこう思っている!」と湧き上がってくるものがあるからこそ、相手の心にも響きやすくなるのです。

 

カッコいい事業理念ではなくても、全然構いません。ご自身が納得感を持って取り組める理念を土台に据えてください。理念が固まっていると、根本的な行動がブレにくくなりますし、世界観もブレにくくなります。

 

2.コンセプトを明確にする

 

コンセプトとは、企画などを考える際の「全体を貫く基本的な観点・考え方」です。イメージが付きにくいと思いますので、例を出しながら解説します。

 

例えば「文章の書き方」に関する情報発信をしようと考えたとします。その時テーマになるのは、当然ですが「文章の書き方」ですよね。

 

その「文章の書き方」というテーマに、切り口やエッセンスを追加したものがコンセプトとなります。例えば、

 

・ローカルフリーランスがブログで集客するための文章術

・社内で一目置かれるビジネスマナー文章術

・異性にモテるLINE文章の書き方

・営業マンがお願いしなくても紹介を3倍にするメール文章術

 

このように「文章の書き方」から違ったエッセンスや切り口を加えることで、全体の方向性(テーマ・主題)からさらに絞り込まれた観点が生まれました。これがコンセプトです。

 

見て頂いた通り、同じ「文章の書き方」がテーマであっても、加えるエッセンスによって全く別のコンセプトが生まれるわけですね。

 

コンセプトも世界観に大きな影響を与える要素です。コンセプトがよく練り込まれていれば、そこから生まれる世界観もより対象に響くものになります。

 

コンセプトは少し難しい印象を持つかもしれませんが、面倒臭がらずに真剣に考えて頂きたいです。

 

3.情報を届ける対象を明確にする

 

そして3点目は「情報を届ける対象を明確にすること」です。ターゲティングペルソナとも言います。対象を明確にすることの大切さは、違う記事でも詳しく解説しています。そちらの記事も参考にしてください。

コピーライティングは書く前に勝負が決まる!ペルソナが反応率を上げるために不可欠な理由とは

2017年5月23日

 

これは私の見解ですが、インターネットを活用して情報発信をする場合は、対象を明確にした方がいいです。そうしなければ、心を動かすコンテンツを創るのは難しいと思います。

 

女性向けなのか男性向けなのかによっても、届ける情報の質が変わります。デザインや言葉遣いなど、細かいところがかなり変わってきます。

 

そして残念なことに、細部まで作り込まなければ、質の高い世界観を創りだすことはできません。「神は細部に宿る」とはよく言ったものです。最初は大変だと思いますが、届ける対象もできる限り具体的にしていきましょう。

 

4.自身の強みや特長・特性を棚卸しする

 

そして次のステップでは「自身の強みや特長・特性」を棚卸ししていくことです。

 

ディズニーランドの場合は、ミッキーマウスというネズミが主役となり、世界観を創っていますよね。つまり、ミッキーのようなキャラクターも特長の一つということになります。残念なことに特長・特性がないものは、誰も振り向いてくれません。

 

さらに強みが明確に存在していれば、それは世界観を創る上で大きな武器になります。

 

例えばですが、巷には「旅する年収1億円ブロガー」という肩書きで情報発信している方もいます。

 

非常にインパクトのある世界観を創り出していますよね。「旅をしながら年収1億円を稼ぐブロガー」ということですから、その肩書きから「自由」「楽しそう」「お金持ち」「世界中どこでも稼げる」という様々なイメージが連想できます。

 

このようにご自身の強みや特長を明確にすることは、インパクトのある世界観を創ることに繋がります。

 

独自の強みや特長を出すのは簡単な話ではありませんが、それらが明確に提示できれば、その他大勢から一気に抜きん出ることができるはずです。

 

5.1~4の要素を融合させてオリジナルの世界観を創っていく

 

そして最後は「今までの要素を融合させてオリジナルの世界観を創っていくこと」です。

 

「理念」「コンセプト」「対象」「強みや特性」を明確にした上で、一貫性のある情報を届けていくのです。そうすることで、徐々にコンテンツの質もアップしていき、世界観が確立していきます。

 

イメージしにくいと思いますので、私の情報発信を例に出していきますね。

 

私の場合、理念は「自由・成長・感動」を根底に据えています。自分の感じたことや面白いと思ったことを自由に表現していきたいと思っていますし、誰かに命令されてコンテンツを作るのは嫌だと考えています。

 

そして自分が興味ある分野の知識やスキルを磨き、日々成長していきたいと思っています。成長することで、今までは気づけなかったことを理解していけるようになりたいのです。より賢くなり、精神的にも成長していくことで、より良い人生を謳歌したいと思っています。

 

