ブログで情報発信するなら継続は必須!成果を出すために必要な継続のコツとは?

 

今回の記事では「継続のコツ」について解説していきます。継続は情報発信において極めて重要なポイントです。

 

自分は飽きっぽくて中々続けられないという方は、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

スポンサードサーチ

ブログで情報発信するなら継続は必須!成果を出すために必要な継続のコツとは?

 

なぜ、このテーマを取り上げようかと思ったか?明確な理由があります。

 

私はビジネスパートナーの方と「グループコンサル」をさせて頂いているのですが、その生徒さんでも「なかなか続けられない」というご意見があったからです。

 

そこで今回は継続するためのポイントについて、小川なりにまとめてみました。参考にして頂けると嬉しいです。

 

小川流 継続のコツ

 

継続のコツ1:毎日やる

 

継続のために、最も重要なポイントになるのが「毎日やる」ということです。いきなり根性論からお伝えしていますが、この考え方は極めて重要です。

 

よくあるのが「3日に1回書く」「1週間に1回書く」「1ヶ月に1回書く」という風に決めるパターンですね。もちろん書かないくらいでしたら、1ヶ月に1回でも書いた方がいいのですが、このようなスタンスで継続できている人をあまり見たことがありません。

 

逆に「毎日書く」と決めて書いている人の方が、圧倒的に継続率が高いように感じます。

 

毎日書くと続けやすくなるのは「習慣化するから」だと思います。よく21日間続けると習慣化すると言われていますよね。ひとまず3週間頑張って情報発信していると、だんだんと楽になっていく感覚があります。

 

もちろん時期的な山場みたいなものはあって、今までの経験だと3週間、3ヶ月、半年辺りかなと思います。それ以降は大きな壁というのは無くなっていくと感じますね。

 

そして小川の体感ベースの話になりますが、数日に1回書くよりも毎日書いている方が楽になります。これは本当に不思議なのですが、中途半端にモヤモヤしているよりも、ある種突き抜けてしまった方が楽になるのです。

 

歯磨きと同じで、習慣化できてしまうと「やらないと逆に気持ち悪い」という感覚になります。こうなってしまえばしめたもので、継続率は格段に高くなっていきます。

 

継続のコツ2:環境

 

2つ目の継続のコツは『環境』です。この環境も非常に重要なポイントですから押さえて頂きたいです。

 

人というのは弱い生き物で、意志の力だけで頑張り続けられる人というのは、それほど多くはありません。小川もそうです。意志が弱いタイプと断言できます。

 

しかし、環境次第で人間誰しも継続率は飛躍的に高くなります。

 

例えば、私は数年前にあるブログセミナーに参加したのですが、そこは「365日毎日ブログを書け」というゴリゴリの体育会系のセミナーでした。

 

当初は全然やりたくないと思っていたのですが、コピーライターという職業だったこともあり「365日続けられないのはカッコ悪い」と強く思いました。

 

そしてFacebookで作ったグループに入らされて、毎日書いた記事をそのグループ内のメンバーに共有していくのです。すると、当然ですがサボると一発でバレます。

 

つまり「やらなければマズイ」という状況に追い込まれたわけですね。そこから約1年半、毎日ブログを書くようになりました。

 

講師の方いわく、グループを作らずにブログを書かせた人達と、グループを作ってブログを書かせた人達とでは、1年間の継続率が10倍以上違うとのことでした。

 

グループを作らなかった人達の1年間毎日更新の達成率は、なんと4%。最初の3ヶ月で8割が脱落し、さらに9ヶ月で残った2割のうち8割が脱落するそうです。

 

しかしグループを作って毎日記事をシェアさせると、達成率が40%以上。半分近くの人達が1年間毎日更新を達成するとのこと。これはすごいなと思いました。

 

その経験からも、やはり環境の力は偉大だと痛感しましたね。人の意識は環境次第で大きく変わっていくのです。

 

なぜ継続した方がいいのか?

 

そもそもの話になりますが、なぜ継続した方がいいのか?

