第4回 ブログで人生大逆転セミナーが開催されました

 

昨日、ビジネスパートナーの藤本 研一さんと「ブログで人生大逆転セミナー」を開催しました。

 

私はメイン講師ではなく、サブ講師として1時間ほど話をさせて頂いただけですが、いつも通り全力で話をさせて頂きましたよ。

おかげさまで、セミナー自体の評判はすこぶる良いようです。

 

ただ、いつもセミナー開催して思うのは「話すの下手だな~」ってことです。用意した資料ガン無視して話しますし、話もあちこち飛びます。

 

自分でも「あれ?何しゃべろうとしたんだっけ?」と分からなくなることも多々あります。話す順番めちゃくちゃです。

 

もちろん事前に資料は作りますし、練習もします。しかし、いざ話すと頭が真っ白になって内容が飛んでしまうことが多々あります。

 

量が足りていないのか、そういう特性なのか。どのみちまだまだ量が足りないと思うので、精進あるのみです。

 

ただこれでも、昔よりはだいぶ上手くなったとは思います。

 

最近ではYouTubeで毎日のように情報発信をしていますから、話をするのも少しは慣れてきた感覚があります。何事も訓練次第で、ある程度のラインまでは上達していけると実感しています。

 

よくブログで情報発信をしていると言われるのが「ブログは苦手だから書けない」というセリフです。確かに、人には得手不得手がありますから、全員がブログをやるべきとは正直思っていません(手段はどうであれフリーランスであれば情報発信はすべきだと思っていますが)

 

しかし、驚くべきことにやる前から「ブログは苦手」と言う方もいます。俗に言う「食わず嫌い」というやつですね。

 

人間誰しもやる前から苦手意識を持っていることはあると思います。しかし、やってみると「意外とできてしまった」という経験も人生で一度はしているはず。

 

全力でやってみて「向いてなかった」と判断したことなら話は別ですが、やる前から「向いていない」と決めつけてしまうと、自分自身の可能性を大きく狭めてしまいます。これは本当に勿体ないと感じますね。

 

私もセミナーで偉そうに話をしていますが、元々スピーキングは苦手な分野です。すぐ噛みますし、頭が真っ白になって話が飛びますし、素養のあるタイプだとは思いません。しかし、コツコツ訓練をして少しずつ上達してきました。

 

これもやり続けたから見えた世界です。途中で諦めていたら、今でも話すことに苦手意識を持ったままだったでしょうね。

 

今回お伝えしたいのは、まずは食わず嫌いにならずに積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ということです。

 

やってみると意外とできてしまうことは人生多いですよ。私も黄色いタイツで日々奮闘していますので、一緒により良くなっていけたら嬉しいです。

 

WEBコピーライター
小川 晃司

 

スポンサードサーチ

おすすめ記事

フリーランス月収30万円プログラム

2019年4月21日