さらに何かしらの形で「感動」を提供していく仕事をしていきたいと思っています。

 

その要因になっているのが、私は昔から「マンガ」が大好きでした。マンガ以外にも映画やアニメ、ゲームなどが非常に好きでした。マンガなどでしたら一日中読んでいても飽きません。

 

ではマンガの一体何が好きなのかな?と考えた時に、「ストーリー性のあるものやシナリオを考えるのが好き」ということに気が付きました。

 

その気づきから、ストーリーやシナリオを作る仕事に関わりたいと考えるようになりました。その結果、コピーライターという仕事でストーリー性のある文章の執筆を行っているというわけです。

 

さらに、私はこれから、もっともっと面白いストーリーを創っていきたいと考えています。そして面白いストーリーには必ず「共感」と「感動」が内在しています。

 

ですから、私が作り出したビジネスによって、より多くの人達に「共感」と「感動」を提供していきたいと考えています。

 

さらに、私が掲げているコンセプトは「好きなことでメシを食う」、略して「スキメシ」です。

 

せっかく独立して活動していくのであれば、嫌いなことよりも、好きなことや得意なこと・興味のあることでビジネスモデルを構築した方が良いと思っています。ですから「スキメシ」というコンセプトを掲げました。

 

私も独立してから沢山失敗し、沢山苦しんできました。ですから、スキメシというコンセプトに共感してくださったフリーランスの方達が、情報発信を通じてビジネスを発展させていく。そのお手伝いができる仕組みを作りたいと思いました。

 

そのためにローカルフリーランスにスポットを当てて、その方に合った独自のビジネスモデルやストーリー作り、情報発信をサポートできる仕組みを作ろうと動いているのです。

 

私が進もうとしている方向性は、ザックリこのような感じです。

 

そして「スキメシ」という言葉には「楽しそう」「ワクワクする」などのポジティブな感情が伝わると思います。そんな楽しそうな世界観を、ブログやYouTubeを通して伝えていきたいです。

 

しかし私もまだ未熟なので、魅力的な世界観が確立されているとは言い難いです。日々試行錯誤を繰り返して、より魅力的な世界観を創り上げていくつもりです。

 

ある程度決めたらやりながら考える

もう一点、重要なポイントをお伝えします。情報発信初心者の場合「よく分からない」という状態でスタートすることになります。ですから、ある程度方向性を決めてしまったら、走り始めた方が早いです。

 

なぜなら実際にやってみた方が早いからです。

 

このようにお伝えすると「そんなことしたら失敗するんじゃないの?」と疑問に思う方もいると思います。確かにその通りです。失敗する確率は高いと思います。

 

しかし、私はほとんどの場合、最初は何かしら失敗すると考えています。なぜなら、最初から完璧なものを仕上げてスタートできる人はいないからです。

 

何度も失敗を経験し、そこから得たヒントを次に生かしていくしかありません。試行錯誤の繰り返しで、徐々に良い物が出来上がっていくのです。残念ながら近道はないと思います。

 

自分で実際に行動して得たことが、知恵となり、次に活きていくのです。最初から全てを完璧にしてからスタートしようと思ってしまうと、いつまで経っても最初の一歩が踏み出せません。

 

先ほどのステップで土台を固めたら、後はやりながらよりブラッシュアップさせていきましょう。それが結果的に最短ルートだと確信しています。

 

動画でも解説しています

※※※動画準備中※※※

 

まとめ

・ブログやYouTubeなどの情報発信でファンを増やしていくためには、世界観を確立していく必要がある。世界観がなければ、その他大勢から抜け出すことができない。

 

・世界観を確立させるためのステップは5つ。

1.理念を明確にする

2.コンセプトを明確にする

3.情報を届ける対象を明確にする

4.自身の強みや特長・特性を明確にする

5.1~4の要素を融合させてオリジナルの世界観を創っていく

 

・世界観を創るのは簡単ではないが、創る価値はある。人気のブロガーやYouTuberは、例外なく独自の世界観を創り出している。

 

・初心者の場合、最初は分からないことだらけ。ずっと頭を抱えて悩むよりも、ある程度方向性を固めたら、走り始めてしまった方が良い。失敗確率は上がるが、そもそも失敗せずに成功することは極めて困難。高速でトライ&エラーを繰り返し、失敗を次に活かしていくしかない。

 

今回は、かなり難易度の高い話だったと思います。このように解説している私も、まだまだ魅力的な世界観を確立できているとは言えません。しかし、情報発信を続けていくうちに、徐々に世界観が確立されていってると感じています。

 

ぜひ、あなた独自の世界観を創り上げて、ファンの方達により価値のあるコンテンツを提供して頂きたいです。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事