【9月27日】バイナリーオプションの裁量トレードの成績

 

小川です。

 

これからこちらのブログで、自分のトレードの成績なども出せる範囲で出していこうと思います。

 

基本的には金額とかは伏せさせて頂いて、勝率やエントリーポイントなどについて書かせて頂くつもりです。

 

トレードに関しては、まだまだ初心者に毛が生えた程度です。どこまで参考になるか分かりませんが、できる限りアウトプットしていくので、お役に立てる情報発信になれば嬉しいです。

 

 

今私は『バイナリーオプション』という取引をしています。まぁ、賛否両論ある取引手法です。

 

相対取引なので業者に有利な点があるのは理解しています。それらも理解した上で取り組んでいます。

 

バイナリーオプションを選んだ理由などは、違う記事で書いていこうと思いますので、今回はトレードで気づいた点をシェアしていきます。

 

結論を申し上げると、1戦1勝という成績でした。

 

最近は、エントリーポイントをできる限り絞るように心がけています。負けを減らさないと利益が出せないので。

 

バイナリーオプションは、勝率を上げないと絶対に利益が出ない取引方法です。例えば私の行っている15分取引では、1万円をBETして勝てば1.88倍で返ってきますが、負けたらBETした金額が没収になります。

 

つまり、取引所に12%の手数料が取られているということになるのです。その時点で、トレーダーにとっては不利になるのです。

 

FXや株式投資のように、勝率が低くても損小利大で取引すれば利益が出るというものでもありません。理屈上は、53.19%以上の勝率が出せなければ利益が出ません。つまり100回中54回は絶対に勝たなければいけないわけです。

 

さらにエントリータイミングによってはスプレッドも発生するので、取引所もこちらの勝率を落とすように仕向けてきます(まぁその中でもハイローオーストラリアは良心的な取引所だと思いますけど)

 

これらの理由から、トレーダーの中でもバイナリー否定派は一定数存在します。FXをやっていた方が良いという結論に行き着くみたいですね。でも、バイナリーでも利益出しているトレーダーは存在しますし、双方の言い分があるとも感じています。

 

 

私自身は、バイナリーオプションをはじめて半年程度です。4月上旬から1ヶ月程度デモトレを行い、勝率が上がってきたので5月から資金投下をして取引しています。

 

私の場合、1日大体1~5回のエントリーしています。平均すると2~3回程度の取引だと思います。勝率は良い月で68%。トータルはプラスですけど、先月は初めてマイナスを叩き出した月でした。本当に悔しい。

 

取引手法は逆張りトレードです。波形やラインを意識してトレードしています。インジケーターも使っていますね。

 

バックテスト取得済みのシグナルチャートをトレードの先生から提供して頂き、それを使って取引していますので、チャートのサイン通りにエントリーしていけば、理屈上は60%の勝率が出るとのことです。

 

そのチャートを使って、空いている時間はなるべくチャートに張り付いているようにしました。結果、少しずつですが勝てるようになってきています。

 

さて9月27日のエントリーですが、

※使っている取引所のハイローオーストラリアの画面

 

こんな感じの結果でした。

 

かなり良いところでエントリーできたと思います。ラインに到達するまでの波形も悪くなかったですし、エントリーしたラインも意識されているところだと判断できました。

 

懸念は、上昇トレンドに転じたような波形だったこと。そして、円がメインで取引されている動きを見せており、プラスでオセアニア系通貨の動きが激しかったこと。

 

AUDは下落の勢いが強かったので、関連通貨は上昇していました。そこが懸念としてありましたね。もう一段上昇してもおかしくはありませんでした。

 

10点中6点くらいのエントリーだったかなと。インジの水準や波形、ラインなどは良かったので、ギリギリ及第点としてエントリーした感じです。結果キレイに勝てたわけですが、それは結果論。

 

妥協せずにエントリーポイントを見極めていきたいですね。

 

ちなみに9月28日はノーエントリー。チャートに張り付いていたタイミングでは、条件に合うエントリーポイントがなかったですね。

 

これからも投資に関しては腕を磨いていくので、有益だと感じたことはどんどん情報発信していきます。楽しみにしていてください。

 

小川より


好きなことでメシを食う(スキメシ)!

好きなことで生きていくためには、9割以上が挫折する『3つの壁』を乗り越える必要があります。

3つの壁とは一体何なのか?そしてその3つの壁を乗り越える方法とは?