 

これはシンプルに「成果が出やすいから」です。情報発信は間を空けて行うよりも、毎日継続して行った方が圧倒的に成果が出やすくなります。

 

理由はいくつかありますが、成果が出やすくなるポイントを3つ解説していきます。

 

成果が出やすい理由1:ザイオンス効果

ザイオンス効果 とは、同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果のことです。

1968年に、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが広めました。 彼の名前が「ザイアンス」と表記されることもあることから、「ザイアンス効果」と呼ばれることもあります。

※ネット検索から引用

 

人間という生き物は、接触頻度が高ければ高いほど、相手に好意を抱きやすくなるという性質があります(逆に嫌いな人であれば会えば会うほど嫌いになるということがあるようです)

 

この理屈で考えると、60分1回会うより、10分6回会った方が相手に好感を持たれやすいということになります。

 

情報発信も全く同じことが言えます。100分の長い動画を10日に1度公開するよりも、10分の動画を10日間公開した方がザイオンス効果は高いと言えるのです。

 

「そんなに沢山動画を公開したらウザがられない?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

 

なぜかと言うと、今のご時世、ウザいと思ったらすぐにチャンネル登録を解除できます。相手はストレスに感じた瞬間に離脱しますから、大きな問題にはなりません。

 

それよりも接触頻度を増やすことで、ファンが増える確率が高くなるわけですね。そちらのメリットの方が大きいので、気にせず良いコンテンツを毎日出していくことをおすすめします。

 

成果が出やすい理由2:検索エンジンに表示されやすくなる

 

ブログは毎日書くことによって検索エンジンにも表示される可能性が高くなっていきます。もちろん、Googleのアルゴリズム的には「毎日更新されているブログ」を極端に優遇しているわけではありません。

 

しかし、毎日書くことによってコンテンツの量が増えますので、単純にブログ記事が検索で引っ掛かる確率が高くなっていきます。ブログ記事が増えると、それに準じて検索に引っ掛かるキーワードも増えていきますから。

 

Google検索で上位表示されるということは、検索からお客様に来てもらえる確率が高くなるということです。そうなると、ビジネスにも繋がりやすくなっていきますよね。

 

シンプルな理屈ですが、検索エンジンで上位表示されるようになるとビジネスの優位性が格段に高くなります。

 

成果が出やすい理由3:高速でPDCAサイクルを回せる

 

3つ目の理由は高速で「PDCAサイクル」を回すことが出来る点です。

PDCAとは「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の頭文字をとったもので、業務の効率化を目指す方法の1つです。

日本では1990年代後半からよく使われるようになった方法で、計画から改善までを1つのサイクルとして行います。

※ウェブ検索から引用

 

1週間に1度しかブログを書かない人と、毎日書く人とでは明らかに上達のスピードが違います。

 

上達する理由は『慣れ』ということもありますが、毎日書くことによって計画、行動、チェック、改善というサイクルを高速でグルグルを回していくことができます。

 

「なぜアクセスが集まらないのか?」

「なぜ滞在時間が短いのか?」

「なぜ直帰率が高いのか?」

 

このように問題点が出てきた際も「何が原因なのか?」「どうやったら改善できるのか?」というのを考えて、毎日改善するために行動していくことができます。これは積み重ねていくと大きな強みになっていきます。

 

これらの理由から『継続』を強くおすすめしたいです。

 

もちろん最初は面倒ですし、大変ですし、キツイです。ですが、続けた先に得られるものは大きいですし、予想外のメリットを享受できることにも気がつくはずです。

 

続けた人にしか分からないことでもありますが、ぜひ毎日更新に取り組んで頂きたいと思います。

 

動画でも解説しています

成果を出すために必要な継続のコツ!続いている人は〇〇を意識している!?

 

まとめ

・情報発信において継続は極めて重要。

・継続のコツは2つ。「毎日やること」と「環境を整えること」。

 

元々飽き性で継続が苦手な私が1年半もブログを書き続けられたのです。先ほどお伝えした2つのポイントを守って頂ければ、格段に継続しやすくなります。ぜひ実践してみて頂きたいです。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

おすすめ記事

ブログ・Youtubeは続けると意外と見られている?情報発信を諦めずに継続した方がいい理由

2019年6月24日